スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

F1カナダグランプリ・ホンダは2台ともリタイアしたけれど・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

F1カナダGP、マクラーレンホンダの2台は残念ながら2台ともリタイアという結果でした。 モナコで待望の初ポイントゲット。 ようやくスタートラインに立った訳ですが、高速コースのカナダでは結果を出す事が出来ませんでした。 せめて完走・・・との思いも叶わなかった訳で、普通なら、かつての栄光を知っている者からすると失望・・・という気持ちになってしまっても仕方がありません。 マクラーレンとしても前倒ししてでもメルセデスとパートナーを解消してホンダと再タッグを組んだ訳ですから、いきなりの活躍は難しくても、もう少しは何とかなると考えていたのではないでしょうか。 エンジン開発の制限問題など想定外の出来事があったにせよ、想像していた最も悪いシチュエーションのさらに下をいってると考えて間違いない状況だと思います。

しかし救いはチームもドライバーも、この苦難の状況にもかかわらず、前を向いているというところです。 コメントなどを読んでいるとさすがプロフェッショナルと感服してしまいます。 ジェイソン・バトンについては来年のシートがああだこうだという話も聞こえてきますが、それはF1サーカスの常ですし気にしても始まりません。 かつてウィリアムズホンダで頭角を現した時も前年の復帰シーズンも含めると優勝するまで時間が必要でした。 当時はユーミン旦那の松任谷正隆が進行役のカーグラフィックTVでのみF1ダイジェストが放映されていましたが、それを楽しみにしていた頃が懐かしいですね。 考えてみると、現役ニコ・ロズベルクの父親ケケ・ロズベルグがホンダ黄金時代の最初の勝利をもたらしたんですねえ。 モナコでセナと死闘を繰り広げるナイジェル・マンセルもいたし、セナ以前のブラジルの英雄ネルソン・ピケもいました。 役者が揃っていましたねえ。

まあそういう事もあって、チーム、ドライバーから前向きなコメントが出ている限り必ずホンダは戦闘力を上げて来ると信じています。 もう少し時間はかかるでしょうがそれを待っています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:
ウィリアムズ・ホンダ
ジェイソン・バトン
フェルナンド・アロンソ
マクラーレン・ホンダ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

F1カナダグランプリ・ホンダは2台ともリタイアしたけれど・・・

traittrait様コメントいただきありがとうございます。

確かにホンダ復活への願いは盲目的なところもあるのかもしれません。
本文であのように書きましたが、正直、当時よりおかれている状況は悪いと思います。

あの時代、ホンダ黄金時代、セナ、プロスト、やや戦闘力が落ちてからのフェラーリやウィリアムズルノーとの戦い。
パトレーゼ、マンセル、ほんと役者も揃ってました。

あの熱狂が忘れられません。
やはり我々はホンダが強いと盛り上がります。
願望を込めて今の状態が次へのステップであることを信じたい。
そんな気持ちです。

F1カナダグランプリ・ホンダは2台ともリタイアしたけれど・・・

黄金時代でも勝つまでには時間がかかった、だから今回も勝つまでにはまだ時間がかかる。
そう考えられればいいんですけどね。
ホンダ擁護派もその考え(黄金時代も成功までには時間がかかった)が唯一のよりどころなのでしょうが、勝てるかどうかはなんの確証もない中では、厳しい忍耐の日々が続きますね。

今の状態が、成功のためのステップであればいいのですが。

こんな記事も読みたい

2015 F1 Rd.7 カナダGP〈極私的〉採点【under green flag 2】

語りえぬことに口を開いてもろくなことにはならない:2015 インディカー・シリーズ第7-8戦 デュアル・イン・デトロイト【under green flag 2】

F1第7戦カナダグランプリ:マクラーレン・ホンダは上昇気流に乗れるか【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

5年間ありがとうございました。
移転先ははてなブログにしました。
向こうでも変わらずスポーツ全般について書いていきます。
お立ち寄りいただければ嬉しい限りです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13570736

(01月23日現在)

関連サイト:影無茶のスポーツ24/7

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss