スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

団体での日本の強さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

混合団体という聞きなれない種目で日本が優勝した。
何のこっちゃいなと思ったらこれがスキージャンプの事だった。
団体ジャンプと言えば長野で見せたあの感動的な金メダルが思い出されるが、
今回の世界選手権から混合団体なる種目が新設されたのだ。

その初代金メダルに日本が輝いたという事だ。
何といっても高梨沙羅さんが大きな得点源で、
期待通りといううか男女合わせても最長不倒を飛んだというんだからおそれいる。
男子もエース伊東大貴選手が安定していて危なげない優勝だった印象だ。

それにしても日本は種目を問わず団体競技は強い。
ジャンプ、複合、チームパシュート、バレー、フェンシング、なでしこ、卓球団体、水泳男女メドレーリレー、
体操男子、アーチェリー女子。
個人ではあと一歩という種目でも、団体ではメダルに手が届く場合がある。
これは良くも悪くもいかにも日本らしい感じがするではないか。
チームで成果をあげるという考え方はビジネスにおいても良くある話で、それぞれが個人の力だけでなくチームとしての力を最大限に発揮出来るように協調して事に当たる。
欧米のように個人主義が発達している社会とは違うのだ。

平尾監督のラグビー代表チーム、サッカージーコジャパンなどは、個人個人が最大限の力を発揮し、その集合体としてチームが勝利するという考え方だったと理解しているのだが、やはりそれは日本人には合わなかったというのが今一つの成績に終わった理由ではないだろうか。

駅伝では自分の力以上の物を出してしまう事で倒れて動けなくなってしまう事がある。
これなどは自分の為に他の選手に迷惑をかけてはいけないという心理が強く働くからだ。
ロンドン男子メドレーリレーで北島さんを手ぶらで帰らす訳にはいかない・・・という台詞が有名だが、
この精神的なつながりの部分が日本の団体競技の強さだ。

ここにまた新たなメダル候補の競技が登場したって事か。
(いずれオリンピック種目になるだろう)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スキー競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

世界選手権 30km skiathlon【クロスカントリースキー レンティング陽】

アレクシ・パンテュローW-CUP GS初勝利 ガルミッシュ・パルテンキルヘン【アルペンスキー撮影記】

個人複合ノーマルヒル スプリント勝負Exciting!【日替わりExciting!】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2167
  • 累計のページビュー:13532999

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss