横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

ソフトバンクっていうやべーチームとの差問題【日本シリーズ2017 第1戦】

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月28日 日本シリーズ 第1戦 ヤフオクドーム(ビジター) De1-10ソフトバンク 敗戦投手 井納 (0勝1敗0S)

 負けた…だよー。完敗…だよー。クリーンアップを完全に抑えられた…だよー。

 先頭バッターの柳田選手ですか。インコースの際どいスライダーを詰まりながらセンター前に持っていかれたとき、私は「これはやべーチームだ」と思いました。結果はどうあれマン振りしてくる。マン振りするからセンター前まで運ばれちゃう。ソフトバンクってそんな選手が山のようにあふれているチームなんですね。ベイスターズでいうと細川選手のようなタイプといったらいいのでしょうか。あ、以前ベイスターズに在籍していて現ホークスの吉村選手もそのタイプですね。

 先発の井納投手はそんなに悪くなかったように思えました。思えたのですけど、いいコースでも打たれちゃう。打たれちゃうから力んじゃう。ストライクが入らなくなる。悪循環に陥っているように感じました。インコースのストレートも審判、取ってくれなかったしなあ。

 5回のタナケン投手の登板も見てて辛かったですね。3球連続変化球とかっていう嶺井選手らしい配球もあったんですけどね。…この配球、CSでは今永投手にはハマったんですけど、砂田投手は四球で失敗していたんですよね。タナケン投手も四球で押し出しになってしまいました。リリーフ投手だと心理的に難しいのかなあ。ストレートを投げたいと思っちゃうのかな。ストレートは攻める気持ちが出ますけど、変化球は交わすという意味合いがありますもんね。どれが正解で不正解かわからないですけど、結果で見たら不正解だった。何とも言えない難しいところですね。

 中盤までの試合展開を見てるとどこに投げても打たれそうな雰囲気がありました。点差があったからかわかりませんが、後半の須田、平田、砂田の3投手はよかったですね。須田投手はストレート、平田投手はスライダー、砂田投手はどのボールもよかったように見えました。

 王者の野球を見せつけてきたバンクさん。3位から下剋上で日シリ出場したベイスターズはガップリ四つに組んだだけでは簡単に勝たせてくれないような気がします。泥をすすりながら(?)勝ち上がってきたチームなんで、弱者の兵法じゃないですけど、ゲリラ戦をしていかないと勝てないかもしれません。野球のゲリラ戦ってなんなのか、よくわかりませんが。

 元々3年連続90敗していたチームですよ。ほかのチームとはそれくらいの差があったチームですよ。そこからここまで来たんです…あ。本日、吉村選手が代打で出ましたね。寺原選手がリリーフで出ましたね。内川選手がノーヒットでしたね。オールドファンは感慨深いものがあったんじゃないですか。監督は工藤さんだし。

 まあ、それはそれ。明日は明日の風が吹く。トゥモアナですよ。トゥモアナ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
DeNA
タグ:
ベイスターズ
DeNA
横浜

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ソフトバンクっていうやべーチームとの差問題【日本シリーズ2017 第1戦】

今永投手が分水嶺っていうのは同感です。
あと、投手、打者、どちらにおいても、
自分たちのペースに持ち込めるようなゲーム展開にしたいですね。
投手も打者も、その糸口を手繰り寄せるまで我慢してほしいなあと思います。

ソフトバンクっていうやべーチームとの差問題【日本シリーズ2017 第1戦】

aaakkkさん、ご無沙汰しております…だよー。コメント、ありがとうございます…だよー。
3球連続変化球については、配球論というより、
私、勝手に自分があの場面で登板したらどう思うのだろうと勝手に想像してみたのですよ。
それと、打者は何を狙うのだろうと。ちょっとしたド変態ですね。

あの場面で起用されたら、きっと気合入るし、
私だったら、どこかのカウントでストレートをいいコースにキメてやろうって思うんじゃないかなあ。
欲の話ですけどね。
で、ストレートがストライクに入るとちょっと安心するだろうなと。
変化球って、やっぱりストレートありきでタイミングを外すため球じゃないですか。良くも悪くも。

私が打者だった場合はストレート待ちで変化球にどれだけ対応できるかって考えますね。
どこかで必ず、ストレートを投げてくるはずだと山を張ります。

きっと嶺井選手は相手打者の裏をかく配球をしているのかなあと自分の中で勝手に結論づけてます。
ただし、ピッチャー心理としては、満塁の場面で変化球が全く決まらないとどんどん焦っていくだろうなとも思います。

今季のタナケン投手もそうですけど、日シリ初戦のタナケン投手、変化球のコントロール自体がよくなかったように見えました。しかも、ボール球だとすぐにわかってしまうような変化球。満塁なので、事態が悪化すればするほど焦っていくだろうなとも思いました。

この日、タナケン投手推しのファン仲間とスポーツバーで観戦していたので、あまりタナケン投手の悪い面を語りたくはないんですけどね…。

ソフトバンクっていうやべーチームとの差問題【日本シリーズ2017 第1戦】

長文ですみません。

左のパワーP 菊池がソフトバンク打線にコンテンパ(4戦4敗、防御率7.97)にされています。

力で対抗しようとしても難しく感じますし、チェンジアップを上手く使ってとしか言いようがないですが、

かわす感覚で、逃げても、そこ見定をめられると打たれるでしょうし、慎重かつ大胆にという相反する配球が求められそうです。

その慎重かつ大胆にを担保するには相手を知っている事。
今回、かなり厳しい予感をもっています。

配球云々、言いにくいですね。
私も相手を良く知らないので、全く分からないです。

今永が通じるか、どうかが一つの分水嶺のような感じになりそうですが、
その今永が通じないと、総崩れになりそうです。

通じてくれますと、石田、濱口にフィードバックできますが、通じないと試合数ないので試行錯誤できず、終わっちゃいそうです。

ソフトバンクっていうやべーチームとの差問題【日本シリーズ2017 第1戦】

コメント失礼します。

>5回のタナケン投手の登板も見てて辛かったですね。3球連続変化球とかっていう嶺井選手らしい配球もあったんですけどね。

配球云々以前の問題に感じました。
ストレートの球威、切れ、変化球の精度、今シーズン最悪と言って良い出来のように感じます。

最も、タナケンの場合、シーズン通して2015年の感覚を基準に言いますと見る影もない状態ですから、う~んです。

去年ぐらいから危ない状況ですが、これが金属疲労なのか、このままなのか判断がつかないです。

三上も2014年を基準にしますと、並ぐらいの投手になってしまいましたし(ムーヴィングファストボールのキレが不安定になっています)、3年連続を基準に見ますと、計算できる中継ぎがヤスアキだけという状態です。

三上を三年連続の範疇に入れても良いかもですが、観音投法、かなり負担がかかるみたいです。
かなり脆弱ですよ、横浜の投手力。

数は揃っていますが、相性を考慮して登板させ、かつ捕手のフォローが必要な感じです。
高城、嶺井、戸柱君で三人集まって文殊の知恵を発揮して貰わないと、ソフトバンクのようなチームは抑えられそうもないです。

まぁ、その文殊の知恵を発揮できるバックボーン。
対戦経験がないので、スカウト報告のみですから、厳しいかもです。

スカウトの前情報と捕手陣の感性、実際にどうだっかが揃って始めて生きた数字になりますが、そこまで日本シリーズ中に辿りつけるかでしょうか?

打線は、手の打ちようがないです。
力対力で頑張ってもらうしかないですかね。


>泥をすすりながら(?)勝ち上がってきたチームなんで、弱者の兵法じゃないですけど、ゲリラ戦をしていかないと勝てないかもしれません。

弱者の兵法を発揮するのは、相手を知らないと難しいですが、その相手を、何処まで、この短期間で知れるか?
私もソフトバンク打線の事、良くわからないので配球論語れないですが、
横浜バッテリーも同じはずなので、さてはて。

本当は初見に近い投手陣の方が有利なのですが、必殺のボールと言うを持っている投手がヤスアキと、砂田ぐらいしか思いつかず、後は三上の不安定なムーヴィングファストボール。

砂田のようなタイプ、パにいるんですかね。

後は、広島には通じにくかったパットンのタイミングのとりづらいストレートぐらいです(ランナー居ない時)。

こんな記事も読みたい

引っ越します【今日も今日とて】

しらないというのはおそろしいことだ 球団のスタッフの方編【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

【ドラフト2017 選手側から見た逆採点】 良い球団に指名された選手とそうでない選手【プロ野球浪漫派宣言】

ソフトバンク-DeNA IT 対戦 Round1【NPB 言いたい放題】

1998のあの興奮が蘇る【1998の感動をもう一度】

あともうちょっとです!頑張りましょう!【心の底から好きさベイスターズ☆】

【号外】今日から日本シリーズですが、ドラフトの結果と現時点の戦力を眺めてみました。【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

ドラフトで外野手を獲得した違和感【DeNAベイスターズウィークリー評論】

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:767
  • 累計のページビュー:2732178

(01月17日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題
  8. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  9. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  10. ロペスの骨折問題

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss