スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第5戦スペインGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

アロンソのインディプラクティスの話題が尽きない中、彼の地元スペインで開催された第5戦。 今週はマクラーレン・ホンダにとってジェットコースターのような展開でした。 まずは金曜日、いきなり飛び込んできたアロンソのエンジンに大きな穴があいて全く走れないという衝撃のニュース。 ホンダが何か悪いことした?って、神に問いたくなるほど試練の連続。 目の前が真っ暗になりましたが、今度は嬉しい方の信じられないニュースが。 信じられないと書かなければならないのが辛いですが、何と今年初のQ3進出と7番グリッド獲得の知らせ。 何しろ立てつづけに起きるエンジンブローの悪夢を聞いて間がなかっただけに、歓喜するのにひとテンポ遅れてしまいました。 エリック・ブーリエもホンダの有効なアップデートを称えるコメントを出しました。 何といってもアロンソが地元で今季最高のパフォーマンスを見せることにつながったのは彼を来季もマクラーレンに留める意味において少なからず意味があったと考えます。

出来れば決勝でも7番の位置をキープして初ポイントといきたいところでしたが、残念ながら結果は12位。 アロンソ今季初の完走こそ成ったものの、ポイント獲得には至りませんでした。 スタートしてすぐにライコネンとフェルスタッペンの接触があり(結局リタイア)アロンソとしては少々無理をしてでも順位を上げようとしたと思われますが、勝負は裏目に出てマッサとの接触により11番手まで順位を落してしまいました。 アロンソ自身もオーバーテイクが難しいサーキットと語っていたように懸命の走りを見せるも最終的に12位という結果。 相変わらずホンダパワーユニットへの厳しい要求が彼から発せられますが、ホンダとしては何とか彼を満足させるべく開発を急いで欲しいです。 上位進出を果たすためには避けて通れません。 しかしホンダ総責任者の長谷川氏は第7戦カナダGPで投入するとしていた大幅なアップデートについては未定としました。 出すからには結果を出さなければなりませんので、中途半端な状態で出せるはずもありませんが、少しでも早く競争力のあるエンジンを投入してトップ6の中に突入出来るパフォーマンスを見せて欲しいです。

かつてF1に復帰したホンダはウィリアムズにエンジンを供給。 復帰翌年のカナダGPで新エンジン投入により戦闘力を向上させ、シーズン最後の3戦を優勝して翌年のコンストラクターズタイトルにつなげ黄金時代を迎えました。 シーズンは長いです。 一部報道でまたもマクラーレンが今季限りでホンダと決別とありましたが、ホンダはザウバーにもパワーユニット提供を決め長谷川氏から複数のチームに供給するメリットが話されたばかり。 マクラーレンにも当然ザウバーの件は事前に了解を取り付けていると思われ、その上での長谷川氏のコメントなので、来季もマクラーレン・ホンダは継続されるでしょう。 今はとにかくホンダの復活を信じるだけです。 とりあえずは次のモナコですが、当然のことながら高速サーキットではないのでチャンスはあります。 アロンソにはインディでリフレッシュしてもらって、モナコではジェイソン・バトンの走りに注目したいです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:
ウィリアムズ・ホンダ
パワーユニット
モナコGP
スペインGP
インディ500
エリック・ブーリエ
ザウバー・ホンダ
フェルナンド・アロンソ
マクラーレン・ホンダ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

シモン・パジェノーの初優勝はブリックヤードへと繋がっている:2017インディカー・シリーズ第4戦 フェニックスGP【under green flag 2】

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第4戦ロシアGP【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ジョセフ・ニューガーデンは三度魔法を使う:2017インディカー・シリーズ第3戦 アラバマGP【under green flag 2】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13314480

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss