横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

梶谷隆幸のやる気のなさそうな空振り問題2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月12日 マツダスタジアム(ビジター) De1-5広島 敗戦投手 濱口 (6勝4敗0S)

 負けましたね。やっぱり広島さん相手にするときは終盤がポイントですね。継投は裏目に出たのかなあ。ジョンソン投手を打ちあぐんだのも厳しかったですね。

 濱口投手が左肩違和感、石川雄洋選手も左足ハムストリングに違和感で抹消ですか。後半戦に向けたところで残念なニュースですね。2人とも大事な戦力なので、早く戻ってもらいたいですね。

 本日の試合ですが、ベイスターズファンおなじみの、梶谷隆幸ファンおなじみの「持田公民館」の皆様方がいらっしゃっていたみたいですよ。「持田公民館」さんの「スポーツを楽しむ会」といったら昨年7月30日の広島-横浜戦、梶谷選手のファインプレーありの2本塁打が忘れられませんね。まさに梶谷デイでした。本日の試合もベイスターズ初ヒットが梶谷選手で、最後の打者も梶谷選手ということで、ある意味梶谷デイだったのかもしれません。

 さらに、本日はこんな記事もアップされていましたよ。「梶谷隆幸「ま、やる気ない系なんで」ヤジにもブレない“三振王”の本心。」

 7月12日現在、「梶谷 やる気」と検索していただくと、この記事と私の記事がすぐ出てきちゃうのですけども、私が書いたものは、「あの三振をなくすにはどうしたらいいのか?」と勝手に考えてみたものなんですからね。語弊のないように言おうとしてます。むしろ、私は梶谷選手好きで観戦時、梶谷ユニ着用者ですから。

 と、言い訳がましいことを述べつつも、今回のタイトルは「梶谷隆幸のやる気のなさそうな空振り問題2017」でございます。

 Numberさんの記事によると

「三振しにくいバットの軌道を探り、追い込まれてからの思考法はどうあるべきかを模索した。試行錯誤はかれこれ「4年ぐらいやっている」。」

そうです。

 なかなかね。普通、プロ選手が4年、試行錯誤しているものに対してモノを申そうという気にはならないのですがね。言いますよ。私は。この記事の関係者のコメントだと

「打率って(打者の主要な指標の中で)唯一、減るものじゃないですか。カジは減るものを追いかけたくないそうです。増えるもの、積み上げるものを追いかけていたいから、目標の中に打率がないんだと。そんなことを言ってました」

らしいのですよ。いやいや、安打を積み上げたらいいじゃない。四球を増やしたらいいじゃない。と思いましたよ。

 まあね。梶谷選手のバッティングスタイル、大好きなんですけどね。大好きだからこそ、勝手にどうしたらいいのか、考えてしまうのですよ。私は。

 最近ちょっと思ったのはですね。この間の記事にも書いたのですけど、梶谷選手ってミートポイント、後ろじゃないですか。点で捉えているように見えるんですよね。その予想していた点が外れてしまったら空振りしてしまうのではないかと思ったのですよ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
梶谷隆幸
タグ:
梶谷
ベイスターズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

梶谷隆幸のやる気のなさそうな空振り問題2017

コメント、ありがとうございます。
なんとなく、おっしゃってることがわかるような気がします。
今のまま進んでいくと「完成形は2割5分、30本、30盗塁」なんでしょうね。
もしかしたら梶谷選手は「考えていない」のではなく、考えすぎて、ああいうバッティングになってしまったような気がします。自分のバッティングにこだわりすぎているのかもしれないなあと。
ミートポイントが後ろ過ぎて、ドンピシャでない限り、ヒットになりにくいんですよね。
泳いでも、どん詰まりでもヒットはヒットなんですけどね。
私が梶谷選手に期待しているのは、今のバッティングスタイルにプラスアルファで、
厳しい球をファールにできるバットコントロール、ヒットになるバッティングの引き出しみたいなものを増やしてほしいということですね。

梶谷隆幸のやる気のなさそうな空振り問題2017

ベイファンですが、せっかく武器として「足の速さ」があるのですからある程度長打は捨てて当てるバッティングしてもいいのになとも思う時がありますが、それと同時にそれは梶谷という選手の完成形ではないとも思ってしまいますね
完成形は2割5分、30本、30盗塁くらいな気がします笑

梶谷は何も考えずに振っているのではなく逆に配球を読み過ぎているような気がしますけどね~
だからドンピシャの時はとんでもなく飛んでくし、読みが外れたときは空振る…みたいなね。はたから見たら何も考えてないように見えますが…梶谷は野球脳高いと思うんですよね。


梶谷隆幸のやる気のなさそうな空振り問題2017

コメント、ありがとうございます。他ファンの方から2件もコメントをいただけるとは。。。
というのも、ベイファンはこのスイングを何度も見ているのでこの件について言及するのは
もう地雷に近いというか、避けて通っているような気がするのです。

「必死さ」についていうと、梶谷選手は昨年のCSファイナルで骨折しながら、グラブに穴をあけて出場し、本塁打を放っている姿を見ていますんで、ファンは「淡泊」と言い切れないのです。
あ、長野選手はファンサービスがいいですよね。ハマスタライトスタンドのヤジにも長野選手はわざわざ対応してくれます(笑)。

宮崎選手と梶谷選手はバットコントロールの技術が違いすぎます。以前から梶谷選手は宮崎選手を「天才」と称していましたし。(これもベイファンは周知)真似したくても真似できないんじゃないでしょうか。

「三振が少な過ぎる男」(足の遅すぎる男)と「三振が多過ぎる男」(足が速すぎる男)が同チームにいるっていうのは、きっと、一芸に秀でた選手を獲得した結果なんじゃないですかね。

梶谷隆幸のやる気のなさそうな空振り問題2017

巨人ファンですが、失礼して一言。巨人ファンである私から見て、梶谷選手は初球打ちの時はほとんどポップフライなような気がします(巨人戦に限りますが)。巨人ファンから見ると彼は何も考えていない(良い意味で)と感じます。狙い球がどうこうよりも、来た球を打つって感じですかね。わがジャイアンツの長野にダブって仕方がありません。高校野球的な超フォアザチームといった泥臭さというか、必死さみたいなものを感じないため、よく言えば天才的、悪く言えば淡泊。たからあの三振の時の片手でバットを持ちながら、体もくるっと一回転という味方までシラーっとさせるプレーをみて、「もったいないなあ」と他ファンながら観ています。
余計なお世話的なことを書いてしまいました。悪しからず。

こんな記事も読みたい

これが最後?岩本の大舞台。【青木寝具店のブログ。】

首脳陣も問題【ドラゴンズ 時々 グランパス】

【西武】前半戦を8.5差の3位で終える【獅子党のつぶやき】

前半戦の最後のパンドラの箱【素人目線のベイスターズ考察】

レギュラーシーズン:17/07/11、対広島東洋カープ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

現地で感じる捕手の送球の大切さ。まさにバッテリーなんだ。【心の底から好きさベイスターズ☆】

わーい!貯金ターンけってーい!【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

7月11日 広島×DeNA 試合結果【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:10909
  • 累計のページビュー:1936757

(07月21日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  8. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  9. ロペスの骨折問題
  10. そういえば残りの6連戦、DeNAの先発は誰なんだ問題

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss