スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

四横綱はひとつの時代の終わりの始まり

このエントリーをはてなブックマークに追加

新横綱稀勢の里の誕生で春場所は17年ぶりの4横綱。 番付を見るとワクワクしますが、本来強い横綱が東西にドンと構えていれば4横綱という状況は生まれません。 稀勢の里の昇進にケチをつけているのではないですよ。 優勝を経験して横綱に昇進したことで、ここ一番に弱い稀勢の里は姿を消したと思っています。 これから優勝回数を重ねていくでしょう。 それだけの強さを持っているのは多くの人がわかっています。

話を戻します。 4横綱は17年ぶりとのこと。 その17年前を調べてみました。 時期は平成11年名古屋から翌12年春場所までの5場所。 顔触れは貴乃花、若乃花、武蔵丸、曙の4横綱。 懐かしいですね。 どの力士も多くのファンを掴み、それぞれの名勝負も思い出されます。 ところがこの5場所の4横綱の成績を見ると・・・ それはもう惨憺たる状態でした。

貴乃花43勝20敗12休 若乃花9勝12敗45休 武蔵丸49勝15敗11休 曙  38勝11敗26休

4横綱と言っても、まともに全員揃ったことはほとんどありません。 横綱がこの成績なので当然ですが、この間横綱で優勝は武蔵丸の2回だけで、出島、武双山、貴闘力が各1回という結果。 武蔵丸は横綱に昇進したばかりなので勢いがあるのは当然です。 こういった状況の中、若乃花が12年春場所途中で引退して4横綱時代は終焉を迎えた訳です。 稀勢の里はこの若乃花以来の日本人横綱という訳ですから本当に長かったですね。

さて現代に戻ります。 先輩横綱3人の過去1年の成績は

白鵬   61勝14敗15休 日馬富士 59勝23敗8休 鶴竜   52勝23敗15休

これに対し稀勢の里は74勝16敗。 年間最多勝の勢いそのまま、結果的には横綱になるべくしてなったということなのでしょう。 白鵬にも衰えが忍び寄り鶴竜は九州の優勝は素晴らしかったですが今一つ物足りない。 日馬富士は身体的にはほぼほぼ限界のところを何とか集中力で頑張っている印象です。 こういった状況だからこそ稀勢の里が横綱に昇進出来たのでしょうが、まだまだ時代は動いていきそうです。 日馬富士、白鵬、鶴竜が今以上に強さを発揮することは難しいでしょう。 現場維持が精いっぱいだと思います。

今年は確実に新旧交代の年になります。 初場所で稀勢の里が先陣を切りました。 誰が後に続くのか。 突き抜けてくる力士が現れるのか。 益々混迷の度を深めるのか。 いずれにしてもモンゴル勢の先輩横綱がピークを過ぎた今、4横綱はひとつの時代の終わりの始まりなのだと思う今日この頃です。

※数字に関してはは相撲レファレンスを参照いたしました



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:
四横綱
鶴竜
日馬富士
白鵬
稀勢の里

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

四横綱はひとつの時代の終わりの始まり

西銀座五番街様 コメントいただきありがとうございます。

地位が人をつくることを稀勢の里には期待しています。
負ける時はほんと情けないですが、今までも横綱に勝った時の強さは地力があることを証明していると思います。春は12番、夏優勝ってところで・・・いかがでしょう。

四横綱はひとつの時代の終わりの始まり

>ここ一番に弱い稀勢の里は姿を消したと思っています。

甘いです。大阪場所が試金石でしょう。個人的には、「薄っぺらなガラス」が一夜にして「強化ガラス」に改造されるとは、どうしても思えません。まぁ、見ものです。

こんな記事も読みたい

ボクシング 夢の対決 2017<ヘビー級>【運動科楽からスポーツ再考!!】

画像庫御開帳(Krush編269)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

最終予想〜ウエルター級統一戦〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:12883902

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss