スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

井上全米デビュー・名声を確固たる物にするのは次戦で綺麗に倒すこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンスター井上尚弥の全米デビュー。 過去幾多の日本人名チャンピオンが望んだ本場での戦い。 しかしマッチメイクの難しさから実現したのはほんの一部の選手だけでした。 過去13戦の戦いぶりで、もはや負けることが想像できないほどに進化した井上。 こういった昇り竜が如く勢いのある内に全米デビューを果たすことが出来た彼はやはり200年に一人のモンスターです。 たとえ戦の場が本場であっても、井上に求められるのは内容のある勝利であり、今回の試合はあくまで更なる高みを目指す通過点なのです。 そういう意味で今回、ニエベスの戦い方にもチャレンジャーらしい勇気が全く見られませんでしたが、少々物足りなかったように思います。 これは井上に対する期待が普通の選手と違って圧倒的に高いためであり、普通ならノー文句の勝利と言えるでしょう。 しかし4ラウンドまではさすがの井上も時折ワンツースリーとパンチを繰り出しますが、単調に過ぎる試合でした。 ただ、ニエベスとしても井上に対抗するにはガードを固めて、相手の打ち終わりやちょっとしたスキにパンチを繰り出すしか方法がないのも事実。 まともに打ち合ってはひとたまりもないでしょうから、ニエベスに限らず井上に勝つとなると、ニエベスのような固いガードでドネアのようなハードなパンチを打てる選手しかいないように思います。 現実にはそんな選手はいないでしょうから、ただガードを固くするだけでは全く面白くない試合になってしまうわけです。 ニエベスは1Rにパンチをもらってすぐに怖がっていましたからもうどうしようもないですね。 あのまま後半まで行けば観衆からブーイングをもらってしまったと思います。 もちろんブーイングはニエベスに対してでしょうが、井上にとっても面白くないでしょう。 そういう意味で5Rに爆発させたボディーは強烈な印象を残しました。 ガードを固められても超強烈なボディーを打てるのが井上のセンスです。 あれだけボディーを打たれたらたまったものではありません。 6Rはとにかく逃げるだけ。 逃げていてもあれだけ強烈なボディーを何発も浴びれば、そりゃあ心は折れるでしょう。 井上にすれば不完全燃焼だったでしょうが、次は骨のある相手と対戦が組まれるはずです。 今回も評判は上々のようですが、これだけで全米ファンも満足してもらっては困ります。 次戦で本当のモンスターを目の当たりにするわけですから。

井上尚弥 14戦14勝(12KO) アントニオ・ニエベス 21戦17勝(9KO)2敗2分



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
井上尚弥

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

高安、玉鷲、宇良の負傷。勤続疲労型と事故型の怪我が、相撲界を壊す。【幕下相撲の知られざる世界】

観戦記1367 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vsアントニオ・ニエベス【人生マイペンライ】

そして希望は紡がれた。【Simon's Bar】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13532999

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  9. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss