スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!

世界フィギュアで最高の演技が出来る羽生の強さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンピックシーズン前年の大事な大事なシーズン。 その最後を飾る世界フィギュアが終わりました。 いやあ、羽生選手、凄かったですね。 SPはまさかの5位でしたが、4大陸でフリーの鬼のような演技を見ているので、そこはちゃんと上げてくるとは思っていましたが、何しろここ数年安定感抜群のハビエルがPB出してトップだったので正直、また2位かもと心配していました。 でも相変わらず目の前の高い壁を超えていくんですね彼は。 世界フィギュアのフリーで年1の演技が出来る。 メンタルの強さを改めて世界中に知らしめましたね。 何度も何度もノーカットでVTRが放送されていますが何度見てもほれぼれします。 信じられない演技。 全くミスがありません。 ジャンプのGOEが全て2点台中盤から後半。 吸いつくような着地、微動だにしない姿勢。 演技が終わった時、今までは大きく肩で息をしていたのに、ほとんど呼吸も乱れていない。 確実にスタミナも強化されていることがわかります。

全ての歯車が狂ってしまった3年前の悪夢。 ハンイエン選手との衝突。 狂ったなりに常に最大限の成果を出してきたところが羽生の羽生たるところですが、結果として遠回りしながらもオリンピックプレシーズンの世界フィギュアという大舞台で絶対王者は定位置に戻ってくることが出来ました。 どこかの海外メディアが王の帰還と謳っていたようですがまさしくですね。

4大陸で羽生に勝ったネイサン・チェンは不調でした。 本人もフィギュアスケートの難しさを改めて感じたことでしょう。 逆に4大陸不調のボーヤン・ジンが盛り返して3位。 ネイサンは全米でアピールする必要があったので、既に今年はピークを過ぎていたのかもしれませんね。 昨年は羽生が結果的にGPファイナルでピークを迎えてしまい、世界フィギュア前に足に不安を抱えてしまったことが思い出されます。 コンディションを維持するというのは難しいです。 1年の中でもこれですから、2年3年と好調を続けることがいかに難しいか。 過去にも2年好調が続かない選手の例をあげれば枚挙に暇がありません。 ボーヤン・ジンと共に4回転の申し子といわれた二人が来季どんな状態に仕上げてくるのか。 メダルの行方を大きく左右するだけに注目です。

上位の選手ではベテラン、パトリック・チャンのほれぼれする美しい演技が印象的でした。 ジャンプをミスなく跳べるか跳べないかで順位に大きな影響を与える昨今。 パトリックの観衆を魅了するスケーティングは全く衰えを感じさせませんし、ジャンプ全盛時代にあって、彼のような選手がメダル争いに絡んでくる意味は大きいと思います。 そう考えると、技術と芸術双方をハイレベルで兼ね備えている羽生選手は今回の優勝でピョンチャンに向けて頭一つ抜け出たと言えるでしょう。 羽生を脅かす存在と言えばやっぱり宇野選手だったですね。 今回SPとフリー両方安定していたのは宇野だけだったということになります。 羽生が超絶演技を披露したので2位に甘んじましたが、彼もまた技術と芸術を羽生とは違ったアプローチで高い次元で両立させています。 羽生が国内大会はやりたくないと冗談交じりに話していましたが、本音の部分も多かったのではないでしょうか。

ピョンチャンではミスをしない者が金メダルを取る。 ミスをしたら脱落。 しかし誰もミスをしなかったとしたら、間違いなく羽生結弦が優勝です。 羽生がピョンチャン本番でSPもフリーもノーミスで逃げ切ってしまうのでは・・・ 他陣営にその意識を植え付けただけでも世界フィギュアの優勝は羽生にとってとてつもなく大きかったと言えるのです。 あっという間に今シーズンも終わりました。 いよいよオリンピックシーズン。 怪我をしないでベストコンディションで迎えて欲しいです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
トリプルアクセル
4回転サルコウ
ボーヤン・ジン
ネイサン・チェン
パトリック・チャン
ハビエル・フェルナンデス
宇野昌磨
羽生結弦
世界フィギュア

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

世界フィギュアで最高の演技が出来る羽生の強さ

スケートファン様 コメントいただきありがとうございます。

そうですそうです。
ソチは羽生が失敗してチャンも失敗して、解説の本田氏が的確なジャッジで
羽生若干有利と話して、その通りになって喚起したのが思い出されます。

オリンピックプレシーズン、台頭する若手と迎え撃つトップ選手の
火花を散らす競演は見応えがありましたね。
特に今年は4大陸圏の選手にトップがひしめいているので、
ハビエルにとってはワールドで初めてと言っていい程の激しい争いになったのは
環境的には気の毒だったかもしれません。
それぞれの選手が五輪に向けて収穫と課題を見つけることが出来た大会だったと思います。
あとはスケートファン様が書いておられるように、選手たちが故障せずに
オリンピックシーズンを迎えられることを祈るばかりです。

世界フィギュアで最高の演技が出来る羽生の強さ

totoron様 コメントいただきありがとうございます!

ハビエル・フェルナンデスと言えば4~5年前まではコミカルなエキシビションの
印象ばかりが残っていたんですが、最近は羽生以上に安定して4回転を跳び、
連続で世界フィギュアを制する選手になったのは感慨深い物があります。
顔つきも髭を蓄え精悍になりましたしね。
ひ弱な感じはなくなりたくましさを感じます。
今回は信じられない崩れでしたが、当然ピョンチャンでは表彰台候補ですね。
それにしてもチームブライアンはすごいです。

世界フィギュアで最高の演技が出来る羽生の強さ

今回の世界選手権の男子シングルほど、各選手のレベルの高さ+最高のパフォーマンスを本番で披露、
の醍醐味を満喫させてくれる試合はあまりなかったと思いました。
時差の関係で男子シングルは日本でも地上波ライブでリアルタイムで観られたので、現地に行ってなくても手に汗握る展開を目の当たりにできて幸せでした。

ソチの男子シングルでは、フリーで各選手のミスが続きましたね。SP唯一100点越え一位の羽生選手がフリーでは先に滑ってミスを連発し、金メダルは逃したとほぼ確信したのに、あとに続く選手のミスで逃げ切りの金メダル。ノーミスで滑ったテン選手が第3グループからの台乗りを果たし、一方でフェルナンデス選手は台に乗れませんでした。金メダルを取った羽生選手にしても「悔しい」を連発していました。

昨年ボストンの世界選手権では、ノーミスで圧巻のフリー演技をしたフェルナンデス選手の逆転大勝利。

今回ヘルシンキの男子フリーでは、再び、今度は羽生選手が10点差をひっくり返しての逆転金メダル。「…たら?」「…れば?」は当然ありますが、羽生選手の今年のフリーについては、世界中の誰もが称賛を惜しまない王者の滑りであったことは間違いないですね。

SP100,FS200,トータル300超えは、ソチのころには想像もできませんでしたが、今シーズンでは突然、当たり前のようになってしまいました。来シーズン、平昌ではどんなドラマが展開されるのでしょうか。平昌までは残りわずか10か月、選手はコーチのみなさんにとってはすでに次のシーズンが始まっていると思います。怪我だけはしないように注意して、充実の1年間を過ごしてほしいです。

「世界フィギュアで最高の演技が出来る羽生の強さ」へのコメント

更新楽しみにしております。
非常に見応えのある男子シングルでしたね。最終グループの面々の4回転の精度には驚かされました。簡単に、まるで3回転ジャンプのようにスムースに美しいジャンプを披露してくれましたね。
ジャンプ技術の進化を感じさせてくれました。
フェルナンデスの4回転が個人的に大好物です。空中姿勢と着氷がバシッと決まっててカッコいい(笑)
個人的には彼のリベンジにも期待したいですね!

こんな記事も読みたい

エフゲニー・プルシェンコ引退に寄せて【専らフィギュアスケート】

カーリング男子世界選手権2017が開幕! 日本代表のピョンチャン五輪出場の可能性は…!?【0 to zeroのhorizon】

オリンピックの枠を獲っただけでメダルを獲った訳ではないので。(世界フィギュア)【観戦のすゝめ】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:7588
  • 累計のページビュー:12536899

(04月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss