スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

月別アーカイブ :2015年01月

根岸ステークス:データと経験で軸馬と穴馬をピックアップ

何と言ってもロゴタイプ参戦が注目される根岸ステークス。 当然、フェブラリーステークスを狙ってのダート参戦です。 過去フェブラリーステークスで突然芝からダートに転向した馬の成績は惨憺たる結果のオンパレードでした。 行き当たりばったりでGⅠを取れるほど甘くはないという事でしょう。 しかしロゴタイプはまず根岸ステークスを使ってきました。 たかが1走、されど1走。 陣営の本気度が伝わってきます。 私は、かつ......続きを読む»

V字回復の相撲人気、Λにならない為に:初場所雑感

大相撲初場所は横綱白鵬が33回目優勝という大記録を達成しました。 九州場所で大鵬の記録に追いついたと思ったら、すぐに新記録。 しかも全勝で花を添えました。 全く産みの苦しみを感じさせない圧倒的な強さは何と言うことでしょう。 角界を眺めてみても白鵬を脅かす存在は見当たりません。 稀勢の里は相変わらず稀勢の里のまま年を重ねていくだけ。 琴奨菊にかつての琴桜のような突然変異を望むのは酷な状態。 豪栄道は・......続きを読む»

センバツ高校野球、32代表決まって印象だけの勝手な予想(2015年)

センバツ代表校32校が決まりました。 1枠の北海道は優勝校、2枠の地区は決勝進出校、4枠の地区はベスト4進出校がそのまま選ばれました。 関東東京と中国四国は最後の1校をめぐり議論がされたようですが、昨年秋季大会がセンバツの予選となっている傾向は不変でした。 センバツは組合せ抽選で決勝まで対戦相手が絞れますので、その段階でも展望的な記事を書かせて頂きますが、今日はざっくりとした印象だけの勝手な予想を書......続きを読む»

アジア杯の結果は、アギーレを更迭せよとの天の声なのか

いろんな意味で注目されていたアジア杯。 結果、加茂ジャパン以来のベスト8敗退となってしまいました。 なんだか、アギーレ更迭には今しかないタイミングとなりましたね。 いや、私アギーレは良いと思っています、今でも。 勝負どころでの用兵、采配が光りますし、今後選手の見極めが進めば、より彼の目指すサッカーを推進出来るでしょう。 次回W杯でも結果を出してくれるのではと期待していました。 しかし問題の八百長疑......続きを読む»

京成杯:ゆるいデータと経験で軸馬と穴馬をピックアップ

ここで言う軸馬はあくまで馬券圏内に入るだろうという馬を指します。 単勝よりも複勝、ワイドを。 2連系よりも3連系馬券の軸で買いたい馬です。 穴馬は文字通り穴馬です。 軸馬1頭、穴馬1~2頭をピックアップして、それ以外馬を絡めて馬券を購入というスタイルです。 今週は西で日経新春杯、東で京成杯が行われます。 厳寒のこの時期。 有力馬の本格始動はまだ先です。 その為か、このレースの勝ち馬からはエイシンフ......続きを読む»

日経新春杯:ゆるいデータと経験で軸馬と穴馬をピックアップ

なかなか記事をアップできません(涙) しかし競馬だけはアップしなきゃ気が済みません(汗) 記事にする事で考えをまとめる自分がいます。 ここで言う軸馬はあくまで馬券圏内に入るだろうという馬を指します。 単勝よりも複勝、ワイドを。 2連系よりも3連系馬券の軸で買いたい馬です。 穴馬は文字通り穴馬です。 軸馬1頭、穴馬1~2頭をピックアップして、それ以外馬を絡めて馬券を購入というスタイルです。 今週は西......続きを読む»

シンザン記念:ゆるいデータと経験で軸馬と穴馬をピックアップ

今年から私の予想は軸馬1頭、穴馬1~2頭をピックアップする形にしました。 定義としては、 軸馬:馬連・3連系を買う時の軸馬で◎とは若干意味が異なるかもしれません。 穴馬:人気薄で3着以内に飛び込んできそうな馬 とさせていただきます。 昭和39年東京五輪の年から翌年にかけて史上初の5冠馬となったシンザン。 オリンピックは興味を持ちましたが、さすがに競馬は見ていませんでした。 競馬に興味を持ったのはタ......続きを読む»

ジャイアンツ、現有勢力がいかにリフレッシュして戦えるかが見もの

最近フィギュア記事比率が高いですが、物ごころついた時からGファン。 久々のジャイアンツ記事です。 ニュースでスワローズが奥村を獲得する事を知りました。 あちゃー・・・っていうのが正直な感想です。 アンダー18ワールドカップのメンバーは将来プロ野球を背負うと思っていたのでその一人を失うのはショックですが仕方ありません。 これで一応今年のジャイアンツのメンバーが固まったと言えるでしょう。 新戦力をまと......続きを読む»

全日本フィギュアの衝撃その4:町田、小塚、宇野昌磨

全日本衝撃シリーズもひとまずこの記事を持って終了という事で。 羽生選手が圧倒的な強さ(凄さ)を見せた全日本。 町田選手のいきなり引退宣言には驚きを通り越して驚き驚きました。 確かテレビ中継は世界選手権代表発表の場で町田がコールされてリンクに登場しスタンドに向かって両手をあげていた場面で終了しましたよね。 まさかその後にそんな事が起こっていたなんて・・・。 お釈迦様でも気がつかないでしょう。 既に受......続きを読む»

箱根駅伝は良い意味で変わらないですね

まずは皆様に御礼を。 900万アクセスに到達致しました。 こんな拙ブログにお立寄りいただき感謝の言葉しかありません。 ありがとうございます。 箱根駅伝が今年も行われました。 すっかり正月の風物詩となった箱根駅伝。 もっとも選手や関係者の方々にとっては全く関係ありませんが・・・。 それにしても青学強かったですね。 上位校は実力ある選手達が紙一重でしょうから、コンディショニング、ピーキングの勝利でしょ......続きを読む»

金杯で乾杯!データと経験で軸馬と穴馬をピックアップ

いよいよ今年も中央競馬が始まります。 言い古されたフレーズでも大好きな言葉「金杯で乾杯!」 こんな厳寒の中走らされる競走馬は気の毒ですが正月の風物詩。 やはりワクワクしてきます。 昨年まではストーリーから的中馬券にたどり着こうと試みました。 今年はいくつかのファクターを元に経験を加味して軸馬1頭と穴馬1~2頭をピックアップさせていただこうと思います。 まずは京都金杯。 Aコース使用で内枠有利の正月......続きを読む»

全日本フィギュアの衝撃その3:樋口新葉・日本3位で悔し涙をみせた中学2年生

長く女子フィギュアを牽引してきた村主、安藤、鈴木、各選手の引退。 浅田選手の“ハーフハーフ”休養。 男子以上に世代交代が一気に進んだ今シーズン。 ジュニアGPファイナル女子シングルにはロシアと日本から3名ずつ進出。 正に現在のフィギュア界の縮図のような構成。 その中でもひときわ若い樋口新葉。 何と中学2年生の13歳です。 今シーズン急激に成長し、滑るたびに自己ベストを更新する感じです。 ジュニアG......続きを読む»

全日本フィギュアの衝撃その2:羽生結弦・壁を越え続ける割れない卵

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 羽生にとって激動の1年が過ぎました。 森内から名人位を奪還・・・。 ちゃうやん、それ将棋の羽生さんや・・・って正月からオヤジギャグ(ギャグにもならんって?)ですいません。 羽生結弦の2014年は激動と呼ぶに相応しいものでした。 ソチオリンピック金メダル。 世界選手権も優勝。 国民的英雄として、オフも関係ない忙しさ。 迎えた201......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2443
  • 累計のページビュー:13530833

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss