スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

月別アーカイブ :2014年10月

フィギュアGPシリーズ・スケートカナダ男女シングル出場選手世界ランクとみどころ

フィギュアスケートGPグランプリ。 今週は第2戦のスケートカナダが開催されます。 最初に開幕戦スケートアメリカの男女シングル上位成績を簡単に振り返ります。 ○男子 1位 町田 樹       269.09    世界ランク3位変動なし   2位 ジェイソンブ・ラウン 234.17    世界ランク14位⇒10位 3位 ナム・グエン     232.24(PB)世界ランク37位⇒31位 4位 デニス......続きを読む»

天皇賞・秋:ストーリーから組み立てる的中への道

秋のGⅠ第4弾天皇賞・秋。 昔は春も秋も3200mの距離で争われていましたが、秋を2000mにしたのは、現状の春天を見る限り大英断だった事がわかります。 昨年はジャスタウェイが優勝して世界に羽ばたきましたが過去に多くの名馬が勝利しています。 さて今年の天皇賞・秋。 枠順も決まりました。 先頭でゴール板を駆け抜けるのはどの優駿か。 今回のテーマは 外国人ジョッキー対日本人ジョッキー この10年間、......続きを読む»

阿部慎之助、来シーズンはホームラン王を狙おう!

ジャイアンツ阿部選手の1塁コンバートが正式?に発表されました。 驚きましたね。 何が驚いたと言ってこの時期に発表するというのが一番の驚きで、ちょっと深読みしてしまいました。 多くの方が思ったのは小林正捕手で大丈夫か?という事でしょう。 補強の目途が立っているのではという見方は当然成りたつ訳で、嶋、炭谷などの獲得が確実なのかって思ってしまう訳です。 でもこの二人はそもそもFA宣言するかどうかもわかりま......続きを読む»

大相撲九州場所・今度こそ三役陣は踏ん張れるか

123勝151敗41休 この数字は何か見当がつきますでしょうか。 実は今年初場所から秋場所までの小結、関脇トータルの勝敗なんです。 勝ち越したのは延べ8人。 その内豪栄道が4回、栃煌山が3回、大関から陥落した琴欧州が1回なのでいかに他の力士が壁にぶち当たったかがわかります。 特に小結はひどく平成23年初場所までさかのぼっても、現横綱の鶴竜に豊ノ島、妙義龍、前述の栃煌山しか勝ち越しておらず、ほとんどの......続きを読む»

フィギュアGPシリーズ・スケートアメリカ:貫禄ついた町田、大人っぽくなったラジオノワ

ソチオリンピックが遠い昔の事に思えてしまいますが、皆さんはいかがでしょう。 今年も2014-2015GPシリーズが始まりました。 最大目標の世界選手権は5カ月先ですので、見る方はまだ何となく肩を凝らせずに見る事が出来ます。 今大会何といっても注目の町田選手のフリー、ベートーベン第9ですが冒頭20秒間動かないのは驚きました。 今シーズンからコールされてから演技開始までの猶予が30秒短縮されたので、2......続きを読む»

秋季高校野球大会ザッピング・ちょっと近畿が・・・驚きの

秋季高校野球地区大会ザッピング。 ベスト4が決まった近畿大会がちょっとえらいことになっています。 立命館宇治(京都2位) 奈良大付属(奈良2位) 龍谷大平安(京都1位) 天理   (奈良1位) 何と京都2校、奈良2校という事になりました。 ここに至るまでに、何と何と!兵庫勢3校が全て初戦で姿を消すという波乱。 昭和57年第54回大会以来33年ぶりに地元兵庫県からの出場校がゼロになりそうです。 あ......続きを読む»

菊花賞:ストーリーから組み立てる的中への道

前々日売りでトーホウジャッカルが断然1番人気。 大口投票があったようですが、現在でも1番人気を維持しています。 何だか波乱含みの菊花賞。 明日ゲートが開きます。 今回のテーマは・・・。 既存勢力対上がり馬 菊花賞は3000mの距離を走る特殊なレース。 淀の坂を2回上り下りしなければなりません。 上がり馬と書きましたが、今まで適距離レースがなかっただけかもしれません。 そういった馬が勝ってしまうこ......続きを読む»

フィギュアスケートGPシリーズ・スケートアメリカ:男女シングル出場選手世界ランクと見どころ

いよいよフィギュアスケートが本格的にシーズンイン。 グランプリシリーズが今年も始まります。 全6戦を行い上位6名がファイナルの出場権を得ます。 初戦スケートアメリカの男女シングル出場予定選手は以下の通りです。 ○男子 ナム・グエン       カナダ    世界ランク37位 シャフィク・ベセキエ   フランス   世界ランク30位 オレクシイ・ビチェンコ  イスラエル  世界ランク41位 町田 樹......続きを読む»

山中慎介、スリヤンの突進に序盤苦戦するも見事対応して7度目の防衛

プロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ。 山中慎介7度目の防衛戦、具志堅の持つ6連続KO防衛に並ぶ期待もかかります。 試合前盛んにロープに手をやりながら屈伸を繰り返す山中選手の表情にいつになく緊張の色が見てとれました。 脳裏をよぎった不安がいきなり1Rに的中してしまいます。 試合が始まるやスリヤンが前に出てきて右を伸ばすとこれが山中の顔面にヒット。 手応えを感じたスリヤンは身体をひねりなが......続きを読む»

秋季高校野球大会四国大会・高知勢3年ぶりに3強出場

秋季高校野球大会、すでに優勝校が決まっている地区もありますが、最後に四国大会の組合せが決まりました。 何回か書かせていただいてますが、四国のチームは昔から好きでずっと応援しています。 小学校の時、太田投手率いる三沢との延長再試合の熱戦を繰り広げた松山商の戦いぶりが忘れられません。 当時は圧倒的に三沢を応援する人が多かったですが、サヨナラのピンチを何度も切り抜ける松山商のすごい守りが強く印象に残りまし......続きを読む»

オリックス金子投手がFA宣言する理由が見当たらない

日本シリーズの対戦チームが決まり、いよいよ今年のプロ野球も大詰めです。 我がジャイアンツはタイガースに敗れ早々にシーズンを終えてしまいましたが、来年に向けてのチーム作りが本格的に動き出そうとしています。 まずはドラフト会議ですが、ここにきてジャイアンツが智弁学園の岡本選手を指名するという声があがってきました。 レギュラー陣に衰えが見えてきたジャイアンツ。 補強ポイントはほとんどすべてと言ってよい状況......続きを読む»

各地区秋季高校野球大会をザッピングする

いよいよ各地区で秋季高校野球大会が始まりました。 来年のセンバツの重要な資料になる秋季大会。 今日は地区を特定せず、今秋投稿していない地区の出場校をまとめて書かせていただこうと思います。 また既に開催されている地区については、注目の(個人的に)対戦結果と感想を少し記させていただきます。 北海道・東北地区は北海道で東海大四が既に優勝を決めています。 今夏、選手権で超スローボール西嶋投手を擁して話題を......続きを読む»

ガス欠状態だったジャイアンツ・今年はリーグ制覇で十分満足

あっけなくジャイアンツの2014年シーズンが終わりました。 もしかしたら心の奥底でこの結果を覚悟していたかもしれません。 しかしジャイアンツファンの風上にも置けねえ奴だと自己否定しながら応援を続けていました。 誰も負けるつもりで試合なんかしてません。 原監督も、コーチ陣も、もちろん選手達は勝利を得るために歯を食いしばって頑張りました。 しかし、もうジャイアンツにはその力は残っていませんでした。 リー......続きを読む»

解任騒動が和田監督を勝負師に変身させた

シーズン終盤の不振でファンの反感を買い、和田監督の解任騒ぎまで発展したタイガース。 そのタイガースがついに日本シリーズ進出に王手をかけました。 ジャイアンツまさかの1勝3敗。 といっても1勝はアドバンテージなので3敗・・・というのが実情です。 勢いは完全にタイガース。 それだけではありません。 選手個々の勝利への執念がジャイアンツよりタイガースの方が上回っているようです。 今日の杉内はそれでも気迫を......続きを読む»

秋華賞:ストーリーから組み立てる的中への道

秋のGⅠ第2弾秋華賞。 いよいよ今週から3週連続、1週おいて年末有馬記念まで毎週GⅠが行われます。 スプリンターズステークスでの13番人気スノードラゴンの優勝は、今秋のGⅠは荒れるという暗示なのでしょうか。 さて秋華賞。 ハープスターがいない中、圧倒的人気が予想されるヌーヴォレコルトがそれに応えるのか。 春、打倒ハープスターの一番手とされたレッドリヴェールの巻き返しがあるのか。 伏兵陣の出番は? ......続きを読む»

フィールドに戻ってきた上本の姿にジャイアンツファンはどれだけ救われたことか

正直今でも信じられないんですよね。 上本が歩いてベンチに下がった時もそうですが、そのまま走者として戻ってきた時の光景。 普通なら大事を取って速攻病院で検査でしょう。 それほど衝撃的な危険球デッドボールでした。 とにかく、テレビ見ていて、担架が来たのにすぐ戻った時、これはただ事ではないと思ったんですよね。 有無を言わさず救急車手配! そう思いました。 微動だにしない上本。 周りの雰囲気。 いや、マジ最......続きを読む»

ファイナル初戦・ボウカーになれなかったセペダ

ペナントと違い最少得点を争う事が多いポストシーズン。 ファーストステージでもタイガース、カープ合わせて21イニングで1点だけ。 この傾向は貧打に泣いた今シーズンのジャイアンツには逆に普段着野球で大丈夫・・・ってか? 冗談はさておき、独特の雰囲気で行われるポストシーズンでは実際になかなか点が取れません。 そんな中、内海がいきなり3点をタイガースに与えてしまう背信行為。 ここで勝たねばいつ勝つの、今でし......続きを読む»

高橋大輔の浅田に関する発言を読んで、浅田の気持ちは引退に向いてると感じた

ついに高橋選手が競技生活にピリオドを打つ決意を発表しました。 多くの試練を乗り越えながら、日本にフィギュア人気をもたらした功績は大きく、心から御苦労さまでしたという気持ちです。 そんな中、高橋氏が残したコメントに以下のような物がありました。 浅田選手にはゆっくり考えて、それこそ僕なんかより決断するのはずっと大変だと思うので、周りのことを気にせずに、自分の気持ちに正直に。彼女も本当に小さい時......続きを読む»

秋季高校野球・北信越大会:敦賀気比、日本文理、星稜は県2位通過

来年のセンバツ選考の重要資料となる秋季大会。 今日は夏選手権、旋風を巻き起こした北信越です。 今年の夏、北信越勢の活躍は記憶に新しいところです。 最後は目に見えない壁に阻まれましたが、敦賀気比、日本文理の2校がベスト4に進出しました。 北信越勢5校の夏の成績は13勝5敗。 3回戦の日本文理対富山商は大会屈指の好ゲームでハイレベルな戦いでした。 その北信越勢の秋季大会出場校は以下の通りです。 新潟①......続きを読む»

毎日王冠:ストーリーから組み立てる的中への道

台風の進路が気になります。 日曜日の府中はぎりぎり開催可能に思えますが、月曜日淀の京都大賞典はおそらく無理でしょう。 毎日王冠は数あるGⅡ、GⅢの中で最も好きなレースです。 忘れられない二つのレース。 オグリキャップ2度目の優勝時、ゴール前イナリワン、メジロアルダン、ウィンドミルとの激闘。 サイレンスズズカがエルコンドルパサー、グラスワンダーに影をも踏ませなかったレース。 時期的にも強豪が出走するこ......続きを読む»

秋季高校野球東海大会組合せ決まる(三重高校は出ていないけど)

センバツの重要な資料となる秋季大会。 東海大会の組み合わせが決まりました。 夏の選手権準優勝の三重高校は残念ながら県大会準々決勝で三重海星に敗れ昨秋、今春に続く3季連続優勝の目が断たれました。 と同時に、来年春ゼンバツ出場も事実上なくなりました。 その三重海星は三重2位。 昔、長崎海星と三重海星が同時に甲子園に出場していた頃を思い出します。 県別で見ますと、 愛知① 誉 ②愛工大明電③豊橋工 ......続きを読む»

セリーグ上位3球団エース登板日勝敗比較からペナントレースを考える

ペナントレースが終わりました。 心は既にポストシーズンですが、大混戦となった今年。 最後はジャイアンツが抜け出して優勝の栄冠に輝きました。 何がその差を生んだのか。 もちろん様々な理由があって、それらが複合的に重なってジャイアンツが少し上にいったという事なんでしょうが、今日は一つの見方として上位3球団のエース登板日の勝敗比較をしてみます。 エースは誰かというのは少し異論もあるかと思いますが、ここは奇......続きを読む»

今年のCSファーストステージは初戦の勝利が絶対条件!

昨日のカープ対ジャイアンツ戦で今季のリーグ順位が確定し、いよいよ今週末からCSファーストステージが始まります。 今日日程を見ていて、愕然とした事がありました。 もう気づいておられる方も多いと思いますが、その期間台風19号が最接近している可能性が高いことです。 11日(土)~13日(月)にセ・パ双方開催される訳ですが、セリーグは屋根なしの甲子園です。 今の予報のままだと11日は何とか試合が出来そうです......続きを読む»

カープの、そしてタイガースファンの(一部)思いが砕けたジャイアンツの勝利

多くの人の様々な思いが交錯するカープ対ジャイアンツ最終戦が終わりました。 ジャイアンツは予想通りベストメンバーを組み、勝利を得るために全力でカープの夢を砕きにいきました。 宮國についても立ち上がりが悪ければ容赦なく交代させられたでしょう。 しかし、カープ打線は緩急自在の投球をする宮國を打ち崩せませんでした。 ジャイアンツサイドから見れば、宮國の好投は大きな収穫です。 原監督も宮國のピッチングを本物と......続きを読む»

F1日本GP、ビアンキの事故は防げたのか?

台風接近による悪コンディションの中、それでも見どころは随所にありました。 レース前にはいよいよホンダの復帰が正式発表され、ドライバーズPもメルセデスの二人による熾烈な争いが話題になり、可夢偉も帰ってきました。 何より鈴鹿はモータースポーツに理解が深い街。 盛り上げ方も楽しみ方もおそらく世界トップクラスでしょう。 レースも雨の中、オーバーテイクあり、ピットストップの駆け引きあり、タイヤの選択などドライ......続きを読む»

秋季高校野球大会・近畿出場校決まる

来年のセンバツ高校野球の重要な資料になる各地区秋季大会が近付いてきました。 来週あたりでほとんどの地区で出場校が決まりますが、今日は近畿勢について記させていただきます。 近畿勢は近年大阪勢を別格として全体的に不振でしたが、今年のセンバツは復活の気配を見せてくれました。 しかし、夏は昨年までの傾向に逆戻りしてしまいましたが、大阪桐蔭の全国制覇で不振は影に隠れてしまいました。 果たして新チームの近畿勢の......続きを読む»

私的、凱旋門賞の見方

いよいよあと数時間で凱旋門賞です。 日本から優駿3頭が挑戦しますがそれぞれに期待が持てる陣容です。 ジャスタウェイは世界ランク1位。 ゴールドシップはロンシャン向き。 そして何といってもハープスターは3歳牝馬の恵量。 一昨年のオルフェーブルのゴール前・・・。 凱旋門賞馬の栄誉に最も近づいた瞬間でした。 テレビの前でオルフェーブルの勝利を確信し歓声をあげ、ソレミアに差されたゴールで歓声は落胆に変わりま......続きを読む»

スプリンターズステークス:ストーリーから組み立てる的中への道

待ちに待った秋のGⅠがいよいよ始まります。 まず最初はその名の通りスプリンターNO1決定戦スプリンターズステークスです。 年度代表馬にも輝いたロードカナロアが引退し、時代は再び群雄割拠に戻るのか、それとも絶対的後継馬が名乗り出るのか。 その結果がまもなく明らかになります。 ロードカナロアを継ぐ者(馬) お題はやはりこうなるでしょう。 春短距離王はDrコパ旋風の勢いに乗ってコパノリチャードが制しま......続きを読む»

ジャイアンツ戦力外通告選手通算成績(新たな出発)

戦力外通告。 両リーグ優勝が決まり、いよいよポストシーズンという華やかな表舞台。 その反面、今年もこの非情な呼び方の通知を受ける選手が明らかになる季節がやってきました。 覚悟を決めていた選手。 寝耳に水だった選手。 人生いろいろですが、他球団に場を求めて行動する者、異業種に新たな活躍の場を求める者。 それぞれが新しい人生のスタートラインにつく大切な日となるように祈ってやみません。 ジャイアンツでも......続きを読む»

ジャイアンツ、リーグ最終戦で何ゆえカープとタイガースの行方を握る・・・

何なんでしょう。 優勝を決定づけた9連戦後にも6連戦があって、10月は1日から最終戦まで5連戦。 あまり間隔が空きすぎるのもしらけてしまいますが、ここまで過密なのは驚いてしまいます。 勝つに越したことはないんですが、ここはCSへの調整が第一、次に若手選手のアピールの場が第二って感じでしょうか。 まあ、それはそれで良いとしても、最終戦対カープの一戦がえらいことになってしまいました。 ジャイアンツがモ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2167
  • 累計のページビュー:13532999

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss