スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

侍ジャパン準決勝進出!野球の面白さを再認識させてくれる戦いぶり

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近こんなに野球が面白いと思った記憶がありません。 個性的な投手陣と、ここぞという時に打つ人が打つ。 当然我がジャイアンツでも心底面白かったと思う試合はありますが、相手は同じ日本の球団。 ジャパンが強い外国勢相手に勝つ嬉しさは格別です。

今日もイスラエルに勝って過去2度の優勝時にもなかった6戦全勝。 前評判は必ずしも芳しくありませんでしたが試合を重ねるごとにチーム力が上がってきたのがわかります。 投手陣が奮闘する中、打つべき人が大事な時に打ち、他の選手もつられるように打ちだして打順にはハイアベレージの打者が連なっています。 投打の歯車が見事に噛み合っての6戦全勝。 楽な試合はひとつもありませんでしたが、チーム一丸の姿が勝利の女神を引き寄せているのでしょう。

今日のイスラエル戦。 先発の千賀は5イニングを1安打ピッチング。 ピンチはありましたがタイムリーを与えず先発の責任を果しました。 WBCの球数制限は先発投手に、より神経を使わせると思います。 2次ラウンドの80球でさえ先発投手にとっては毎回普通に投げてあたりまえの球数。 悪ければ当然短いイニングで制限数に到達して投手交代となりますが、それは当然と言えば当然のこと。 良いピッチングをしていても少し相手打者に粘られるとすぐ球数は増えていきます。 なかなか自分のペースで投げることが難しい。 ペナントでは先発投手は当然完投を目指してマウンドに立ちます。 悪くても7回までは投げ続けたいでしょう。 その後を中継ぎとクローザーに任せる。 最悪でもQSの6回3自責点。

しかしWBCでは球数制限がどうしても脳裏にちらつきます。 その点ブルペン陣は長くて2回、ほぼ1回を抑えることに集中すれば良いので球数をさほど意識せずに済みます。 元々連投に慣れていますし周りのリリーフ陣の好調結果に引っ張られて、良いピッチングが出来る好循環になっています。 みんな相当プレッシャーがかかり疲れもたまっていると思いますが、それぞれの投手が見事に役割を果たしています。 今日のイスラエル戦は投手の頑張りに野手陣が見事に応えました。 筒香のホームランはそれまでの重い流れを一変させました。 (その前にまたも菊池のファインプレーがありましたが) その後の集中打は素晴らしかった。 結果的に8回の追加3点は大きかったですが、流れをジャパンに持ってきたのはあのホームランでしたね。

さていよいよ準決勝。 今日の試合の合間にプエルトリコとドミニカの試合のハイライトが流れてましたが、打つも守るも喜びの表現までもがド迫力。 これにアメリカも加わっての2次ラウンドですので勝ちあがった国はどこも強豪。 1次、2次の各ラウンドで牧田をクローザーに据える大胆な戦術を使ったジャパンですが今日の牧田は少し不安を覗かせました。 あのまま終われば見えてこなかった不安点なので、勝った上に課題も見つけられることが出来て収穫大です。 個人的には、決勝ラウンドでは牧田と宮西をWストッパーとして布陣すれば良いと思います。 リードして最終回を迎えた時に相手打線が(代打も含めて)右が揃っているならば牧田。 左が揃っているならば宮西と使い分けてもいいと思います。 決勝トーナメントでは球数制限は95球になります。 これなら先発は7回まで投げられます。 逆に早い回で交代を余儀なくされた場合は苦しい展開だと考えて間違いありません。 7回まで投げられたということは勝利の可能性も高い状況だと思います。 残る8回、9回の2イニングは投手総力戦です。 ダブルストッパーという贅沢な構想も球数制限緩和により可能となるもです。 1週間の期間を置いての準決勝。 それまで体調を崩さず、精神面もピークに持って行きながら迎えて欲しいと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
ワールドベースボールクラシック
千賀投手

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

侍ジャパン準決勝進出!野球の面白さを再認識させてくれる戦いぶり

mpgjunj様コメントいただきありがとうございます。

確かに言うは易しで7回までというのは最大期待値ですね。
どうでしょう今の流れでは準決勝は石川だと思います。
石川はP/IPもK/BBも数値は優秀ですので元々WBC向きですね。
菅野のK/BBは驚異的ですが彼が投げるとジャイアンツでもジャパンでも点が入りません(汗)
準決勝までに2試合練習試合が出来るようなので、則本、増井、武田の仕上がりを見て、先発が早く降板する場合の第二先発候補でスタンバイさせておけば良いのではと思います。

「侍ジャパン準決勝進出!野球の面白さを再認識させてくれる戦いぶり」へのコメント

1イニング13〜15球程度で7回を投げる。

ドミニカ、アメリカ、プエルトリコ、ベネズエラが相手ですが、誰を先発させましょうか?

こんな記事も読みたい

6連勝!アメリカ行けるぞ!【わたしとズーロワス】

潤滑油となっている坂本【千葉からスポーツを語る】

打線爆発。。【えんじょいブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
スポーツナビ終了までいよいよカウントダウン。
いくつかのスポーツについて投稿させていただいてきましたが、
これからはそれぞれのジャンルを投稿するたびにそのジャンルでの最終稿となりそうで感慨深いです。
残りわずかですがお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:1806
  • 累計のページビュー:13559121

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss