スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

まずはアロンソの生還を喜びたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ今季のF1が始まりました。新しい予選方式、タイヤレギュレーションの変更、トークンの増加、様々な改正が加えられた中、果してマクラーレン・ホンダは進化を遂げたのか。今年もメルボルンにエキゾーストノートが帰ってきたのですが・・・。

まず驚いたのが無料放送でF1グランプリが見られなくなってしまったこと。 放送契約の問題もあるようですが、名前は忘れましたが何とかかんとかの有料放送に加入しなければならないのは非常に辛い。 我が家ではそもそもチャンネル選択の主導権は私にはありません。 F1観戦の為に加入するのは不可能です。 常に閲覧しているF1関連の三つのサイトとユーチューブで確認していくしかありません。

そんな中、決勝レースから飛び込んできた衝撃のニュース。 アロンソ大クラッシュ! 無事であることがわかっていたのでホッとしていたのですが、映像を見て寒気がしました。 もう見られた方も多いと思いますがとんでもない大クラッシュ。 衝撃的な映像を見て、よくぞこれで怪我ひとつなく助かったなあというのが正直な気持ちです。 クラッシュがつきもののモーターレースですがこれだけ激しいものはさすがに滅多に見られる物ではありません。 マシン前部から突っ込んだのではなかったことと、火災が起きなかったこと。 何よりアロンソの頭部に破片やタイヤが直撃しなかったことが彼を生還させたのだと思います。 映像では、すぐにアロンソはマシンから離れ、歩いて観衆に手を振っていましたからね。 無事で何よりでした。

レース自体はメルセデスが今年もやっぱり強いというのが確認出来ました。 フェラーリも十分に戦闘能力を持っている、 さすがですね。 我がマクラーレン・ホンダは・・・ どうも決勝レースについては不完全燃焼ですね。 アロンソのクラッシュもあり、今回風は吹きませんでした。 ただフリー、予選でのアロンソとバトンのコメントは明らかに昨年までとは違っていました。 胸の高まりを感じることが出来ました。

ハースがF1参戦初戦でポイント獲得という離れ業をやってのけましたが、チームオーナーのジーン・ハースがこう言ってます。 「われわれはこのために生きている。最高じゃないか。だが、しかしあえて言おう。その内きっと悪い日も来る。だから、今はこれを楽しもう。」 私がもしマクラーレンのエリック・ブーリエならこう言うでしょう。 「今日は良い日でなかった。だがアロンソが無事だったのは何よりだ。神に感謝しよう。その内きっと良い日が来る。だから我々は常にベストをつくす」 次はバーレーン。 アロンソとバトンに早くご褒美を与えたいですね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:
マクラーレン・ホンダ
ジェイソン・バトン
フェルナンド・アロンソ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2015年国内モータースポーツ】日本人トッププロレーサーは誰だ?【ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート】

【SPORTS WEEKLY No.20】世界最高峰のスピードバトルが今年も開幕【SPORTS WEEKLY】

F1新予選方式でQ1をシミュレートしてみる【under green flag 2】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2808
  • 累計のページビュー:13132763

(08月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss