スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

緊急投稿:フィギュアスケート Road To 平昌 スケ連は坂本花織を選ぶ勇気があるだろうか

このエントリーをはてなブックマークに追加

全日本選手権女子シングルが終わりました。 優勝は宮原知子。 大事な大事なオリンピックシーズンを故障明けで入りその不安は想像するに身体がグニャリとなりそうな程に強かったと思います。 最後は自分を信じて どの選手よりもずば抜けて気持ちの入った演技でした。 文句なしです。 おめでとう宮原選手。 やっぱり練習は嘘をつきません。 およそ1年のブランク如きでは問題ないほど練習貯金は十分貯えがありました。

坂本花織もやり切りました。 正にシンデレラガール。 今シーズン開始前はどうでしょう、贔屓目に見ても5番手6番手の位置だったと思います。 自信をつけた選手は強い。 急カーブで成長を遂げた坂本は見事に全日本にひとつのピークを持ってきました。 さあ大変です。 代表は2枠。 2人目は完全に坂本と樋口に絞られました。 4年前の小塚と高橋を思い出します。 今回はあの時より難しい選択です。 選考基準に基づいて二人を比較してみます。     全日本 ファイナル 世界ランキング 今季ランキング  ハイスコア 坂本  2位   未出場   22位     7位      210.59 樋口  4位   6位    11位     5位      217.63

平昌の代表選考は全日本に重きを置ていることに間違いないですがそれはあくまで優勝者に対してです。 2位以下の場合は他の要素を含めて総合的に判断するとなっています。 今回印象だけで言えば間違いなく坂本選手が2人目の代表という感じですがそうは簡単にいきません。 坂本選手を選べば結局は全日本での一発勝負の要素が高くなりすぎてシーズン前半から飛ばしてきた樋口は結局何だったんだってことになりかねません。 それなら最初から全日本での一発勝負にすればいいわけです。 (私は元々その方が良いと書いてきましたが) 世間の目もおそらく坂本への期待が大きいでしょう。 樋口は昨年、今年と肝心な大舞台で失敗してしまう印象があります。 数年前は逆に大舞台に強いという印象でしたが、やはりだんだんプレッシャーが圧し掛かってくるんでしょうか。 しかし選考基準から見た場合、代表二人目は樋口選手で間違いないと思います。 坂本の伸びしろはすさまじく、総合的な判断に勢いという無形の物を取り入れて協会が坂本を代表に選ぶことが出来るのか。 明日の発表はちょっと大変です。 いずれにしても選ばれた選手はオリンピック本番では最低でもシーズンベスト、出来ればパーソナルベストを出せるようにピークを合わせて欲しいです。 選ばれなかった選手のためにも、そして何より自分自身のためにも。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
平昌オリンピック
樋口新葉
坂本花織
宮原知子
全日本フィギュア

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

全日本一発選考の是非

※返信への返信が機能的にできないっぽいので,自分への返信という形にさせてください。

坂本 選手は無欲の勝利ですよね。一方,樋口 選手はグランプリファイナルの表彰台を狙う戦略だったのかなと思います。調子を落としたのが,飛ばし過ぎによるものだったのか,大舞台に弱いのか,そのあたり陣営は検証して今後に生かす必要がありそうですが,戦略自体は合っていると思いますし,あとミス1つか2つの勝負でしたから,果敢だったと思いますね。

一発勝負は賛否両論あるでしょう。私は今回の選考方式は悪くないと考えますが,ファイナルで内定する枠があれば 樋口 選手はもっとファイナルにエネルギーを注げて,また違った結果になったとも思います。

私は,平昌五輪で盛り上がりたくて今季からスポナビブログに参入させてもらったのに,五輪の前に終了でとてもガッカリしています。今後は個人ブログで細々書こうと思っています。移行先が決まったらアナウンスしてくださいね。ここで知り合った方のブログはフォローしようと思っていますので。

緊急投稿:フィギュアスケート Road To 平昌 スケ連は坂本花織を選ぶ勇気があるだろうか

まっく・けぃ様 初めまして、コメントいただきありがとうございます。
私も「情熱的氷滑芸術」のいろんなアプローチでの記事を毎回楽しく読ませていただいてます。
いつものことながら代表選考は悲喜交々。
会場で発表する時点では当然ながら選手達は自らの当落を知っているわけですから、
代表から漏れた選手はあの発表をどのような気持ちで見ているのかを想像すると辛いですね。
今回ここまでの流れを見ていると、フィギュアスケートの怖さを知ってしまった樋口とまだまだ天真爛漫な坂本の現時点におけるメンタルの差が大きかったように思います。
坂本の怖さ知らずの勢いはオリンピックでさらに成長している可能性を感じますね。
壁をポンポンと乗り越えられる力。
スケ連もそこを強く感じたのだと思います。
樋口は今シーズンどんどん調子を落としてしまいました。
本当にピーキングは難しい。
ちょっと調べてないのでわかりませんが4大陸は選ばれると思うので、そこでまずは悔しさをぶつけて4年後への第一歩にして欲しいです。
それと今回特に感じたのはやっぱり代表選考は全日本一発勝負にすべき・・・と強く思いました。
せっかく、まっく・けぃ様にコメントいただいたのにスポナビ終わってしまいますね(涙)
まだはっきりとは決めていませんがはてなに移行しようと考えていますので、その時はまた訪問いただければ嬉しい限りです。



スケ連は勇気がありましたね

スポナビブログメンバーの一人として,影無茶 さんのブログをいつも楽しく拝見しております。

私も,スケ連は 坂本 選手を選出する勇気を持っていないかも…と思っていましたが,そうでもなかったようですね。2人のうちどちらが選ばれるべきかを私もあれこれ考え,その思考の過程を自分のブログ記事にもしたのですが,様々な角度で見ていくと,樋口 選手を選んだ場合になぜ 坂本 選手ではないのかを説明するのが,なかなか大変そうなことがわかりました。樋口 選手を選ぶにも勇気が必要だった,と言えそうです。

本当にこれは2枠になったことの苦渋の選択ですね。改めて枠取りの大切さを思い知ることになりました。まぁわかっていたことではありましたが。

こんな記事も読みたい

女子ジャンプ ピョンチャン五輪・メダル争いに異状あり!? 高梨沙羅、伊藤有希のライバルは!?【0 to zeroのhorizon】

【SP終えて】どうなる?女子シングル五輪代表2枠【情熱的氷滑芸術】

全日本女子ショート【観るの大好き♪】

全日本選手権へ8 紀平梨花 伝統を継ぐもの【夢と現実 備忘録】

全日本選手権へ7 宮原知子 四年間無敗【夢と現実 備忘録】

全日本選手権へ6 樋口新葉 内弁慶の飛躍【夢と現実 備忘録】

「なでしこ」か?【猫と観るスポーツ】

全日本選手権へ5 坂本花織 正直なシンデレラ【夢と現実 備忘録】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

5年間ありがとうございました。
移転先ははてなブログにしました。
向こうでも変わらずスポーツ全般について書いていきます。
お立ち寄りいただければ嬉しい限りです。
  • 昨日のページビュー:92
  • 累計のページビュー:13570529

(01月18日現在)

関連サイト:影無茶のスポーツ24/7

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss