横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

我々は石川雄洋と心中するつもりではなかったのか問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月29日 甲子園球場(ビジター) 雨天中止 73試合 33勝 38敗 3分 首位と10.5ゲーム差 3位

 昨日の悔しい敗戦から一夜明け、苦手意識を作らないように、今日は勝ってほしいなあと思っていたのですが、雨天中止。中継ぎ休暇くらいにはなったのではないでしょうか。あと、ロペスが帰ってきたときの試合が1つ増えたと思えば、恵みの雨だったのかもしれません。

 さて、ロペスが帰ってきたら、レギュラーは誰が外されるのか問題が浮上している昨今。ネット上では石川雄洋説が有力となっておりますが、本当にそれでいいのでしょうか。

 石川選手はチーム野手最長在籍選手です。内野手のリードオフマンとして期待されたまま、いつの間にか齢30になってしまいました。

 横浜というチームは、内野手で名手のリードオフマンを何人も生み出していました。大リーガー・ボイヤーに教えを乞うた山下大輔、3割打って当たり前だった高木豊、山下に代わってレギュラーを勝ち取った高橋雅裕、そして、38年ぶりの日本シリーズの1打席目にセーフティバントを決めてみせた石井琢朗。このうち、高木と石井は盗塁王を獲得しています。このポジションは、後輩が先輩の背中を見て育ち、羽ばたくというシステムが完全に出来上がっていたのです。

 かつて、月刊ホエールズという雑誌で高橋雅裕は「まーちゃんのおしゃべり泥棒」という対談コーナーをもっていました。私の記憶が正しければ、最終回のゲストは高木豊だったと思う。このときの高橋は緊張しきりで、高木の経験談、先輩エピソードなどを聞きこんでいました。そのときに、まだファームにいた進藤達哉選手も同席していました。

 何を言いたかったかというと、同じチームに名選手がいる重要性を訴えたかったのです。こうしてDNAが受け継がれていくのです。ところが、石井琢朗が広島カープに移籍した後、このDNAは途切れてしまいます。当時の横浜の二遊間は破滅的でした。

 それでも、藤田一也と石川雄洋が若手として頑張っていました。当時、守備は藤田、打撃は石川の方がよかったように思えます。藤田はバントが下手でしたね。そうこうしているうちに、2012年になると、藤田は内村賢介との交換トレードで楽天に行ってしまいました。

 石井琢朗の好守のDNAは広島の田中広輔&菊池涼介という二遊間に受け継がれ、藤田一也は楽天で日本一を経験し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞しています。

 横浜に残った石川はどうでしょうか。横の動きやフライの捕球は悪くないですが、高いバウンドを前進して捕球、全般的な送球などに物足りなさを感じます。バッティングに関してはどうでしょう。中に入ってくる変化球をレフト方向への流し打ちするのが上手だなあと思います。2ストライク後の粘り。エンドランをを託せる。1,2番打者としては欠かせない要件を持ち合わせた選手です。ですが、打率3割を超えた年は1度もありません。タイトルゼロ。オールスター出場歴ゼロ。

 ここ最近、石川とは違うところで、このDNAを受け継ぐ選手が現れました。倉本寿彦選手です。神奈川県出身の倉本選手は小さいころから石井琢朗に憧れ、ついに横浜のショートストップを勝ち取りました。堅守で慣らし、今年は打棒でも爆発。現時点で3割をキープしています。石井本人から応援歌を譲り受ける確約も取っています。

 それはそれでいい。よいこと。でも、本当に頑張ってほしいのは石川選手なんですよ。キャップの座は後輩の筒香選手に譲ってますけど、人間的にも成績的にも引っ張ってほしいのは石川選手なんですよ。急に守備がうまくなるとか求めないから。ホームランも求めてないから。恰好つけてもいいけど、堅実に地道にチームのために頑張ってほしいのですよ。いや、頑張ってるとは思いますよ。でも今の齢で、今の実力で、レギュラーを簡単に取られてしまってはいかんのですよ。横浜が優勝するには、石川、梶谷、筒香の3人が成績を残してくれることが必須条件なのですよ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
石川雄洋
タグ:
石川雄洋
横浜DeNAベイスターズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

我々は石川雄洋と心中するつもりではなかったのか問題

コメントありがとうございます。

当時、TVKの実況中継を見ていて、確か斉藤明夫さんが解説だったと思うんですけど、「石川はああいう球をレフト方向へ流してヒットにできるけど、藤田はできない」というコメントを出していた覚えがあります。私が藤田と石川を比較してしまうのはこの記憶が元となっています。

私の当時の藤田のイメージは、フリーで打ってもらう7番打者でした。小技ができるわけではない。でも、たまに巧打が出る。守備は一級品。石川と比べると、藤田の方が年上なので、「トレードも仕方ないかな」と思ってました。

代わって横浜に来た内村はしばらく、2番セカンドのレギュラーを完全につかんでましたね。小技もできるし、足が速い。当時の横浜にとっては願ってもない選手だったと思います。

にしても、交流戦で2番打者としての藤田に、ああも活躍されてしまうと、「石川、もっと頑張れ」と言いたくなっちゃうんですよね。どうしても比較してしまう。

今の石川、悪くないんですけどね。でも、もっと頑張ってほしいです。

我々は石川雄洋と心中するつもりではなかったのか問題

コメント失礼します。

石川と藤田は競争相手ではありましたが、選手としてのタイプがそもそも違いました。
石井琢朗のようなリードオフタイプの打者、またチームとして使いやすい選手として石川を選び、
藤田のトレード相手として内村を選んだ理由も納得は出来るものでした。

個人的に今の石川は、あの頃の藤田とイメージがかぶります。
もう、ベテランですから、見た目の数字よりも、チームに貢献できるプレイがいくつ出来るか、
というのが大事な選手になってきていると思います。
元々守備以外ではそういったことを、考えればしっかり出来る選手ではあると思いますので、
「チームのために」、頑張ってほしいなと思います。

こんな記事も読みたい

ファイターズ、斎藤テイストは疲れます。【HIT! RUN! WIN!】

カープ 止まらない11連勝と黒田投手通算199勝!【カープ日記】

既に偉人【ブログだから語れるポジティブカープ】

白崎は持っていないのか【百万の綺羅星】

苦杯。辛抱辛抱。【ベイスターズファンの慟哭】

廣岡大志と山本武白志【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

6/28阪神戦【中区からベイスターズを応援】

幻の3月8日のベストオーダー【素人目線のベイスターズ考察】

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:315
  • 累計のページビュー:2734769

(01月23日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題
  8. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  9. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  10. ロペスの骨折問題

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss