ホエールズ~ベイスターズ~DeNA

今日は予想の範囲の負けでしたが、桑原は相当深刻です・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん こんばんは

まず今日の試合の結果に関しては平良が厳しいとはある程度想定していたので、しょうがないです。ただ相手の中村祐をあそこまで持たせてしまったことは筒香の欠場があったにしろ、ちょっと予想の範囲外でしたね。正直6回で5点くらいは取れる内容だったのではないでしょうか。

そういう意味ではやはり打線の状態は深刻ですし、ちょっと改善の余地が見当たらないというよりもう筒香次第としかいいようがありません。

打線に関して気になるのはやはり打ち損じの多さ。正直コースからいったら平良のほうがましなコースに投げていましたが、まずカープ打線は打ち損じが少ないです。と同時に低めの厳しい球でもファールで粘ったり、ヒットにされたりする。

まあ残念ですが、野球の質の差と同時に指導方法の差なのかと。伝統的に練習量の多いカープですが、それに加えて昨年からいかに出塁するかとケースに応じたバッティング、そして粘り。去年も言われてましたが、マシンガン打線のエッセンスを上手く注入されたような感じですね。しかもそれを指導しているのが石井コーチという何とも皮肉な結果にも思えます。

そしてウチの打線ですが、とにかくみんな気持ちよく振っているという印象が強いです。まあ皮肉めいた言い方ですが、簡単に言うとみんな長打狙っているように感じるんですよね。判りやすくいうとウチの場合はホームランの打ちそこないがヒット。逆にカープはヒットの延長がホームランという(全ての選手がそうではありませんが・・・)

そしてそれが今一番わかりやすいのが桑原です。実は僕は現在のウチの一番の問題は出塁型の選手がいない事だと思ってます。というよりこれ石井が引退してからずっと課題のひとつなんですよね。しいていえば石川がそうですが、肘の影響かフルに出れない状況なのでとなるとやはりリードオフマンは厳しいです。 となるとやはり昨年そこそこの成績を残した桑原に託したい監督の気持ちもわかります。ただ現状はとても厳しいですね。今日の試合などストレートに遅れ、変化球は崩され伸びきって打ってますので正直タイミングがバラバラ。これでは打てるボールがないです。と共に気になるのが彼のバッティングスタイルです。基本桑原の場合はボールを前で裁くタイプです。前で裁くということは当然ボールの見切りが早くなるので選球眼は悪くなります(筒香と逆)これははっきりいうと長距離打者に多いバッティングなんですよね。前で裁く分長打も多くなるが、変化球や落ちる球の見極めに欠点が出てきます。そうするとどうしても打率は上がりにくいのでタイプとしては5番とか6番とかが向いていると思います。更に今年はより出塁率アップにこだわって決め打ちしなくなり、ボールを見るようになり、それにより逆に苦しんでいるのではないでしょうか?(当然配球も明らかに簡単にはストレートは投げてこなくなりましたが)2015年も悩みすぎて不調に陥ったように意外に繊細な一面があるのかもしれません。本来は6番か7番に置いて気楽に打たせるべきなんでしょうが、代わりがいないんですよね・・・

そういう意味では打撃スタイル的に一番向いているのは実は宮崎なのですが、さすがにあの走力では難しいです。と同時に梶谷もバッティングスタイルはクリーンアップ。倉本も今年はポイントを前にしたり多少長打を意識した打撃に変えて苦戦してから、多少元に戻して調子を上げてきましたがやはり走力の面で厳しい(でも僕は倉本が2番をこなせるようになるのがチームにとって一番チームにとってはいいように思っています・・事実バント含めてのケース打撃は昨年よりは上達しています)となるとやはり石川くらいしか見当たらないですね・・・本来は明日は1日くらいリフレッシュで休ませて荒波でもいいように思うのですが・・・・まあやらないだろうな・・・

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

今日は予想の範囲の負けでしたが、桑原は相当深刻です・・・

コメントありがとうございます。

私も桑原選手は1番向きではないと思いますね~⇒走力という面で起用されていると思いますが、それを生かすようなバッティングのスタイルではありません。梶谷もそうですが、足だけで考えると駄目かなと・・・(もちろん走力は必要ですが・・)

ラミレス監督政権下、クリーナップ系の選手は育ってますが⇒これはラミレス監督というよりここ何年間の課題と思います。荒波もそうでしたが、結局中途半端な長打力に酔い、中途半端な選手になってしまっています。ただこれはハマスタの影響も結構大きいと思います。現状成績は悪いですが、投手型のチームが出来上がってきたので本拠地とやってる野球との剥離が激しいですね。

調子が上がれば、3番でもおもしろいかと思います⇒実をいえば3番って個人的には繋ぐ意識決める意識
両方出来ないといけないと思います。だから一番出来る人は3番もこなせる。そういう意味では桑原はむしろ5番。6番あたりかと。

1、2番の育成は、2軍でしっかり育てて欲しいですね~
欲をいえば、京田選手、源選手が欲しかったです⇒これは編成に問題があるように思うのですが、足のある選手が少ないです。倉本、柴田、山下と似たようなタイプの選手が多いです。高校生で足のある選手を獲得して一から鍛える(いいかえれば作る)広島のようなことをしてもいいのかなと思います。やはり走れる選手が多いと戦術もいろいろできますからね。現状のウチでは作戦らしきものは難しいです。

今日は予想の範囲の負けでしたが、桑原は相当深刻です・・・

コメント失礼します。

私も桑原選手は1番向きではないと思いますね~

投稿主様のおっしゃる通り、宮崎選手に足があれば、、、

一番適してるのですが、残念です。。。

ラミレス監督政権下、クリーナップ系の選手は育ってますが、

1、2番タイプが育たないですね。

何となく、好んでない、選んでないようにも思えてきます。

桑原選手の調子が上がるまでは、打順を下げてもいいかもしれませんね。

調子が上がれば、3番でもおもしろいかと思います。

1、2番の育成は、2軍でしっかり育てて欲しいですね~。

欲をいえば、京田選手、源選手が欲しかったです。

こんな記事も読みたい

早くも昨年超え!ドームでの連勝!(2017 GAME-39)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

昨日のバルデス投手の切なさそうな顔を見て【言うはヤスシ】

残念ながら想定内の負けなのでは【素人目線のベイスターズ考察】

2017前半戦、桑原将志問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

VS広島 9-2 ●【鹿浜応援blog】

投手がいなくなっていく 対広島3戦目【独断と偏見の横浜応援ブログ】

もっと凡事徹底【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

大逆転。諦めない心で掴んだ勝利。【ベイスターズファンの慟哭】

ブロガープロフィール

profile-iconkai_derector

小学校のとき、横浜スタジアムで遠藤投手の巨人戦での完封を見てハマリました。それが運のつきだったかも。

高木・屋鋪・ポンセ・パチョレック・斎藤明・野村・谷繁・石井琢・進藤・佐々木・斎藤隆・鈴木・佐伯・波留・ローズ・ブラッグス・盛田

それぞれの選手思い出すとと、今の選手、もの足りないです。

去年のCSは感動しました。ただここから更に上に行くにはまだまだ足りないものがあるように思います。

基本辛口ですが、もう一度優勝を見たい熱い思いだけは持ち続けたいと思っています。

  • 昨日のページビュー:5885
  • 累計のページビュー:1996459

(05月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人のFA補強についての雑感と5ドラフトについて
  2. 山口FA退団についての雑感と今後のDeNA
  3. 1/8 鶴岡人的補償移籍の是非
  4. 今日の試合は全てにおいて広島と明確な差があったと考えたほうが納得できる。。。
  5. 皆が言うほど悪い2試合ではなかったように思うと同時に、所詮5割未満の3位だという開き直りが欲しいように感じました。。
  6. ラミレス監督を擁護するわけではないが・・・・
  7. 今後の展開は希望もあるが、楽観もできない。。
  8. 4/2 キヨシ・・・・・
  9. キヨシ監督が心配ですね・・・
  10. ヤスアキについてと今後の展開について。。。

月別アーカイブ

2017
05
04
03
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
09
07
06
05
04
2014
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss