スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

卓球

世界のどこより早く大舞台を経験した日本卓球陣ティーンエージャー

世界卓球2017が終わりました。 進境著しくかつての強さを取り戻しつつある日本卓球陣。 今回混合ダブルスで石川・吉村組が金メダル。 男子ダブルスで森薗・大島組が銀、丹羽・吉村組が銅。 女子ダブルスが伊藤・早田の16歳コンビが銅メダル。 女子シングルスでハリケーン平野が銅メダル。 その他にも男子シングルスで史上最年少13歳で張本少年が堂々のベスト8。 東京オリンピックに向けては正に視界良好と言って差し......続きを読む»

アジア選手権・平野美宇快挙!優勝した意義はとてつもなく大きい

驚くべきニュースが飛び込んできました。 正確には毎日積み重なって偉業まで駆け上がってしまったという感じでしょうか。 平野美宇選手。 卓球アジア選手権で中国選手の1位、2位、5位を完全アウェーの中国で次々と撃破。 優勝という最高の結果を得ることが出来ました。 センターに日の丸、両サイドに3枚の五星紅旗の映像は見ていて超気持ちイイ~って感じです。 ジャンルは全く異なりますが、かつてNHK杯で羽生善治現三......続きを読む»

世界卓球・伊藤選手の戦いぶりには驚嘆するばかり

世界卓球団体戦はグループリーグが終わり日本はB組首位で決勝トーナメント進出を決めました。福原、石川、伊藤を中心に組まれた日本ですが、15歳にして大物感漂う伊藤選手の戦いぶりには連日感心するばかりです。 最強日本と謳われる今回、ここまで女子は1試合も失うことなくグループリーグ最終戦ドイツ戦に臨みましたが、残念ながら敗れてしまいました。 必ずしもベストの布陣ではないドイツでしたが、石川、福原が共にゾル......続きを読む»

【世界卓球雑感】日本は前進しているのか後退しているのか?

世界卓球が終わった。 まず日本選手の成績を以下に列記する。 〇男子シングルス 松平健ベスト8、岸川・丹羽4回戦敗退、張3回戦敗退、高木和2回戦敗退、水谷1回戦敗退 〇女子シングルス 石川・平野・藤井・松平3回戦敗退、森薗2回戦敗退、福原・松澤1回戦敗退  〇男子ダブルス 岸川聖也・水谷隼組銅メダル、張・松平賢組ベスト8、丹羽・松平健組3回戦敗退 〇女子ダブルス 福原・平野組、藤井・......続きを読む»

今年も世界卓球が始まる

ロンドンオリンピックで悲願の銀メダルを獲得した女子団体。 今年の世界選手権は個人戦とダブルスの開催だが、 ロンドンの勢いを持続、いや加速させる事が出来るかどうか重要な大会だ。 団体には団体独特の良さがあるが、あくまで卓球は個人と個人の戦いだ。 男子も女子もまずはベスト4に残る事が当面の目標だが、 団体ではメダルに届く日本も個人戦となると、とにかく中国の壁があまりにも高い。 しかし着実......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13534776

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss