スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

【WBC】記憶に残る侍ジャパン・選手達のWBCロスが心配

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一奪還を目指した侍ジャパン。 惜しくも本気の米国に惜敗。 2大会連続のベスト4という結果。 選手達は何が何でも優勝したかったでしょう。 それがアスリートの本能です。 フィギュア世界ジュニアの本田選手が200点超えで最高の笑顔を見せたその後にザギトワに抜かれ涙したシーンは、かつて世界選手権で浅田が会心の演技で満面の笑みを見せたすぐ後に安藤選手に逆転され悔し涙を流したシーンを彷彿とさせました。 リオ五輪での吉田の号泣も記憶に新しいです。 かようにアスリートはてっぺんを目指すのです。 今回のジャパンがここまでの感動を我々に与えてくれると大会前に予想した人は少なかったと思います。 試合ごとに団結力が増していくのが手に取るようにわかる。 投手陣もそれぞれが個性を発揮しながらチームの為に全力を尽くすその姿は野球の面白さを再認識させてくれるに十分でした。 今はただお疲れ様と言うだけです。 ベスト4でおめでとうなんて言葉は選手達には受け入れられるものではないでしょう。 空港でジャパンを迎えたファンが比較的静かだったのも何と声をかけたら良いかわからなかったのではないでしょうか。 しかし侍ジャパンの戦いぶりは間違いなく我々の記憶に残る。 それは間違いありません。

さてペナント開幕が迫って来ました。 過去にも言われたペナント前にWBCに参加することの是非。 米国などは公式戦に万全の体調で臨むため過去の大会では参加しない選手が続出しました。 日本でも公式戦前のWBCに否定的な野球ファンは今でも少なからずいると思います。 いやいやファンだけでなく野球界に身を置く人の中にも・・・。 実際のところどうなのか・・・。 これだけの戦いを繰り広げてきた選手達。 得る者は多かったと思います。 個々の選手の財産にもなったことでしょう。 しかしやっぱり心配は心配。 理由は? 例年と違って早めに身体を作ったことによるピーキングのずれ。 WBCで目一杯頑張ったことによる疲れ? 無理をしての故障? いや、それよりも心配なのは選手達のWBCロスです。 野球ファンのWBCロス? それはもうどうでもよろしい~。

これだけの激闘。 祭りの後の寂しさ。 張りつめていた気持ちは確実に緩んでしまいます。 一度切れた気持ちを短期間で再びモチベーションを上げることはほんと難しい。 切れた気持ちでプレイした時に(練習も含む)得てして故障してしまうものです。 誰もが言い状態でシーズンに入りたい。 スタートで波に乗れるかどうか。 短期間の間に身体的にも精神的にもリフレッシュした上で再びモチベーションを上げる。 個人にとってもチームにとっても大切な大切な時期なんですね。 WBCの選手達は当然所属チームで主力の選手ばかり。 ペナントでも活躍することを願う今日この頃です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
ワールド・ベースボール・クラシック

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【WBC】記憶に残る侍ジャパン・選手達のWBCロスが心配

boukendanji様 コメントいただきありがとうございます。

本気の米国チームというのはチーム構成ではなく、
(それでも過去に比べて良いメンバーですけども)
優勝を狙っての戦い方が本気という意味の方が深いです。
もちろんワールドシリーズが最大の目標なのは間違いないでしょうが
彼等がWBC優勝に向けて全力で戦ったのもまた事実でしょう。
私は実は前回までWBCを否定してまして、スポナビではないですが、
以前投稿していた場所でWBCを否定する投稿をした時にいただいたコメントが
「あなたのような考えが日本の野球の進化を妨げている・・・」的な物だったんですが、
何だか感慨深いものがあります。

【WBC】記憶に残る侍ジャパン・選手達のWBCロスが心配

本気の米国チームに負けた。本気でそう考えてるなら永久に日本チームは米国チームに勝てませんね。米国はベストメンバーではないし、本気でもない。彼らにとって世界一はワールドシリーズです。WBCは眼中にないけれど、あまりに日本やその他の国が世界一決戦だとはしゃぐので、世界一は米国だと今回はチョット力を見せただけ。
投手、打者、守備力、肩の強さ、走塁どれをとっても日米野球の差は歴然としているのが現実です。、

こんな記事も読みたい

荻野と伊志嶺によるトップバッター争い【千葉からスポーツを語る】

観戦記0322 ハマスタよ。今年もありがとう@OP戦ハマスタ【これからの「鷲」の話をしよう】

3月23日(木)対ファイターズ@東京ドーム【首都圏5球場巨人戦観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13436244

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss