スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

井上尚弥は我が道を進む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロマゴンが負けた!? 驚きの結果が舞いこんできました。 世紀のマッチを熱望していた井上も目の前で起こった出来事に整理がつかないでしょう。 最初ロマゴンに土をつけるのは自分だと思っていたはずですから一時的にモチベーションが低下するのは致し方ないです。 とは言っても依然としてロマゴンに勝つことは値打ちがあるので、実現を模索するのは間違いではありません。 絶対王者への道を進む中でロマゴンに勝つ意義はとても大きく金看板と成りえます。 しかしロマゴンが敗れたことで事情が変わりました。 当然ロマゴンは王者返り咲きを優先するので実現するとしても大きく後にずれ込んでしまいます。 そこまで待つ意義を見いだすのかどうかという判断になります。 井上は将来はバンタム転向を考えていると言われてます。 ロマゴンに勝ってバンタム転向が最も望ましいストーリーだったのは間違いありません。 ただ、今の流れではどうもロマゴンに勝つという金看板は掲げなくなりそうです。 こうなったら、これも実現するには大変なハードルがあると思いますが、まずはファン・フランシスコ・エストラーダと勝負付けを済ませて欲しいです。 WBAの無敗王者カリッド・ヤファイと統一戦も実現して欲しいですが、イギリスの王者は全て国内でのファイトを目論んでいるのでこれも実現するには相当のハードルが立ちはだかっているように思います。 山中選手がバンタムで対戦相手に苦労し、どの選手が選ばれても弱い相手と思われてしまうのも様々な利害関係が絡み本当にファンが望む対決が実現しないということなのでしょう。 こうなれば井上は少々の不利は承知で敵地にも乗り込み自身が勝ち続けて最高峰に上り詰め、ロマゴンが他の選手の標的(目標)であったように井上自らが目標となり、挑戦してくる選手をことごとく退ける。 そういった位置に上り詰める。 これが井上尚弥の進む道だと考えます。 それにしてもロマゴンが敗れたのはボクシング計量クラス界を揺るがす出来事でしたね。 まずは井上5度目の防衛戦の相手が誰になるのか。 注目です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
カリッド・ヤファイ
ファン・フランシスコ・エストラーダ
井上尚弥
ローマン・ゴンサレス

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

コーチ役と、関取復帰の夢。頑張れ、大岩戸。【幕下相撲の知られざる世界】

ロマゴン衝撃の陥落 試合を振り返る【横浜スポーツ紀行】

絶対的な真実=PFPは妄想【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

5年間ありがとうございました。
移転先ははてなブログにしました。
向こうでも変わらずスポーツ全般について書いていきます。
お立ち寄りいただければ嬉しい限りです。
  • 昨日のページビュー:23
  • 累計のページビュー:13570736

(01月22日現在)

関連サイト:影無茶のスポーツ24/7

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss