スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!

マクラーレンホンダ勢初のダブル入賞!レッドブル勢が前なのはちょっと悔しいけど大きな成果

このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスGPはとても面白いレースでしたが、第10戦ハンガリーGPも見ごたえありました。 フェラーリ勢が最高のスタートでメルセデス勢を抑え1-2体制になった時は何だか懐かしい思いにかられました。 各チームがカラーリングを変える中で終始変わらぬ赤一色のマシンはこれぞF1って感じです。 中盤までは単調なレースでしたが、ヒュルケンベルグがバリヤにまっすぐ突っ込んでからは波乱の連続という展開へ急変しましたね。 ヒュルケンベルグのマシンからはずれたフロントウィングのパーツがコース上に飛び散りセーフティーカー導入。 せっかく大差をつけたフェラーリですが、これによりスタートやりなおしと同じです。 そこからが接触あり、複数台のバトルありの凄まじい展開。 レース終盤にはロズベルグがリカルドのパスを受け、焦りからかリアタイヤを接触させパンクして大きく交代。 リカルドはハミルトンとも軽く接触しており、共にメルセデス勢に非があったようですが、これが最終的にメルセデスの2台連続試合表彰台記録を逃すことになりました。 ハミルトンは無線でチームに対して総理、総理・・・いや、アイムソーリー ソーリーってしゃべってたように自身最悪のレースのひとつと述べるほどだったのに、ロズベルグより前でゴール出来たのはラッキーでしたね。

さて我らがマクラーレン・ホンダ。 ほとんど画面に映りませんが、ある場面、ペースを落としていたとは言え、アロンソがフェラーリのキミ・ライコネンをパスしたシーンはちょっと興奮しました。 他チームが様々なアクシデントに見舞われる中、ほとんど影響を受けず、最後もハミルトンの追撃を抑え5位入賞。 バトンも9位でポイントゲット。 今季初の2台完走! 高速サーキットではまだまだ難しい今季のホンダ。 ハンガリーはチャンスであることは確かですが、ここで結果が出なかった時のことを考えると正直祈るような気持でもありました。 メルセデス、フェラーリ勢ではないレッドブルが2台とも表彰台というのはちょっと悔しいですが、十分今後につながる結果を出せたと思います。 ほぼ1カ月夏休みとなりますが、チーム、ドライバーのモチベーションは益々アップしたことでしょう。

最後に解説の川井ちゃん。 相変わらず解説というよりF1好きのおっちゃんがテレビに向かって独り言をわめいてるって感じですね。 いや、私は好きなんですけどね。 私の中では今宮さん、森脇さん、川井ちゃんは永遠のトリオです(笑)

あらためて読み返すとセーフティーカー後のフェラーリについて何も書いてない(汗) ベッテル素晴らしかったですね。 再スタート後も結局一人旅。 ライコネンの不運はありましたが、久々に強いフェラーリが見れました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:
森脇基恭
今宮純
川井一仁
レッドブル
ジェイソン・バトン
フェルナンド・アロンソ
フェラーリ
マクラーレン・ホンダ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ハンガリーGP・昔のハミルトンとヘタレのロズベルグ。勝者は、新皇帝ベッテル。【暇人の暇つぶし。】

おかえりにはまだ早くても:インディカー・シリーズ第12戦 ウィスコンシン250【under green flag 2】

危機に瀕したときに問わなければならない:2015 インディカー・シリーズ第11戦 MAVTV500【under green flag 2】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2447
  • 累計のページビュー:12539345

(04月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss