横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

プロ野球チームのファンであること問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年3月11日。震災から6年経った本日、世田谷ものつくり学校で開催された「東京野球ブックフェアトークイベント 野球ライターになるには」を拝聴した後、その足で横浜スタジアムで行われたオープン戦「横浜×ロッテ」を見てきました。「野球ライター~」が13時終了で、オープン戦は13時スタートだったので、なかなかの強行軍でしたが、どちらも行ってよかったと思っています。  「野球ライター~」はベイファンの村瀬秀信さん、巨人ファンの中溝康隆さん、高校野球を中心に取材をされている中村計さんが登壇されました。村瀬さんは高校卒業後、家の事情で大学に行けず、エロ本の編プロから出発して、あの名著「4522敗の記憶」を書き上げるまでに至ったそうです。対して中溝さんはサラリーマンをやりながら「プロ野球死亡遊戯」というブログを立ち上げ、アクセスを伸ばしていくうちに編集者から声がかかり、ライターの道に進んだそうです。  言ってみれば村瀬さんは叩き上げ中の叩き上げ。エロ本の中で書きたいモノ、”野球”を織り交ぜているうちに、そういう方向への道が開けたという半生を送っていらっしゃっていて、雑草魂みたいなものを感じました。対して、中溝さんは、ネット内PV競争から勝ち上がり、脱サラしてライターになった。そのため、取材に慣れていないものの、気に入らないものは断ったり、炎上したとしても計算の範囲内っていう考え方を持っていたりと、ある種、芯の強さみたいなものを内包されている方だなあと感じました。    村瀬さんも中溝さんも私と同じアラフォー世代。それぞれ、ファン歴は30年近いと思われます。このお話を聞いて、「あれっ。ファンってチームカラーと近い性格を持っているのかな?」という仮説が自分の中で立ち上がりました。村瀬さんの雑草魂は三浦大輔投手に通じるものがあります。中溝さんの芯の強さは、読売ジャイアンツの歴史とプライドみたいなものを想起させます。

 新聞記者から野球のノンフィクションライターになった中村さんの話は置いておいて、この仮説が気になりながら、その足でハマスタに向かいました。観戦は試合途中からでしたが、乱打戦だったので、時間的には十分に楽しめました。負けちゃいましたけどね。

 オープン戦とはいえ、観客席はどこも埋まっており、三塁側内野席で見ていました。ロッテの応援はいつ聞いてもカッコいいですね。統制の取れ方がハンパない。ベイスターズ側は春休みというのもあって、子どもファンも多かった。ヤジを飛ばす人がいれば、いいプレイには拍手を送る人がいる。環境問題用語風にいうと”ファン多様性”みたいなものを垣間見ることができました。

 私が子どものころのハマスタとある意味変わっていないのかなあ。あの頃の応援団のおじさんたちは皆パンチパーマ。選手もパンチパーマで応援団もパンチパーマ。インターネットがなかったので、応援団の方が応援歌の歌詞を紙で配っていたのですけど、それをもらいにいくのが恐かったなあという思い出があります。

 横浜は港町なので港湾系、工場系のファンの方も多くて、見た目恐そうだけど本当は優しい、または、ガラの悪いヤジを飛ばしっぱなしっていうファンの方もいらっしゃいました。東京のベッドタウンでもあるので、家族連れのファンも多かった。スーパーカートリオの時代は、私なんか、子どものころに見ていてかっこよかったですからね。ポジティブなファンもネガティブなファンも入り混じっていた。ファン層の幅は広かった印象がありますね。DeNAになってからはネットの世界から入ってこられた若年層のファンも増えましたね。ファンの数も増えましたし、層はさらに広がった。

 チームはずーっと弱かったので、昔、駒田徳広さんも仰ってましたが、「ストレス解消にヤジを飛ばしている」ファンが多かったかもしれません。本日の試合でも、そんな感じのヤジを飛ばしている方が散見されました。今でも同じような見方をしているファンがいる。本日の「追いつけそうで追いつけない乱打戦の負け試合」も昔から変わってないですが。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
DeNA
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

プロ野球チームのファンであること問題

コメントと細かいお気遣いありがとうございます。
お言葉は拝受しました。
人を信じるのも自分を信じるのも、どっちも難しいですね。。。

「プロ野球チームのファンであること問題」へのコメント

「信じるって難しいなぁ」とつくづく感じているところに読ませてもらったので、とても印象的でした。

よく考えると、人を信じるよりも、自分自身を信じることが何より難しいです。

野球どころじゃないくらい、人生が揺れている時に大切なのは、多分「これまで失敗も多いけど、それでも頑張ってきた自分」をチラッと思い出すことでしょうか。
あとは「時間薬」の効果を待つこと。
…と、自分のために言い聞かせるためのコメントです(^^;;

プロ野球チームのファンであること問題

コメント、ありがとうございます。しかも、私のようなどこの馬の骨かわからない人間を心配していただき、恐悦至極に存じます。
私の話はまあ、いいとしましてですね。98年の横浜優勝時より、客席にいるファンの数が多くないですかね。すげえなあと思うとともに、いろんなファンがいるなあと、勝手に感心してしまう次第です。
球場で見る野球はモニター内で見る野球と違って、いろんなものを見せてくれます。守備体系やネクストバッターズボックスに入ったときの仕草、ファンサービスの対応とかもそうですね。テレビやネットで見ているとき以上に情報量は多いですね。野球だけでなく、ファンを観察してみるのも面白いかなあとも思うのです。ただ、観察しすぎるとストーカーになっちゃいますけどね。

「プロ野球チームのファンであること問題」へのコメント

うーん、なかなか心揺れる現在のブログ主様の心情がよく伝わる文面だったように思います。

私もファン歴長いですが、優勝の美酒を味わったのはたった一度きりのベイスターズです。
が、仕事で躓いた時、身内の不幸や友達の死などで心揺れる時、家族の励まし等で勇気づけられると同時にいつも心の中ではベイスターズという心の支えかありました。
なかなか勝てないチームではあったけど、3.11があり、福島第一原発が吹っ飛び、計画停電でこれから日本はどうなるんだろうと不安に襲われたときも、プロ野球が開幕し、また愛するベイスターズの応援ができるんだと思った時、本当に当たり前のものが当たり前に行われる幸せを実感しました。

今まで、当たり前に観戦していたハマスタのゲームも、以前にも比して応援に身が入るようになりました。

ブログ主さんの心の内は、知る由もありませんが、今期ベイスターズのさらなる躍進が心の支えになり、状況が好転する事を期待して止みません。

こんな記事も読みたい

崖っぷちに立つ王【きたへふ おおの かわくち つた゛】

課題山積、大味な試合【鯨の遺伝子】

2017年3月11日 横浜DeNAvs読売巨人 (ジャイアンツ球場) の感想【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

やはり投手力が不安【DeNAベイスターズウィークリー評論】

3月11日オープン戦ロッテ戦 ウィーランド投手炎上す【YOKOHAMA lover】

ハマスタ最初のオープン戦、次が大事。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ベイ白崎、覚醒のポイントは?【人生で2回目のベイスターズの優勝を夢見て】

開幕メンバーを勝手に想定してみる【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:457
  • 累計のページビュー:2702922

(12月18日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題
  8. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  9. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  10. ロペスの骨折問題

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss