スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

フィギュアスケート Road To 平昌  無良崇人 村上大介 田中刑事

このエントリーをはてなブックマークに追加

こうして平昌への挑戦を書いていますがほんとに無事に開催できるのでしょうか。 子供の喧嘩でも最初は冗談半分に言い合いしていても、それがマジになってしまうことってありますからね。 前置きはここまでにします。

さて平昌でのフィギュアスケート代表枠はご存知のように男子3、女子2です。 女子はそれこそ大混戦で候補と考えられる選手を5人はパッと思い浮かべることが出来ます。 ところが男子は羽生、宇野はまあ常識的には間違いないとして3人目は上位2名に比べて相当の差がついていると言わざるを得ません。 しかし男子は3枠あるのは紛れもない事実なので当然3枠目を狙っての熱い戦いが繰り広げられることになります。 3枠目を取りに行って、その激戦の中で成長するのか、代表に選ばれることで半分燃え尽きるのか・・・。 それは選手の志の高さということになるのでしょう。

おさらいの意味で男子の平昌選考基準を記します。

〇一人目  全日本優勝者 〇二人目  全日本2位、3位の選手とGPファイナル出場者上位2名の中から総合的に判断。 〇三人目  二人目の選考基準に該当しながら二人目の選考から漏れた選手を含む、       ワールドスタンディング、シーズンワールドランキング、シーズンベストスコア各上位3名       これらを満たす選手から総合的に判断。

今の勢いで行くと羽生、宇野が一人目、二人目の基準で選ばれる可能性が極めて高いので、三人目の座を射止めるには、ISUの各ランキングの内2項目で羽生、宇野の次に位置すること、もしくは全日本3位を目指すってことになるのでしょう。 第三の男の候補といえばやはり無良、村上、田中の3人の名前が思い浮かびます。 当然のことながらこの3人もすでに今季シーズン初戦を終えており、それぞれGPシリーズに向けて修正を図っているところでしょう。 現在のワールドスタンディングは田中、無良、村上の順番ですが、これが全日本終了時にどう変化しているのでしょう。

〇村上大介 NHK杯を優勝したのはもう3年も前になるんですね。 大怪我から復帰して質の高いジャンプを見せて一躍脚光を浴びましたが、完全にブレイクするには至りませんでした。 昨シーズンはほとんど見かけることも名前を聞くこともありませんでしたが、どうやらオリンピックシーズンは間に合ったようです。 しかし演技はまだまだNHK杯優勝当時のオーラが戻っていないように思いました。 もちろんシーズン初戦なのでこれからですし、彼のアメリカ育ちの明るさが良い意味で演技に影響してくれば期待は持てると思います。

〇無良崇人 無崇もまた毎年期待されながら、ここ一番でミスを重ね、大化けすることが出来ていません。 しかし高いジャンプは圧倒的ですし、彼には華があります。 USインターナショナルでもSPはとても良い雰囲気を醸し出していました。 冒頭の4Tも跳んできましたし、後半の3Aは彼らしい高くて見栄えのするジャンプでした。 ところがフリーではジャッジペーパーを見る限り、冒頭のクワドがダブルに、後半のジャンプはもうグタグタのようですね。 確かにまだまだシーズンはこれからですが、最近の無良はなかなか2本揃えることが出来ていないように思います。 雰囲気で行けば無良が第三の男には一番近いように思うんですが、彼にはメンタル面で負けないようにしてほしいです。

〇田中刑事 昨年にやや頭角を現してきた田中ですが、彼もまたオンドレイネペラトロフィーでSPとフリーの出来栄えの差がひどかったです。 フリーでは転倒で後半のジャンプがザヤックルールにもひっかかるなど全く点数が伸びませんでした。 まだまだ音楽と演技の協調も不十分ですし、今後どう調整していくかということなのでしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
田中刑事
村上大介
無良崇人

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

フィギュアスケート Road To 平昌  無良崇人 村上大介 田中刑事

虹風 憂璃様 お久しぶりです。

いよいよ始まったオリンピックシーズン。
GPシリーズが始まれば毎週開催であっという間にファイナル。
そして全日本。
年があければ4大陸を経てオリンピック!
もうあっという間です。
第3の男をめぐる戦いはある意味とてもドラマチックで厳しい戦いです。
願わくば誰が選ばれるにせよ、選考過程の戦いの中で逞しい精神力を身に着けて本番でもパーソナルベストを出すくらいのパフォーマンスを見せてほしいです。
ではまた。

フィギュアスケート Road To 平昌  無良崇人 村上大介 田中刑事

こんにちは。

男子の争い、3枠目が何気にものすごく熾烈ですよね。
以前、男子が2枠になってしまった時、宇野選手が「まるで1つの枠を争っているよう」と言っていましたが、今回羽生・宇野以外の選手はみなそのように感じているでしょう(笑)。

無事開催できるのか、開催されたとして参加を願う選手が全て参加できるのか、とても心配です。
現在、フランスが参加見送りの可能性を示唆していますが、フィギュアスケート的にはアイスダンスの有力なカップルがいるので、彼らとテサモアの新旧王者対決が見られないとなるととても残念です。

フィギュアスケート Road To 平昌  無良崇人 村上大介 田中刑事

HO太様 お久しぶりです。
いよいよ始ってしまいましたね。
見るのが怖いくらいの熾烈な戦いが続きます。
男子3枠目の争いも全く予断を許さない状況です。
村上選手はGPはNHK杯だけのエントリーなので(確か?)ファイナル進出は事実上不可なので全日本に全てをかけることになります。
選考にあたって全日本のウェイトが最も高いのでNHKで表彰台に登り、全日本でも3位に入れば可能性はあるわけでしっかり調整していただきたいですね。
田中選手の癖!それは知りませんでした。
でもほんとですね、滑っている途中でジャンプの構成の組み換えを考えながら演ずるのは辛いですね。
ルールの改正で多少は楽になりましたが。
田中のフリーは良いプログラムなのでロステレコムではきっちり修正してきて欲しいです。
無良選手はとにもかくにも自分を信じて出し尽くすことが必要でしょう。
悔いの残らない演技が出来ればポテンシャルで言えば無良が一歩前に出ていると思うんですけどねえ。

フィギュアスケート Road To 平昌  無良崇人 村上大介 田中刑事

こんにちは。
フィギュアスケート日本男子の3人目が誰になるか、気になるところですね。
村上大介は昨シーズン、オンドレイ・ネペラトロフィーで4位。4回転サルコウの転倒はあったものの、トリプルアクセル2本は下りていました。しかし怪我があってスケートアメリカ欠場、東日本選手権のショートプログラム中に再発、悔しい途中棄権となって中国杯も欠場を余儀なくされてしまいました。
今回のオータムクラシックでは、4回転サルコウ以外のジャンプやステップ、スピンの取りこぼし等が痛かったですね。これからみっちり滑り込んで、全体の質を上げられるかがポイントだと思いました。
U.S.インターナショナルの無良崇人は、得意のトリプルアクセルでパンク連続で(汗)。チャーリー・ホワイトに鍛えられたステップが確実にレベル4を取れるようになったのはいいんですが・・・4回転サルコウの確率が上がらなくても、ほかをまとめて着実に点を取っていく作戦もいいんじゃないかと思います。
田中刑事は、4回転を失敗するとき2回転じゃなくて3回転してしまう(?!)のが癖のようで、これはいいのか悪いのか?! SPでは大きく点を落とさないけど、フリーでは後のジャンプに影響ありそうです。コンビネーションは通常+3回転トウループで練習するでしょうから、今回4回転トウループが3回転トウループになった時点で、後半ジャンプをどうするか考えてしまったかもしれません。2回転トウループも2回までしか跳べませんから、ややこしくなりますね。
後半の4回転サルコウとトリプルアクセルで転倒、どちらも2回目でコンビネーションにできなかったため、+REPで基礎点が70%になってしまいました。結果的に、ジャンプ跳びすぎで無効0点になる(いわゆるザヤックルールに引っかかる)ことはなかったけど、転倒3回だと減点が-4になるので、これはこれで厳しいですね。
フリーは昨季からの持ち越しで馴染んでいるはずのプログラムなんですが、ジャンプが安定しないと生き生きした表現が難しくなるのかもしれません。

平昌五輪が無事に開催される、、、ことは信じて選手たちを応援しましょう!

こんな記事も読みたい

カーリングが熱過ぎた【harachirythm】

フィギュアスケート Road To 平昌 メドベージェワ、三原舞依、本郷理華、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

なぜ平昌五輪の女子は2枠なのか? 五輪でベストな演技をするには?【フィギュアスケートと,体操と,サッカーと】

フィギュアスケート Road To 平昌  宇野、ジェイソン・ブラウン、チェン、本田真凛【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

自信があったら勇気を出して殻を破ろう【Armar know Jack Bigwild】

アジアカップ開幕! こんなインド卓球はイヤだ 【田端到の東京五輪&ヤクルト・スワローズ研究所】

ドイツハンドボールでプレーする 佐藤元紀選手インタビュー【J-UNITED BLOG】

おめでとう、LS北見! 本橋麻里、藤澤五月、吉田知那美、鈴木夕湖、吉田夕梨花が日本代表に!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:2607
  • 累計のページビュー:13434258

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss