スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

フィギュアスケート Road To 平昌  中国杯SP感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

GPシリーズ早くも3戦目。 まずは中国杯男女シングルスSPの順位から。

〇男子                  ポイント   TES    PCS    1位 ミハイル・コリヤダ    103.13  59.63  43.50 2位 ボーヤン・ジン       93.89  52.67  41.22 3位 ハビエル・フェルナンデス  90.57  44.35  46.22 4位 田中刑事          87.19  47.91  39.28 5位 マックス・アーロン     83.11  44.50  38.61

〇女子

1位 ガブリエル・デールマン   70.65  37.51  33.14 2位 樋口新葉          70.53  37.68  32.85 3位 エレーナ・ラディオノワ   70.48  37.17  33.31 4位 アリーナ・ザギトワ     69.44  39.01  31.43 5位 E・トゥクタミシェワ    67.10  35.67  31.43  6位 本田真凛          66.90  35.01  31.89 7位 三原舞依          66.90  34.66  32.24

まずは驚きのコリヤダ得点103.13。 これはSP歴代4位あたりになるのではないですか。 3個のジャンプ要素は完璧。 スピンもステップもレベル4。 もしかしてここでシーズン最高の演技をしてしまったかもと思うほどの見事な滑りでした。 4回転の扉を開いたボーヤン・ジンもまだ不安定ながら着実に調子上げてきています。 目標はまだ先です。 フェルナンデスはまだまだジャンプが不安定です。 しかしオータムクラシックの時も書きましたが必ず平昌に照準を合わせてくるでしょう。 何といっても演技構成点の不可解とも思える高い点。 確かにSPにしてもまるでチャップリンを思わす印象に残る振り付けですが、肝心のジャンプがグダグダでこの演技構成点は格付けの高さを表しています。 まだまだ主役の一人であることは間違いありません。 心配された田中は出場してきましたが、頑張りました。 加点をもらえるジャンプを揃え、出来ることは全て出し切ったように思います。 ケガを感じさせない演技で根性を見せてくれました。 第三の男の争いはし烈を極める様相です。 ケガの回復具合は心配ですが、大きなチャンスを逃したくない気持ちが伝わってきます。 悔いのない戦いをしたいという気持ちなのでしょう。

女子はとんでもない大混戦。 1位のデールマンから7位三原まで僅か3.75点! もうどうにでも転ぶ順位で、フリーではミスをしたら脱落です。 日本の3人ロシアの3人を抑えてSP首位に立ったのは世界選手権3位のデールマン。 スケートカナダでもオズモンドが優勝しましたが今やアメリカよりカナダの方が勢いに乗っています。 樋口やりました。 3年連続全日本表彰台や世界選手権の経験が大きいのでしょう。 アクセルは距離も出て見栄えがするし、スピードは相変わらずなのでフリーを終えて日本人トップで表彰台に上った場合代表選出に向けて印象は良いですね。 ロスレコムで3位なので2位以上に入ってファイナルへの望みを持ちたいところです。 本田もマクラーレンと残すところあと・・・ちゃうちゃう、それ別の記事(もうええって?) 本田選手は6位 スケートカナダの失敗を1週間である程度持ち直したのは根性あります。 ステップもスピンもレベル4の評価。 変更してまでどうしても滑りたかったSP。 本田選手のやや背伸びした青春が表現された良いプログラムだと思います。 三原選手のSPも良いプログラムなんですけどね。 曲はリベルタンゴですが、私はその雰囲気にヌーヴェルバーグ的な何かを感じます。 元々SPよりフリーを得意としている選手。 この3選手使用曲もそれぞれ魅力ある選択で三者三様とても見応えがあります。 代表争いもあって3人のフリーは火花が散りそうです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
本田真凛
三原舞依
樋口新葉
中国杯
GPシリーズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

中国大会(中国杯,グランプリシリーズ第3戦)プレビュー【情熱的氷滑芸術】

本田真凛選手へのエール【スポーツ徒然草】

フィギュアスケート Road To 平昌 スケートカナダ まとめて感想【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

フィギュアスケート Road To 平昌  ロステレコム杯 まとめて感想【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

フィギュアスケート Road To 平昌 ボーヤン・ジン アダム・リッポン 坂本花織 長洲未来【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

おめでとう村上茉愛! 金メダルの決め手は4回ターン【田端到の東京五輪&ヤクルト・スワローズ研究所】

2017年9月度 新村選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

2017年9月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

5年間ありがとうございました。
移転先ははてなブログにしました。
向こうでも変わらずスポーツ全般について書いていきます。
お立ち寄りいただければ嬉しい限りです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13570529

(01月19日現在)

関連サイト:影無茶のスポーツ24/7

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss