スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

F1オーストラリアGP・マクラーレン・ホンダ半歩前進と思いたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレシーズンテストの散々な出来で様々な波紋を各方面に投げかけることになったマクラーレン・ホンダ。 カーグラフィックTVのダイジェスト版だけで放映されていたウィリアムズ時代からホンダを応援し続けていますが、これほど重苦しい気持ちになった事はありません。 オーストラリアグランプリが終わりました。 順位は

優勝 セバスチャン・ベッテル   フェラーリ 2位 ルイス・ハミルトン     メルセデス 3位 バルテリ・ボッタス     メルセデス 4位 キミ・ライコネン      フェラーリ 5位 マックス・フェルスタッペン レッドブル 6位 フェリペ・マッサ      ウィリアムズ 7位 セルジオ・ペレス      フォースインディア 8位 カルロス・サインツ     トロロッソ 9位 ダニール・クビアト     トロロッソ 10位エステバン・オコン     フォースインディア 11位ニコ・ヒュルケンベルグ   ルノースポール 12位アントニオ・ジョビナッティ ザウバー 13位ストフェル・バンドーン   マクラーレンホンダ リタイア7台でハースのみ2台リタイア。 アロンソはポイント圏内を走行していましたが54周で無念のリタイアとなりました。

次にプレシーズンテスト8日間でのチーム別周回数順位を記します。 1位 メルセデス      1096周 2位 フェラーリ       956周 3位 ウィリアムズ      800周 4位 ザウバー        788周 5位 フォースインディア   785周 6位 ハース         715周 7位 レッドブル       684周 8位 ルノースポール     597周 9位 トロロッソ       584周 10位マクラーレンホンダ   425周

周回を重ねたから、その結果が必ずしもレースに直結するとは限らないですが、もちろん直結するチームもある訳で、良い流れでシーズンに突入出来たのがフェラーリとメルセデス、それにフォースインディアも2台ポイントゲットなので順調と言ってよいでしょう。 テストから良い方に流れたのがトロロッソで周回数9位から本戦では8位、9位と十分前向きになれる成績。 悪い方に流れたのはハースで2台ともリタイアしてしまいました。 で、残念ながら悪い結果がそのまま直結したのがルノーとマクラーレンということになるのでしょうか。 それでもバンドーンは最後まで走り切り、アロンソもさすがの走りを見せてくれました。 多くの問題が発生したテストから僅か2週間。 2台とも完走目前まで走ることが出来たのは事実。 アロンソリタイアの原因はサスペンションのトラブルということで、少なくともパワーユニットそのものが原因ではないことで安堵している自分がいるのもつらいですが、テストでの惨状を考えると多少は前向きになれる結果なのかと思いたいです。 アロンソは当然ながら厳しい見方をしていますが、彼がプレシーズンテスト終了後に語った「シーズンは長い。逆襲する時間はある」という言葉をよりどころに、応援し続けたいと思う今日この頃、次の中国上海GPはすぐにやってきます。

     



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:
マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーン
フェルナンド・アロンソ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

マクラーレン・ホンダいまだ浮上せず・F1バルセロナテスト終わる【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

2017年F1マクラーレン・ホンダ早くも正念場迎える【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

2016年レビュー 世界のスポーツを振り返る:モータースポーツ【スポーツマーケティングレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:163
  • 累計のページビュー:13556762

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss