スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央

このエントリーをはてなブックマークに追加

GPシリーズ第1戦スケートアメリカ。
浅田真央がフリーもトップでSPとの合計204.55という初戦としては度肝を抜く高得点で優勝した。
点数の出やすい全日本ではなく、この大会で出した得点として意味がある。

しかし、浅田の代名詞トリプルアクセルはアンダー評価とGEO減点で3点しかもらえていない。
それでこの点数なんだから凄い事は凄いんだが・・・。
私は昔浅田に対してトリプルアクセルに固執する必要はない。
マスコミもトリプルトリプルと騒ぎすぎと考えていた。
今もマスコミは相変わらずトリプルトリプルと騒いでいるが、今はトリプルアクセルがあってこその浅田なんだと理解するようになった。(時間はかかったが)

トリプルアクセルの基礎点は8.5点と確かに高いが、今の女子の主流は3回転ー3回転の連続ジャンプだ。
たとえば今回2位のワグナーはフリップとトウーループの3回転を連続ジャンプとして飛んでいるが、基礎点とGEOで10.20点を獲得している。
浅田選手がアクセルをかなり高い確率で成功させるなら良いが、成功率は良くて50%程度ではないか。
他のジャンプに失敗がなく全体の印象が良くても、この最初のジャンプでの得点差が結局順位を落とす要因になっているとずっと思っていた。
しかし浅田のアクセルにかける思いを聞き続ける内に、アクセルより連続ジャンプと思う気持ちがどこかに飛んで行ってしまったのだ。

男子はバンクーバー以降急激に4回転化が進み、いまや4回転は必須である。
4回転を跳べなければ上位進出は不可能だ。
ライサチェクの優勝が僅か4年前とは信じられない。
それに対して女子はトリプルアクセル必須では全くない。
先に掲げた3回転ー3回転の連続が主流だ。
しかし浅田は我が道を行く。

こうなったら何としてもこのスペシャルオンリーワン浅田に表彰台のてっぺんに立って欲しい。
最初にトリプルアクセルを跳び、ステップシークエンスの鳥肌が経つ演技が最後に控える。
ソチでこの最終完成形ディスイズ「集大成!」を是非とも見せて欲しい。
その結果が金メダルならこんなに嬉しい事はない。
そう願う今日この頃である。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
トリプルアクセル
浅田真央
連続ジャンプ
GEO
ソチオリンピック

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央

HO太様いつもコメントいただきましてありがとうございます。

浅田選手のプログラム・・・
すさまじいですね。
トリプルアクセルと3回転ー3回転の両方跳ぶ事を目指す。

バンクーバーのフリー演技。
トリプルアクセル2回跳びのあの超絶プログラム。
キムヨナ選手がスピード豊かにパーフェクトに滑った後でも、浅田選手がそのプログラムを完璧に滑り終えれば、どれほどの得点になるのか、もう鳥肌たてて見ていました。
しかしトリプルは2回成功したのに、その後でつまずいた時、会場の時が止まったような錯覚に陥ったのを思いだします。
それでもあの後のステップは鬼気迫るものがありました。

今回のトリプルアクセルと3-3は上手くいけばトリプル2回より得点が出ます。
ソチではほんと完璧に滑る浅田選手を見たいです。
そしてそれについてくるメダルの色。
その時はHO太さんと共に私も喜びを爆発させたいですね。

ソチまであと105日

目指すところ

スケートアメリカ地上波放送、女子フリー後半の直前6分間練習のとき、浅田真央選手が予定しているジャンプの一覧が表示されていました。
1.トリプルアクセル
2.3フリップ+3ループ
3.3ルッツ
(ここから後半)
4.ダブルアクセル+3トウループ
5.3サルコウ
6.3フリップ+2ループ+2ループ
7.3ループ

実際の演技では、2のセカンドが2ループに、4のセカンドが2トウループになりました。
その点については、下の記事で語っています。
http://number.bunshun.jp/articles/-/716951?page=4
“少し残念だったのは、アクセル転倒が体力的にも響き、また「もう失敗したくない」という気持ちになって、その後に予定していたコンビネーションの難易度を落としてしまったこと”
“3+3は3+2になり、2アクセルに続ける予定だった3トウループは2トウループになった。それでも全体をまとめることを選んだことに、後悔はない”
「でもNHK杯では、たとえ(最初のジャンプを)失敗しても、他のものを無くさないように練習していきたい。ソチ五輪の戦いはもう始まっていると思う。できるだけ攻めのプログラムでいきます」

「8トリプル」と解説されてましたが、浅田真央しか実現可能性がないジャンプ構成が、最終的な目標なんですね。
トリプルアクセルか3+3か、ではなく、トリプルアクセルも3+3も、を目指すという点で、まさに一人次元の違うところにいるのかもしれません。
トリプルアクセルの調子が極端に落ちるようなことがあったら、作戦変更もあるのかもしれませんが、今の浅田真央は、いずれにしても総合的に高いところへ行こうとしてるように思います。
NHK杯ももちろんですが、ソチ五輪でその目指すところに到達する姿を見たいですね!

こんな記事も読みたい

NEWワンピース!【アルペンスキー サンミリオン...長谷川絵美...zum traumen】

完璧なプログラムへ、浅田真央【競技場の片隅から】

フィギュアスケート スケートカナダ放映予定【モノクロ。@スポーツナビ】

フィギュアスケート、GP第1戦スケートアメリカ雑感【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

フィギュアスケート・スケートアメリカ、男子選手の事を初めて書きます!【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

安藤選手関東選手権の結果をどう考える【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

次の五輪は手倉森監督で【スポーツ あ・ら・かると】

【アスリート支援】スケルトン競技の紹介【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2443
  • 累計のページビュー:13530833

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss