スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

月別アーカイブ :2015年09月

ミニマム級の名チャンピオン高山勝成、またも見せつけた驚異のスタミナ、いよいよWBA正規に照準

ほとんどの試合が井岡一翔選手のセミファイナルで行われ、地味な印象が否めない高山選手。しかし彼は誰も成し遂げたことがない4団体のチャンピオンに輝くなど、確実にボクシングファンの記憶に残る選手となりました。今回は昨年大晦日に獲得したIBFの防衛戦。相手は高校4冠のホープ原隆二選手。あの田中恒成選手との試合は後楽園ホールのファン達が興奮する熱闘。惜しくも10RTKOで敗れましたが、5月の再起戦では2RKO......続きを読む»

アロンソの気持ちもわかるし、確かに今のマクラーレン・ホンダは戦闘力に劣るが、それでも復活を待つ

レース途中、アロンソが若干17歳のマックス・フェルスタッペンにパスされた時、解説の片山右京氏は「これは時代のせいではありません」的な発言をしました。同時にアロンソは「GP2エンジンかよ!GP2エンジンだ!」と叫びました。誰が見てもわかる今のマクラーレン・ホンダの苦しい状況。ホームである鈴鹿でも見せつけらた現在の立ち位置。アロンソ、バトン両ドライバーの去就も取りざたされる中マクラーレン・ホンダに明日は......続きを読む»

井岡大差判定防衛、ルエンロエンショックから脱しこれからが大切

井岡一翔がロベルト・ドミンゴ・ソーサを相手に迎えたWBA世界フライ級初防衛戦。井岡が全く危なげない戦いを繰り広げフルマーク一人を含む大差の判定で防衛に成功しました。かつては山中、内山と並ぶ絶対王者への道を歩んでいた井岡。ロマゴンとの対戦を“避けた”為にTBS元バンタム級チャンピオン亀田1号と同等の扱いを一部から受けるようになってしまいました。井岡自身もルエンロエンにまさかの完敗を喫し、このまま終わっ......続きを読む»

ジャイアンツ今日も勝てば10月4日に振り替えられたスワローズ戦が最終日決戦となる可能性

いよいよ大詰めを迎えたセリーグペナント争い。首位に立ってなかなか負けないスワローズをドームに迎えた大事な大事な2連戦。V逸なら原監督解任で後継江川氏の声も上がる中、初戦見事に逆転で勝利しました。雨で流れた9月1日富山の試合が10月4日にドームに組み込まれたのは最終決戦を野球の神様が演出したのではと思う流れになって来ました。絶対に負けられない戦いが続くジャイアンツ。今日は中4日で菅野がエースのプライド......続きを読む»

ダービー出走馬が2頭だけの神戸新聞杯

本格的な秋競馬が始まりいよいよトライアルレース華盛りという趣ですが今週は神戸新聞杯。顔ぶれをみて気付いたのはダービー出走馬がリアルスティールとタガノエスプレッソの僅か2頭。過去5年をさかのぼってみても最低3頭は出ていたので少々驚きです。皐月賞も何とこの2頭だけ・・・ということは残る13頭は春クラシック戦線に縁のなかった面々ということになります。抜けた1番人気が確実なリアルスティールが額面通りの力を見......続きを読む»

日本、スコットランドに完敗、ボーナスポイントがトーナメント進出の明暗を分ける

世紀の勝利を飾った余韻がまだまだ残る中、日本代表はスコットランドと第2戦を戦いました。試合は前半こそ7-12と1トライ差で折り返しましたが、後半エンジンのかかったスコットランドに5トライを許してしまい10-45で敗れてしまいました。 しかし最後まで戦う姿勢を失わなかった日本代表は今までの代表とは次元の違うチームであることを証明してくれました。残る試合はサモア、アメリカ。決勝トーナメント進出を目指すに......続きを読む»

山中慎介終盤ケンカファイトで難敵モレノに僅差の勝利

最強の挑戦者アンセルモ・モレノを迎えて行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチ。結果は王者山中慎介選手が僅差の判定で9度目の防衛を果しましたが、最後の最後までどちらが勝ったのかわからない状況。オープンスコアリングシステムがかつてないほど両者の戦い方に影響を与えたように感じたこの試合を振り返ります。 聞くと山中選手はかつてないほど絶好調で試合に臨めているとのこと。 この情報を聞いた時に少しいや......続きを読む»

失意の中にも前を向くマクラーレン・ホンダと信じ続けるファン、そこに飛び込んできたバトン鈴鹿で引退発表!?の報道

マクラーレン・ホンダにとっては期待が持てるサーキットの一つであるシンガポールGP。いい感じで走っていたのに2台ともリタイアという残念としか言いようがない結果。ホンダファンにとっては如何ともしがたい今の状況を見るのは辛いでしょう。しかし多くのバッシングを受けながらも前を向き続けるチームスタッフ、ドライバー達。それを見ると復活を信じて応援し続けたいのですが、そんな中飛び込んできたジェイソン・バトン鈴鹿で......続きを読む»

今世紀全スポーツ界最大の衝撃・エディージャパン南アフリカを撃破

エディージャパンがラグビーWカップ初戦で強豪南アフリカに大激戦の末に勝利するという驚くべきニュース。世界中ほとんどの人は日本が勝つと思っていなかったというのが正直なところだと思います。この歴史的勝利が日本ラグビーのターニングポイントとなることを祈って感想を記させて頂きます。 とにかくどんな称賛の言葉を書いても陳腐になってしまうほどの素晴らしい勝利でした。 今までのジャパンなら後半7点差をつけら......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2443
  • 累計のページビュー:13530833

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss