スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

このエントリーをはてなブックマークに追加

全国高校野球選手権和歌山予選で智弁和歌山が早くも姿を消し夏の甲子園連続出場が8でストップした。
1970~80年代にかけては和歌山と言えば箕島全盛期だったが、90年代以降智弁和歌山の時代となり春1回、夏2回の優勝を誇り、それ以外にも春夏合わせて3度準優勝に輝くなどその強さは特筆物だった。
しかし最近は連続出場はしていた物の、8年間で4度の初戦敗退。
2008年のベスト8を最後に選手権では2勝するのがやっとの状態に留まってしまっている。

ここらあたりの記録を見ていると、どうも智弁和歌山のみならず、近畿全体のレベルが近年やや落ちているという印象を持ってしまう。
智弁和歌山が連続出場を始めた2005年以降近畿勢の優勝は大阪桐蔭のみで春1回夏2回。
夏の大会で大阪桐蔭以外の近畿勢でベスト4以上に残ったのは京都外大西と智弁和歌山のみでここ6年は大阪桐蔭のみである。
センバツはそれでも2年に一回程は近畿勢がベスト4に残っていたが、
記憶に新しい今年のセンバツは5校が初戦敗退。
大阪桐蔭も2戦目で敗退と不信を極めている。

何だか近畿をリードしてきた高校の内の1校であることは疑いようのない智弁和歌山の成績がそのまま近畿全体のレベルダウンに直結しているように思えてしまうのだ。
40年ほど前のセンバツで日大三高と日大桜丘との間で決勝戦が行われた時、まことしやかに高校野球大会を甲子園から首都圏に持っていこうという声が聞こえてきたように、やはり地元近畿勢が頑張らないと盛り上がりに欠ける。

かつてはPL、箕島、天理、報徳、など同時期に伝統校がしのぎを削り、刺激を受けた他校からも強豪が次々と生まれてきた。
智弁和歌山もこれらの伝統校を目標にし、強豪と言われるチームに作り上げてきたに違いないのだ。
今の近畿勢を見るとその頃のような熱気が残念ながら見られない。
もちろんたゆまぬ努力は続けているのだろうが、高校野球ファンから見るとさびしい限りである。
幸い高嶋監督は健在であり、捲土重来を期しているようであるし、是非とも強い智弁和歌山を復活させて欲しい。
それが再び強い近畿勢が戻ってくる為の大きな一歩となるだろう。
楽しみに待っていたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
全国高校野球選手権
智弁和歌山
大阪桐蔭
高嶋監督

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

先ほどネットニュースを見て確認しました。
渚カヲルさんの書いておられた箕島の復活成りましたね。
それにしても29年ぶりですか・・・そんなになりますか。
最近センバツで1度見ている為に錯覚してしまうんですかね。
尾藤監督のご子息という事で話題になるでしょうね。
監督がスポットを浴びるのは本末転倒という声があがるかもしれませんが、選手も29年ぶりという注目を浴びる要素があるので逆に監督がマスコミの盾になってくれてやりやすい面もあると思います。
甲子園での戦いぶりが楽しみです。

夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

和歌山大会決勝

箕島10-1南部
思っていた以上に差がついた試合

尾藤強監督率いる箕島高が甲子園出場の切符を手にしました。

監督、選手ならびに学校関係者、さらに御父兄の皆さん、OB、OGの方々

おめでとうございます。
甲子園での更なる活躍を期待してます。

惜しくも準優勝に終わった南部高の野球部の皆さん
胸を張って下さい。

この大会を持って勇退される名将
井戸監督の最後の教え子です。

誇りに感じてこれからの人生に活かして下さい。

夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

今年の和歌山大会は智弁和歌山の敗退により9年連続ならずというドラマが序盤にありましたが、分校勢の活躍、勇退の監督等々中身の濃い大会になっていますね。
そして迎えた決勝戦が渚カヲルさんも注目されていた尾藤監督の箕島対勇退される井戸監督の南部という期待のカードになりました。
智弁が8年も続けて出ていたとは思えない程、和歌山には名門、強豪が多いですね。

夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

明日、いよいよ和歌山大会決勝

箕島vs南部

どちらが勝ってもオールドファンには涙ものです。

今年勇退の井戸監督
今年から指揮する尾藤監督

井戸監督が勝利インタビューで
「懐かしい」と言っておられたのが印象的でした。
長年、故尾藤公元監督と凌ぎを削り
お互いに甲子園を目指して指揮されていましたから。

そして今回、息子さんである
強、現監督と決勝の場で甲子園出場を賭けて戦うのです。

井戸監督の花道を甲子園出場で飾るのか…
それとも、世代交代をした
「新生箕島高」が甲子園の切符を掴むのか…

泣いても笑ってもあと一つ。
県民の私も見守ることにします。

長文、失礼しました。

こんな記事も読みたい

【4回戦】日立一、第4シードを破り準々決勝進出!【VS石岡一】【GO!GO!GO!イーグルス!】

あの”じゃん”が甲子園へ。【北のお部屋】

帯広大谷が甲子園初出場!!【FF】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2443
  • 累計のページビュー:13530833

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss