スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

ドライバー、スタッフが前を向き続ける限りマクラーレン・ホンダを応援する

このエントリーをはてなブックマークに追加

F1選手権第8戦オーストリアグランプリが終わりました。 優勝は予選2位から絶好のスタートでトップに立ったニコロズベルグが最後まで逃げ切り今季3勝目。 ドライバーズポイント争いでトップをいく僚友ハミルトンに10ポイント差まで肉薄してきました。 3位争いはウィリアムズのマッサがフェラーリ陣営のピットミスの間にベッテルを抜き最後までその座を守り抜きました。 フェラーリは予選でのライコネンへのコミュニケーションミスなど今回らしからぬところを見せてしまい、それがモロ成績に表れてしまった感じです。

さてマクラーレンですが、今回もアロンソが何とオープニングラップでライコネンと接触でリタイア。 この事故がけっこう紙一重の危険な物で、両者が無傷でいられたのはちょっと奇跡に近い物があったように思えます。 いずれにしても、アロンソはショートノーズ採用車で出来るだけ多くの周回を重ねデータを収集するとしていただけに全く持って残念なリタイアということになってしまいました。 さらに悲運はこれに留まらず、バトンまでもが8周でリタイア。 森脇さんはギアボックスと話していると通訳していましたが、インテークシステムセンサーのトラブルだそうです。 いずれにしても、これで2戦続けて2台ともリタイア、アロンソは未だポイントゼロ・・・と全く希望の窓が開かない状況が続いています。 このレース、アロンソもバトンも重いペナルティーを課せられており、ポイントゲットは困難な状況でした。 その上、次戦以降の為のデータ収集も出来ず、はっきりいって収穫ゼロというレースになってしまいました。

上位入賞者の車はほとんどメルセデスのパワーユニットを搭載しており、その差は途方に暮れる程の印象を受けてしまいます。 しかし、レース後のアロンソ、バトン、エリック・ブーリエ、新井氏達、チームスタッフはここでも前向きなコメントを発してくれています。 レッドブルは今年不振に陥ってますが、ルノーとの関係がどうも末期的になっているようです。 そういったチームを見るにつけ、マクラーレンとホンダの協力体制は依然として強固な物であります。 さらに6月にホンダの新社長に就任したばかりの八郷隆弘氏がオーストリアGP決戦の地に赴いたとのこと。 これはこれからもホンダはF1を大切にしていくという表明でもあり、モチベーションも維持されるでしょう。 この関係が続く限り私も期待して流れが変わるのを待ち続けたいと思います。

次回はマクラーレンのお膝元イギリスグランプリ。 将来への光明が見えるようなパフォーマンスを期待しています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:
F1グランプリ
マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソ
ジェイソン・バトン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オーストリアGP・ハミとロズ、両方共まだまだ青い。【暇人の暇つぶし。】

2015 F1 Rd.8 オーストリアGP〈極私的〉採点【under green flag 2】

無聊を慰めるチップ・ガナッシの逆転はシーズンの結末を示唆するだろうか:2015 インディカー・シリーズ第9戦 テキサス・ファイアストン600【under green flag 2】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:161
  • 累計のページビュー:13556922

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss