スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

月別アーカイブ :2015年11月

フィギュアNHK杯感想・羽生覚醒!浅田は大丈夫か

GPシリーズNHK杯。衝撃的な演技で世界最高得点をたたき出した羽生選手。パーソナルベスト200点超えでGPシリーズ初優勝を果たしファイナル進出を決めた宮原選手。只者ではないことを証明したボーヤン・ジン選手。今回は失敗してしまって明らかに意気消沈してしまった浅田選手。様々なドラマが生まれたNHK杯の感想を記させていただきます。 まずは何と言っても羽生選手です。 あれほど何度やっても上手くいかなか......続きを読む»

私はフィギュアGPシリーズNHK杯をこう見る

毎週GPシリーズについて投稿させていただいてました。しかし、パリで発生したテロは私のGPシリーズへの関心を著しく低下させてしまいました。先週のロステレコムはほとんどニュースも見ず、記事も読みませんでした。まだ完全に熱が戻った訳ではありませんが、羽生・浅田両選手が出場するNHK杯が始まってしまいます。今の私はファイナル進出争いは置いといて、キスアンドクライで選手達が見せる心からの笑顔。全選手の笑顔を見......続きを読む»

残念!三浦隆司激闘むなしくラスベガスに散る!

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者三浦隆司選手は同級1位無敗のフランシスコ・バルガスを相手にラスベガスへ乗り込み5度目の防衛戦を行いましたが残念ながら9回TKOで敗れてしまいました。メキシカンキラーと呼ばれ、この試合も4回にボンバーレフトがさく裂し優位に試合を進め、8回終盤は相手をロープに追い詰め連打で追い込むも、まさかの落とし穴が9回に待っていました・・・。 放映権の問題なども......続きを読む»

関東馬の逆襲は始まっているのか・モーリスがマイルCSを制覇

マイルチャンピオンシップは安田記念以来というハンデも何のその、モーリスが優勝しました。先週エリ女のマリアライトに続いて関東馬が制覇。今年の3歳牡馬クラシックはすべて関東馬優勝と勢いは加速するばかりです。今後の馬券検討にも重要なファクターとなる関東馬復権の動きについて思い出を交えて感想を記させて頂きます。 秋は毎日王冠から始動の予定を、不安があるとのことで回避したモーリス。 その為か、今日は最終......続きを読む»

がんばり理事長北の湖親方逝く・・・

それは突然のことでした。NHKの「朝ドラコンサート」を見ていた時に表示された衝撃のニュース速報。体調がすぐれないとは知ってましたが、まさかこんなに急に亡くなられるとは・・・ 「憎たらしいほど強い」 北の湖理事長の横綱時代を象徴するフレーズです。 リアルタイムに横綱北の湖を見ていましたが全くその通りでした。 大鵬は強くて人気の象徴になり、北の湖は強くて不人気の象徴になる。 大鵬の柔らかさと違って......続きを読む»

【高校野球】明治神宮大会から見える来年の甲子園大会

明治神宮大会を古豪高松商業が制しました。四国四商の中で最も甲子園から遠ざかっていた高松商。最近不振の四国勢ですが、増枠を確保し高松商は復活の象徴となるのでしょうか。秋季大会、明治神宮大会が終わって甲子園出場校も見えてきましたがこの段階でちょっと来年の甲子園大会を想像してみます。 明治神宮大会は例年東北・関東代表が強いですが、今年はベスト4に青森山田が残っただけで関東、東京代表は初戦で敗れてしま......続きを読む»

マクラーレン・ホンダ、タグ・ホイヤーとの契約解除は悲しい

今季F1に復帰したホンダのパワーユニットを搭載したものの、不振に喘ぐマクラーレン。何とタグ・ホイヤーが来年以降スポンサー契約を更新しないことがわかりました。しかもよりによって新たにレッドブルと契約を結ぶとのこと。ここにも不振の負の連鎖が現れてしまいました。もう、こうなったら何が何でもマクラーレン・ホンダ、特にホンダは来シーズン名誉挽回を成し遂げるしか道はありません。 何気にネットニュースを見て......続きを読む»

びっくりポンなエリザベス女王杯の歴史だが最近荒れないねえ~

「あっと驚くサンドピアリス」「ベガはベガでもホクトベガ」など杉本アナの名調子が思い出されるエリザベス女王杯。その昔、俗に言う4歳牝馬三冠の最終関門だった頃は荒れるレースが多かった印象がありますね。古馬牝馬も参加出来るようになってからは強い馬が勝つレースになりましたが果して今年は・・・。 今のように馬連も3連単もなかった時代、前述のサンドピアリスのレースは1着が20番人気(最低人気)2着ヤマフリ......続きを読む»

フィギュアGPシリーズ・ファイナル進出選手大胆予想

GPシリーズも早や折り返し。今年はここまで、好調な選手、上り調子な選手、不調な選手の色分けがはっきりしているように思えます。今季の大きな目標はあくまで世界フィギュアですが、GPファイナル進出もひとつの目標であることは間違いありません。昨年、一昨年は4戦消化時点でファイナル進出者を予想させていただきましたが、今季は大胆にもこの時点で予想させていただこうと思います。あっ!シリーズ前に予想されたブロガーの......続きを読む»

GPシリーズ第3戦カップオブチャイナ・演技を心から楽しむ本郷、究極を目指す浅田

浅田選手の国際試合復帰戦ということで当然の事とは言え、大注目をあびたカップオブチャイナ。そんな中、一回りも二回りも成長した姿を見せてくれた本郷選手。堂々たる演技で観衆を魅了しました。そんなGPシリーズ第3戦の感想を・・・ん!男子の扱いひどくない!? ロシアのティーンズがもがき苦しんでいます。 今年シニアデビューのメドベデワ、ひと足早く壁を乗り越えたトゥクタミシェワを除き、リプニツカヤ、ラディオ......続きを読む»

GPシリーズ第2戦スケートカナダの結果を見て思うこと・羽生チャン両選手のスコアを比べてみる

ソチ五輪以降、初の羽生、チャン両選手の顔合わせとなったスケートカナダ。結果はSPで出遅れた羽生選手の追い上げ及ばず、パトリック・チャンがフリートップの得点をたたき出してSP首位の村上大介選手を逆転し復帰第1戦で優勝しました。次週カップオブチャイナではいよいよ浅田選手が復帰ということで益々盛り上がりそうですが、まずはスケートカナダの感想を・・・。 まずは男女シングルの表彰台選手をおさらいの意味を......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2443
  • 累計のページビュー:13530833

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss