横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

ハマスタ延長は1プレーが勝負を決める問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月19日 横浜スタジアム(ホーム) De3-5巨人 敗戦投手 須田 (0勝2敗0S)

 まあ辛い試合でしたね。私はあのワンプレーが決めてしまったかなあと思っているのですが、皆さんはいかがでしょう。いや、まあ思い出したくもないか。でも、言います。えっと、須田投手ではないですよ。私は須田投手が調子悪かったようには見えませんでした。パットン投手でもありません。長野選手の外一辺倒はどうかと思いましたけどね。一球、インハイ遊び球を使ってほしかったなあとは思いましたけど。

 はい。そうです。柴田選手の3塁アウトですね。

 9回裏1アウト3対3の同点。柴田選手はヒットで出塁しました。相手投手はマシソン投手。外国人選手は足の速い選手が出塁すると気にしますね。モーションが大きい投手が多いですからね。あ、牽制しましたね。ランナーを気にしすぎて暴投しましたよ。おお、ランナー2塁に進みましたよ。サヨナラのランナーですね。あれ? ファーストの中井選手がじたばたしてますよ。柴田選手、3塁に走っちゃいましたね。アウト。せっかく流れがこちらに傾きかけたのに、熨斗を付けて、相手にお渡ししてしまいましたよ。

 ハマスタってファールゾーンが狭いんですよね。甲子園球場だったら行けましたよ。でもハマスタは無理ですって。

 そういえば先日、荒波選手が右中間に2ベースを放って、3塁狙ってアウトになりましたね。あれはまあね。糸井選手の肩があったとはいえ、荒波選手も足が速いですからね。打球方向見て、行けると思ったんでしょうね。でも、思ったより足が遅くなってたんですよね。あれもアウトになりましたよ。あのシーンって、おじいちゃんが正月に餅をつまらせて死んじゃうニュースに似ていると思うんです。加齢により荒波選手は思ってたより足が遅くなっていた。おじいちゃんは思ってたより嚥下力が弱くなっていた。同じですね。そういうことですよ。いや違いますよ。加齢には気を付けようっていう話じゃないですよ。問題は柴田選手ですよ。

 ハマスタってファールゾーンが狭いだけでなくて、すり鉢状になっているのも特徴です。観客が選手を見下ろすような形状になっているのですね。だからかどうかわかりませんが、ハマスタの試合って、まあ劇場型というか、逆転に次ぐ逆転というゲームが多いような気がします。選手がエキサイトするんじゃないですかね。想像だけで話していますけど。データなんか調べちゃいませんけど。なんか問題ありましたかね。

 なのでハマスタの延長戦の1プレーは勝敗に大きく左右されるのだと思います。いや、柴田選手はいい選手ですよ。昨年ファームの試合見ていて、素人目でも守備が上手いと思ったのは柴田選手でしたしね。この間もサヨナラヒットを打ちましたしね。力のある選手だと思います。ハマスタの構造を味方につけて、走塁も勉強してほしいなあと思いました。

 最後はああなってしまいましたが、マイコラス投手から筒香選手抜きで2点差を逆転していますから、力はあるはず。もうちょっと耐えてほしいですね。耐えて勝つ。古いなあ。

 なんかすいません。本日のエントリーは支離滅裂でしたね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
柴田竜拓
タグ:
柴田竜拓
ベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ハマスタ延長は1プレーが勝負を決める問題

コメントありがとうございます。
また、毎度ご覧いただきありがとうございます。
まあ、ああじゃねえ、こうじゃねえ言うことができるのもファンの特権ですし、
こういう場で意見を言い合ったりできるのも観戦の楽しみだったりするのではないかと思っています。
遅くなってもなるべくコメントをお返しするつもりでいるんで、じゃんじゃん書き込んでくださいな。
私は勝手に私の意見を言いますんで、お気を悪くしないでくださいね。

柴田選手のプレーをabemaで見ていたときは三塁コーチャーが映らなかったので、
その辺はわからかったのですが。回していたんですね。それは球場に行った方でないとわからないと思います。
しかし、柴田選手、2,3塁間で一回止まったときは、一瞬、間違いなく一塁方向を一瞥してから走りましたよね。なので私見ですが、あれは柴田選手の判断ミスだと思いました。三塁コーチャーの動きが見えていれば、また、意見が変わったかもしれません。

パットン投手の阿部選手2塁打はスライダーがバックドア気味に入ったいいボールだと思ったのですが、うまく拾われました。あれはしゃあない。っていうのが私の意見です。変化球のバッテリーミスは余計ですが、同点で止まりました。やはり流れがベイに傾きかけた瞬間での柴田選手のプレーは、勝負を決めたシーンだったように思えます。あの時、ベンチの首脳陣、皆うつむいてましたからね。

ハマスタ延長は1プレーが勝負を決める問題

おはようございます。たまにしか読めませんが読める時はいつも楽しませて頂いております。

あのプレーはテレビで見ていて「やっちまったなあ」と独り言をつぶやいてしまいました。一人で観戦はさびしい。
このチームはなかなか相手のミスにつけ込めないなあと思います。この辺うまくなればもっと勝てるはずなんですが。

まあファンは見守るしかないんですかね。
欲しがりません、勝つまでは……。欲しいのは勝ちなんですけど。

ハマスタ延長は1プレーが勝負を決める問題

コメント失礼します。

柴田の走塁は大きなプレーでしたが、柴田だけの問題ではないかと。
牽制が逸れた時に、二塁に行き、二塁ベースをオーバーランして減速しました。
ここまでは普通のプレーです。
減速せずにオーバーランすれば、挟まれてアウトの可能性があるので選手は減速します。

柴田のプレーを見ると減速したけど、三塁コーチャーが回してたので三塁に進んでアウトに見えました。
減速してなければセーフの可能性もありますが、三塁コーチャーは減速したのを見て、ストップを指示しないといけません。

荒波のプレーも同様に三塁コーチャーの指示ミスです。
点差もあり無理する場面ではないのですが、進むように指示してました。

柴田のプレーで流れが変わったのもありますが、7回に逆転して、満塁まで行ったのに勝負を決めきれないことも敗因ですし、抑えが出てきて、二塁打・バッテリーミス・犠牲フライであっさり同点では苦しい展開のなりますよ。

ハマスタ延長は1プレーが勝負を決める問題

荒波のは上田のミスと言われていますが、柴田のは柴田も悪いですかね。
柴田が自己判断で減速しなければあるいは、という感じなので(柴田が減速したことで上田も腕回すのを止めたようにも見えます)。
上田も止まれの指示が遅いのはそうですが。

こんな記事も読みたい

5/19VS神 緊急先発の原が好投し3連勝!【雄平よ大志を抱け!】

一番後ろからやってきた根元【千葉からスポーツを語る】

今日もなんだかなぁ〜【ベイファンのお馬鹿な夫婦】

パットンを抑えのままにするのは本人のためなのか?【百万の綺羅星】

VS巨人 3-5 ●【鹿浜応援blog】

5.19 連敗 あまりにも、辛すぎる。悔しすぎる負け。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

痛いなあ 取らないといけない試合だったけど・・・【素人目線のベイスターズ考察】

昨日の敗戦は今日勝つためのはず!【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2334375

(09月20日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題
  8. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  9. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  10. ロペスの骨折問題

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss