スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

フィギュアスケート Road To 平昌 女子金メダリストロシアの二人が平昌断念

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子フィギュアロシア勢、ソトニコワとリプニツカヤのソチ五輪金メダリスト二人が故障と引退危機で平昌五輪出場が事実上不可能になるという残念なニュースが相次いで飛び込んできました。。 ソトニコワ21歳。 本来なら最も充実の年齢。 彼女の成績を見ると、GPグランプリはファイナルに1回だけ出場で5位ですがそれはソチ五輪のシーズン。 ロシア選手権は7回出場で4-0-1-2と4回優勝、3位1回。 欧州選手権が2度出場で0-2-0-0。 世界選手権はソチの1年前のシーズン1回だけ出場で9位。 こうして成績を振り返ると、国内では常にトップの位置をキープしながら、ソチ五輪の前年あたりから欧州選手権、世界選手権、GPファイナルに出場しソチに向けて計画を立ててピークに持って行ったことがわかります。 プレシーズンに出場した世界フィギュアでは得点は思うように伸びませんでしたが、質の高い演技で本番で強敵となる予感が確かにありました。 故障さえしなければロシアのエースはメドベージェワでなく今も彼女だったと思います。

リプニツカヤは日本で人気者。 独特の柔軟性から生まれるキャンドルスピン。 失敗しないジャンプは忘れられません。 リプ兄といわれていたのが僅か4年前なんですね。 はるか昔のことのように思ってしまいます。 ロシアティーンの誰もが苦しむ身体の成長による大きな壁。 リプニツカヤはこの壁に苦しみ、その壁を越えることが出来ませんでした。 引退危機は拒食症が原因ということですが、オリンピックシーズン翌年、彼女は成長した身体によりバランスが狂い、問題なく跳べていたジャンプが跳べず、切れも失ってしまいました。 減量を試みたのでしょうが、それはもっともやってはいけない食事制限によるものだったということになります。 残念でなりません。

少し触れましたがロシアティーン勢が必ずと言ってよいほどぶつかる思春期の壁。 現在GPファイナル、ロシア選手権、欧州選手権、世界選手権をそれぞれ2年連続優勝しているエフゲニア・セーラームーン・メドベージェワ。 圧倒的な強さを誇りますが、彼女は17歳。 果たして大事なオリンピックシーズンの今年、どのような身体つきで登場するのか。 その姿を見るだけで、平昌での活躍を占うことが出来ると言っても過言ではないでしょう。 メドベージェワが好調を維持しておれば代表の座は不動。 残る2枠を誰が埋めるのか・・・。 候補としてはトゥクタミシェワ、ラディオノワ、ポゴリラヤということでしょうが、この内前述の4大会全てに優勝経験があるのはトゥクタミシェワ。 シーズンごとの波が大きいですが、今シーズンは好調な姿を見せてくれるでしょう。 彼女には身体的に成長して云々という心配がなく、3Aへの積極的な挑戦を試みるなど、他の2選手に比べて一歩リードしていると思います。 残る1枠は紙一重。 ポゴリラヤは安定してきましたが、昨年の世界フィギュアでの失敗が尾を引いていなければ、身長も伸びて失敗も多くなったラディオノワよりは上ではないかと思っています。 ロシアはザギトワ、ソツコワなども台頭してきましたが、経験の差で上記3人の牙城を破るのは難しいでしょう。 それにしてもソトニコワ、リプニツカヤの離脱は残念でなりません。 いよいよ大事な大事なシーズンがはじまります。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
エフゲニア・メドベージェワ
平昌五輪
ユリア・リプニツカヤ
アデリナ・ソトニコワ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

フィギュアスケート女子金メダリストロシアの二人が平昌断念

toshibou0509m様 コメントいただきありがとうございます。

以前と違い最近の女子は低年齢化が顕著ですので、身体の成長より先にトップに昇ってしまう。
どうしても壁ができてしまいます。
昔のようにある程度成熟した女性がトップ選手として君臨していた時代が懐かしくもあります。

「フィギュアスケート女子金メダリストロシアの二人が平昌断念」へのコメント

ソトニコワ、結果的には勝ち逃げみたいな感じになっちゃいましたね。リプ兄の引退は…残念としか言いようがない。体型変化による壁は女子には顕著な事ですけど、そう考えるとオリンピック2大会以上を経験する選手には頭が下がりますね。

こんな記事も読みたい

開幕に向けラストスパート!!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

アジアンオープントロフィー2017@香港【だいたいフィギュアスケート、ときどきその他】

本田真凜について、誰も言わないこと【猫と観るスポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:3355
  • 累計のページビュー:13350378

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss