スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

フィギュアスケート Road To 平昌 スケートカナダ まとめて感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

GPシリーズ第2戦はスケートカナダ。 男女シングルの結果を先に書かせていただきます。

〇男子                 ポイント  TES(SP+F) PCS(SP+F) 1位 宇野昌磨         301.10  163.44   137.66 2位 ジェイソン・ブラウン   261.14  126.41   135.73 3位 アレクサンドル・サマリン 250.06  134.08   115.98 4位 パトリック・チャン    245.70  109.42   137.28 5位 ヨリック・ヘンドリックス 237.31  117.12   120.19 参考 無良崇人         186.66    78.49   108.17

〇女子                 ポイント  TES(SP+F) PCS(SP+F) 1位 ケイトリン・オズモンド  212.91  106.07   107.84 2位 マリア・ソツコワ     192.52   95.73    96.79 3位 アシュレイワグナー    183.94   82.97   100.97 4位 コートニー・ヒックス   182.57   93.16    89.41 5位 本田真凛         178.24   89.50    89.74 6位 本郷理華         176.34   85.47    90.87

ロステレコム同様ポイントはSPとフリーの合計得点ですが、横の二つの数字は技術点と演技構成点のそれぞれショートとフリーを合計した点数です(合計があわないのは転倒による減点があるためです)。

男子は宇野昌磨が2位のジェイソン・ブラウンに大きく差をつけて優勝。 細かいミスはありましたが、技術点はもちろん、演技構成点でも常に高得点をもらえる選手に成長しました。 安定感ではすでに羽生を上回る内容だと思います。 羽生選手が足元をすくわれる場合はチェンでもジンでもフェルナンデスでもなく結局は宇野選手と言って差し支えないですね。 パトリック・チャンは精彩を欠いてしまいました。 得点源である冒頭の4回転3回転が成功しないと苦しいです。 元々苦手の3Aは相変わらずなので、さすがのチャンも表彰台に乗れず4位という結果。 次のNHK杯で優勝しないとファイナルは難しくなりました。 NHK杯には羽生も出場しますのでかなり苦しい状況です。 しかし相変わらず演技構成点は高い点をもらっており、シーズン最高の演技を平昌で演じることが出来れば表彰台の可能性はあります。

ジェイソン・ブラウンは4回転に挑戦するも回転不足に転倒。 どうしても試合で4回転を跳べません。 しかし魅せるスケーティングは円熟の境地に入ってきた印象。 美しい演技はメダル争いとは関係なく観衆を魅了しており、将来振り付けを手掛ければ引く手あまたになる予感。 代表第三の男を目指す無良はことごとくジャンプが失敗。 めちゃくちゃに身体が重かった印象ですね。 2回転しか回れませんって感じでどんどんどんどん深みにはまってしまいました。 フィギュアの場合オペラ座の怪人を選ぶ選手は多いですがあまり相性が良くない気がしてなりません。 しかし無良が一番好きな曲でオリンピックシーズンをと思って選曲したわけなのでこの曲で代表の座を目指して頑張ってほしいです。 悪いところは今回で全て出し尽くしたと思う位に開き直るほうがよさそうです。

女子はオズモンドが優勝。 世界選手権銀メダルが大きな自信につながったようです。 個人的にはそんなにパッションを感じる選手ではありませんが大崩れはなさそうで、他の選手にミスが出れば本番でも上位進出のチャンスがありそうです。 ロシアの二人は明暗が分かれました。 ポゴリラヤは世界選手権を思い出す出来の悪さで9位、ソツコワは2位。 リプニツカヤ然りトゥクタミシェワ、ラディオノワ然りそしてポゴリラヤ、どうもロシア勢は好不調の落差が大きすぎます。 当然シーズン序盤なのでこれから上げていくのでしょうが、そういったムードが感じられないと思うのは私だけでしょうか。 ソツコワにしてもまだまだだと思いますし、メドベージェワとザギトワ以外のロシア3人目は大混戦模様です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
本郷理華
本田真凛
スケートカナダ
GPシリーズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

宇野昌磨 余裕,本田真凛 取りこぼし【カナダ大会感想】【情熱的氷滑芸術】

カナダ大会(スケートカナダ,グランプリシリーズ第2戦)プレビュー【スポーツ雑誌風】【情熱的氷滑芸術】

【湘南アイスホッケー部】関東大学リーグ戦第6戦vs神奈川大【東海スポーツ】

フィギュアスケート Road To 平昌  ロステレコム杯 まとめて感想【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

フィギュアスケート Road To 平昌 ボーヤン・ジン アダム・リッポン 坂本花織 長洲未来【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

おめでとう村上茉愛! 金メダルの決め手は4回ターン【田端到の東京五輪&ヤクルト・スワローズ研究所】

2017年9月度 新村選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

2017年9月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

5年間ありがとうございました。
移転先ははてなブログにしました。
向こうでも変わらずスポーツ全般について書いていきます。
お立ち寄りいただければ嬉しい限りです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13570529

(01月19日現在)

関連サイト:影無茶のスポーツ24/7

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss