スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!

マクラーレン・ホンダ、タグ・ホイヤーとの契約解除は悲しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季F1に復帰したホンダのパワーユニットを搭載したものの、不振に喘ぐマクラーレン。何とタグ・ホイヤーが来年以降スポンサー契約を更新しないことがわかりました。しかもよりによって新たにレッドブルと契約を結ぶとのこと。ここにも不振の負の連鎖が現れてしまいました。もう、こうなったら何が何でもマクラーレン・ホンダ、特にホンダは来シーズン名誉挽回を成し遂げるしか道はありません。

何気にネットニュースを見ていたら、タグ・ホイヤーがマクラーレンとの30年来に渡るスポンサー契約を解消するとのこと。 椅子から転げ落ちそうになりました。 う~ん、やっぱり強くないといけませんね。 確かに今季不振を極めるマクラーレン・ホンダですが、僅か1年の不振で見限ってしまうとは・・・。 ドライですね。 スポンサーを失うという事は当然お金が回ってこないことになります。 開発には当然お金がかかります。 新たにシャンパンのシャルドンとスポンサー契約を交わしましたが、タグ・ホイヤーを失うの金銭面のみならずイメージ的にも大きな痛手だと思います。 かつてセナ・プロの時代、マクラーレン・ホンダのマシンと共に必ず目に飛び込んでくるタグ・ホイヤーのロゴマーク。 スポーティさとシンプルさを併せ持ったタグ・ホイヤーの時計には、さほど興味がなかった私にも魅力あるものに見えました。

これは予想されていたことなのでしょうか。 ジョニーウォーカー、サンタンデールについてはスポンサーを降りることが噂されていましたが、タグ・ホイヤーは声に上がってなかったように思います。 これが青天の霹靂であるならば、来季復活を目指すチームにとって大きな痛手と言わざるを得ません。 アロンソ、バトンという二人のチャンピオンドライバーは今季不振の中プロフェッショナルな仕事をし続けてくれています。 それもこれもチームの復活に向ける姿勢を目の当たりにしてモチベーションを維持しているからこそでしょう。 何としても来季マクラーレンは復活しなければなりません。 それをなす為にホンダの責任は大きいです。 新井氏はドライバーへの敬意示し、来年はそれに報いるとコメントを出しましたが、今回のタグ・ホイヤーの離脱が、復活への道筋に大きな影を落とす事にならないよう祈るばかりです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:
フェルナンド・アロンソ
ジェイソン・バトン
レッド・ブル
マクラーレン・ホンダ
タグ・ホイヤー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブラジルGP・消化レース【暇人の暇つぶし。】

チャンピオンとして自覚をもてハミルトン【F1の目】

FIA-F4選手権最終戦DRPレースレポート【ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:6352
  • 累計のページビュー:12297706

(03月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss