スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

GPシリーズを終えて女子編・浅田の左ひざが心配

このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン前半のひとつのヤマ場GPファイナルが終わりました。 女子はメドベジェワが2連覇、男子は羽生が前人未到の4連覇。 終わってみれば額面通りの結果になりました。 ソチから3年、トリプルアクセルは必須のジャンプとはならず、多くの選手は3回転3回転をメーンに、演技後半のジャンプを増やす構成でピョンチャンへのぞみそうです。

日本勢ではただ一人出場した宮原が2年連続の銀メダル。 着実に力をつけて今や表彰台の常連です。 彼女の代名詞となった安定感。 ちょっと今までの日本選手にいないタイプの選手になってきました。 「私失敗しないので」 控えめな宮原なのでこんな発言は出るはずもありませんが、そういった領域に入ってきました。 日本選手の中ではピョンチャンで最も計算できる選手に成長しました。

さて浅田ですが、復活して2シーズン目の今季。 ここまで不本意なシーズンでファイナル出場も成りませんでした。 限界説がささやかれていますが、半分否定半分肯定という感じです。 浅田の不調の原因は左ひざの怪我がすべてでしょう。 万全ならピョンチャンで表彰台を狙えるポテンシャルを十分維持しています。 今後については、どこまで膝が回復するかに尽きるのではないでしょうか。 復帰したからにはピョンチャンを目指すことが最大目標でしょう。 ピョンチャンで持てる力を全て発揮する。 誰が何と言おうと本心はそれしかなかったはずです。

しかし浅田を襲った左ひざの故障。 勤続疲労なのでしょうか。 左ひざが完全に元の状態に戻るのは難しいのかもしれません。 しかしオリンピック1年前の大切なシーズン。 今シーズンの世界選手権に出る事はとても大切です。 GPファイナルに出られなかったのは膝の回復を考えればかえって良かったと思います。 世界選手権の選考基準は全日本の成績が最重要視されます。 全日本に照準を合わせて代表3人枠に入る。 そうすれば世界フィギュアまで3カ月近くあります。 代表に入りさえすれば調子を上げていけるでしょう。 浅田にとって全日本は大一番となりますが是非とも輝いて欲しいです。

ロシアティーン勢。 相変わらず層が厚い。 エフゲニア「セーラームーン」メドベジェワは更なる進化を遂げていました。 ピョンチャンへの最終兵器は彼女なのか・・・。 それはまだわかりません。 2年続けて輝く選手は多いです。 ところが最近ロシア勢はシニアデビュー後の好調期間が長く続きません。 ロシア女子に限っては来季オリンピックシーズンが始まらないと確かな勢力図は見えません。 おそらく全米選手権に照準を合わせGPシリーズはあくまで調整と割り切っていると考えられる米国勢。 その他にもまだまだピョンチャンを目標に多くの選手が精進しているところです。 まずは今季の世界フィギュア。 いよいよピョンチャンへの最終コーナーにかかってきました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
トリプルアクセル
ピョンチャン五輪
世界フィギュア
GPファイナル
宮原知子
浅田真央

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

GPシリーズを終えて男子編・羽生4回転アクセル挑戦発言の意味する物【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

高梨沙羅、4位からの逆転勝ちでW杯通算47勝目【スポーツ えっせい】

フィギュアスケイティング国際大会生中継する努力してくれ!海外サイトは次回からトライするけど...【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:163
  • 累計のページビュー:13556762

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss