横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月2日 横浜スタジアム(ホーム) De1-4広島 勝利投手  石田(6勝3敗0S) 本塁打(Deのみ)筒香 17号(4回裏ソロ) 77試合 35勝 39敗 3分 首位と9.5ゲーム差 2位

 今日はライトスタンドで観戦してきました。いやあ、暑かった。家に帰ってもまだクラクラしています。選手はもっと大変だったのではないかと思います。

 初回、先発の石田投手は1人目の打者にストレートのフォアボールを出してしまいます。しかし、戸柱捕手が盗塁を刺してくれたおかげで、悪い流れを早めに止めてくれました。石田投手も悪いながら、粘りの投球で5回1/3の1失点。6回のピンチはいつの間にか1軍に上がってきた須田投手がさすがのピッチング。7回タナケン、8回三上。9回ヤマヤスはピンチを作りましたが、ベイスターズの継投方程式がカープ打線という難問から見事に勝利の証明を導き出してくれました。

 打線は筒梶がやってくれました。4回の筒香の本塁打はライトフライかと思いましたが、途中から異様なほどに打球がグンと伸びました。昔でいうと、松井秀喜の打球なんてのもすごかったですが、筒香の打球は面白いですね。スピンかなんかかかってるんですかね。ライナー性だったので、風は関係なかったと思うのですが。

 梶谷は久しぶりの3安打。右中間方向へのいい打球もありましたね。あと、桑原はファインプレイもありましたし、ライト方向へのタイムリーもよかったです。交流戦明けの巨人戦でブレイクした桑原ですが、あのときはほとんど内角ベルト付近の球を引っ張ってヒットにしてました。いつの間にか広角に打てる打者へと成長していたんですね。ベイスターズは右打者不足なので、貴重な存在です。

 中畑清流に言えば「打つべき人が打って、投げるべき人が投げた。全員野球だね。ナイスゲーム。以上」っていうところでしょうか。それくらいベイスターズとしては理想の勝ち方でした。

 っていうところで、終えてもいいのですが、もうちょっと細かい話をしたくなりました。

 今日の試合で打点をあげたヒットは全て早いカウントの変化球でしたね。これは指示が出てたのではないかなあと思います。

 しかし、先発の広島・岡田投手がマウンドを降りてからは、球数を投げさせてますね。7回の倉本選手のヒットは9球目でした。多分、異常に暑かったので、あの粘りは投手どころか、野手の体力と集中力も削がれていったのではないですかね。

 なんとなくラミレス野球がわかってきたような気がしてきました。

 ラミレス監督は現役時代、外国人選手にも関わらず、読みでならした選手でした。日本人投手の配球を読み切り、日本の野球に馴染んでから監督になっています。しかし、元は南米出身のメジャーリーガーです。勢いを大切にするパワー野球が下地にしているけど、細かい野球もわかっている。

 ベイスターズは、大洋時代からそうですけど、豪快な野球しかできないチームです。実際に頭を使った細かい野球をイデオロギーにしていた監督は成績が悪いままチームを去っていきました。古葉竹識、近藤昭仁、森祇晶、尾花高夫…。逆に、選手に好きにやらせた権藤博監督で優勝を成し遂げています。

 今季の横浜の犠打数は7月1日現在で48のリーグ4位。昨シーズンは137で1位阪神の138に次ぐリーグ2位でした。圧倒的に減っています。流れが止まってしまうバントよりエンドランを優先。打てると思ったら早いカウントから勝負をかける。ラミレス采配は頭脳の野球と勢いの野球を混合しているような感じではないでしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
アレックス・ラミレス
タグ:
アレックス・ラミレス
横浜DeNAベイスターズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題

コメントありがとうございます。

>TCE00072387さま
前にどこかで聞いたことがあるんですけど、メジャーリーグって、実績ある選手は不調でも割と我慢して使うらしいですよ。ロマック、モスコーソも我慢してましたが、石川選手、梶谷選手も結構、不調な中、我慢して使っていたように思えます。なので、一概には言いきれないのではないか。実際、梶谷選手は我慢して使った結果、ここ数日復調の兆しを見せているので、その采配が悪いとは言いきれない。っていうのが私の見立てです。まあ、それぞれ、見方があって面白いですね。
それでは、ご縁がありましたら、また、お会いしましょう。

ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題

 ラミレス監督は悪くはないかもしれませんが・・・しかし・・
(他の方も指摘してますが)外人監督だから外人に甘い、というのは、勘弁してほしい・・
今日のモスコーゾなんて、3回続けて失敗してるのに、まだ先発させて 大失敗だし。
日本人投手なら3回も続けて失敗したら、まず2軍落ちでしょうから。
ロマックにもペトリックにも でしたけど、明らかに外人選手にチャンス与え過ぎです。
そして、最悪の結果を生んでますからね。
自分が外人選手として苦労したから、という事でしょうけど、
でも、それは私情ですから。
 それでは、ご縁がありましたら、また お会いしましょう。

こんな記事も読みたい

~巨人に勝ち超せ!~【2016~80周年ドラゴンズ!】

山田哲人は長年活躍できる日本人大リーガーになれる存在【プロ野球の魅力を語る】

2016年7月2日 横浜DeNAvs埼玉西武 (西武第二) の感想【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

やはりここはハマスタだ【素人目線のベイスターズ考察】

7.2 4-1 勝利。 明暗分けた6回の攻防。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

流れに抗う。貴重な勝利。【ベイスターズファンの慟哭】

何度か書いてるが、桑原はバイプレイヤーを目指すべき。【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

7/1広島戦【中区からベイスターズを応援】

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:11293
  • 累計のページビュー:2491322

(10月21日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題
  8. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  9. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  10. ロペスの骨折問題

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss