スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

フィギュアスケート Road To 平昌  中国杯まとめて感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

あっという間にGPシリーズも折り返し。 早くも2戦戦い終えた選手も出てきました。 調整の進んでいる選手、遅れている選手、それが意識した上での現状なのかは知る由もありませんが、それぞれの思惑が交錯する中での熱い戦いはまだまだ続きます。

さて中国杯の結果は以下の通りとなりました。

〇男子                 ポイント   TES   PCS 1位ミハイル・コリヤダ    279.38 149.74 130.64      2位ボーヤン・ジン      264.48 145.48 120.00 3位マックス・アーロン    259.69 141.10 118.59 4位ヴィンセント・ジョー   256.66 148.01 111.65 5位ハン・イエン       254.61 130.03 124.58     6位ハビエル・フェルナンデス 253.06 117.28 135.78 7位田中刑事         247.17 129.31 118.86

〇女子                 ポイント   TES   PCS 1位アリーナ・ザギトワ    213.88 115.10  99.78 2位樋口新葉         212.52 111.78 100.74  3位エレーナ・ラディオノワ  206.82 106.60 100.22 4位三原舞依         206.07 109.11  96.96 5位本田真凛         198.32 101.85  96.47 6位ガブリエル・デールマン  196.83  98.56  98.27 7位E・トゥクタミシェワ   196.68 101.71  94.97

男子はショートで今季最高(と言われてしまう気がする)の演技を見せたコリヤダがフリー3位ながら逃げ切って優勝。 ボーヤン・ジンはジャンプが不安定ながら他にSPフリー2本揃えた選手がおらず2位を確保。 対照的にこの面子なら優勝して不思議でないフェルナンデスは、ジン以上にジャンプが不安定。 初戦オータムクラシックもジャンプが悪く、今回のSPフリーと、らしさが全く見られません。 6位という順位では次戦で優勝してもファイナルは絶望的です。 必ず仕上げてくると思いますがちょっと心配な目も出てきました。 ジャンプさえいつも通りに仕上ればフリーのプログラムは最高に盛り上がって終わる構成(楽曲)なので楽しみなんですけども。 田中刑事はよく頑張りましたよ。 あとは全日本にかけて調整するのみです。 平昌代表第三の男は全日本で上位に来た選手が選ばれる可能性が高くなりました。

女子は樋口が滑るたびに良くなってきました。 フリーのスカイフォールもフィットしてきたし、笑みも振りも自然な感じです。 これで24点。 2位3位地獄に落ちなければファイナルには十分の点数です。

SP4位から逆転のザギトワ。 ロシアの新星ですがロンバルディアを見た時にメドベージェワにつぐ2番手になるのは時間の問題と思っていました。 相当バレエの下地が出来ているのでしょう。 動きのそこかしこにバレエ特有の高貴な美しさが出ています。 ジャンプはキレッキレでSPでの転倒はご愛敬でした。 ロシアの2枠はメドベージェワとザギトワで決まり。 残る1枠をラディオノワ、ソツコワ、ポゴリラヤで争うことになりますね。 トゥクタミシェワはちょっと苦しいです。

三原はさすがのフリーの演技。 スピードもしなやかさも安定感すべてにおいてバランスが取れています。 SPの最初の3回転3回転のトウループが回転不足だったのが痛かった。 あれがなければ表彰台間違いなしでした。 これは悔しい4位。 次はフランス杯ですが優勝すればファイナル確定ですが、2位では難しい状況。 何しろ2枠なのでファイナル進出というアドバンテージは欲しいところです。 ザギトワが出てきますが、十分チャンスはあると思います。 まずはミスをしないことに尽きます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
ハビエル・フェルナンデス
中国杯
GPシリーズ
エレーナ・ラディオノワ
アリーナ・ザギトワ
本田真凛
三原舞依
樋口新葉

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

11/5女子ジャンプ・NHK杯2017 好調・高梨沙羅の3連覇は!? テレビ放送の時間…【0 to zeroのhorizon】

GPシリーズ 中国杯 女子シングルSP ~史上稀に見る大混戦~+本田真凛選手の報道について(苦言シリーズ最終章)【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

スポナビ+ブログサービスが来年の1月末で終了するそうなので、「無期限休止」していましたがお知らせでございます。【銀盤の舞—フィギュアスケートエトセトラ—】

フィギュアスケート Road To 平昌  中国杯SP感想【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

フィギュアスケート Road To 平昌 スケートカナダ まとめて感想【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

フィギュアスケート Road To 平昌  ロステレコム杯 まとめて感想【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

フィギュアスケート Road To 平昌 ボーヤン・ジン アダム・リッポン 坂本花織 長洲未来【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

おめでとう村上茉愛! 金メダルの決め手は4回ターン【田端到の東京五輪&ヤクルト・スワローズ研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:163
  • 累計のページビュー:13556762

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss