スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

ドーピング疑惑のネリ・最終陽性なら裁定はひとつしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやくパソコン新しいのが来ました!

ネリ選手のドーピング陽性についてですが、二次検査は適正におこなわれているのでしょうか? 牛肉に含まれているなど訳のわからないことが言われていますし、二次検査で結局陰性だったチャンチャンで終わる可能性も半分あると思います。 山中選手にとっては、たまったものではない状況です。 試合に負けてしまったのは事実ですし、今は望まずとも、まな板の上の鯉状態です。

この件に関して先日、陣営は山中が再起して戦うのはネリだけ・・・と自分で自分の進む道を狭くするような発言が飛び出しています。 これは、ちょっと問題のある発言です。 もしネリの二次検査が陽性ならWBCが取るべき措置はただ一つ。 今回の試合はノーコンテスト。 すなわち試合不成立ですから基本的に試合は存在しなかった・・・ということになります。 従って、山中のベルトは試合前の状態すなわちWBCバンタム級王者は山中慎介が保持。 これが当たり前だと思います。 タイトルを空位にすることすらおかしい。 ノーコンテストなのですから。 世界がこれだけアンチドーピングに向かっている訳ですから、ボクシング界もその方向に倣うべきです。

さらに言えばネリ選手は少なくとも試合を行うことが禁止されなければいけません。 期間については裁定待ちですが、大甘で最低1年。 すなわち山中陣営が望むネリとの再戦は事実上不可能なのです。 もし、ネリが陽性で上記のような裁定となったとき、山中陣営はどうするのでしょう? ネリと再戦する道はネリの二次検査が陰性となり試合は成立したときに限られます。 その上、ネリ陣営との交渉が待っています。 ダイレクトリマッチは簡単には出来ません。 そうすると結局1年近く待たなければなりません。 年齢や試合勘を考えるとけっこう難しい・・・。 さらに、試合後のネリのコメントで山中のパンチはかなり効いていたことがわかっています。 果たしてネリが山中との再戦を望むかどうかもわかりません。 どこまで信ぴょう性があるのかわかりませんが、会長はネリに勝っていても引退を決めていたという報道もあります。 これが事実なら、山中選手本人の気持ちが無視されている気がします。 今現在、山中選手自身も再起するならネリとの試合と考えるのは理解できます。 しかし実現するにはかなりのハードルがあると考えます。

ここまで書いてきましたが、まだ私は最終判定が結局陰性になってお咎めなしとなるような気がしてなりません。 逆にそうなれば、山中陣営にとっては唯一無二としている再戦に向けて道が開けたことになるのでしょうが・・・。 ただ、もし二次検査も陽性でチャンピオンベルトが戻ってきた場合は、タイトルの返上などせずに13度目の防衛戦をネリ選手以外と行って、具志堅氏に並ぶ記録をまずは達成してほしい。 心からそれを願っています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
ルイス・ネリ
山中慎介
ドーピング陽性

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ドーピング疑惑のネリ・最終陽性なら裁定はひとつしかない

ちょろちょろ様

ちなみにその前例ですが、ルスラン・チャガエフ選手で検索してウィキペディアでご覧ください。
最後はけっこうドタバタ模様のようですが、相手選手のドーピング違反で失った王座が差し戻されたことは事実のようです。

ドーピング疑惑のネリ・最終陽性なら裁定はひとつしかない

タイトルが戻った前例があったんですね!良い情報ありがとうございます。
だったら尚更ネリ選手が陽性であった場合、タイトルが戻らなければおかしいですね。同じ罪なのに試合によって罰が違うなんてことがあってはならないはず。
まあどうなるかはWBCの匙加減ひとつで結局最終判定が陰性になりそうとのブログ主様の予想が当たりそうな気がしますが、ネリとの再戦だけは避けてほしいです。

ドーピング疑惑のネリ・最終陽性なら裁定はひとつしかない

ちょろちょろ様 コメントいただきありがとうございます。

実際に調べると意外と直近に、協会は異なるWBAですが2016年に世界ヘビー級タイトルマッチで今回と同じく挑戦者が勝利した後、ドーピング違反が発覚して無効試合となり王者にベルトが戻った事例がありました。
後は二次検査の結果待ちですが、WBCがどのような裁定をくだすのか、今日現在では見守ることしかできません。
もし無効試合となりベルトが戻ってきた場合は、本文に書いた通り裁定に従ってもらって気持ちを新たに13度目の防衛戦を行ってほしいです。
どうしてもネリと戦いたいなら、ネリの出場停止処分が解けられて(おそらく1年・ボクシングは甘いですからね)14度目の新記録で再戦すれば良いと思います。
私も、ちょろちょろ様と同じくドーピング違反の選手とする必要はないと思いますが、山中選手が戦う気持ちであれば、致し方ないという感じです。
こういった状況になって思うのはタオル投入が早くてダメージが最小限に抑えられて良かったなあ~って。
大きなダメージを受けていたらベルトが戻ってきても試合どころではありませんからね。

ドーピング疑惑のネリ・最終陽性なら裁定はひとつしかない

初めてのコメント失礼します。オリンピックでもドーピングしたらメダル剥奪→順位は繰り上げとなります。ボクシングでそうならないのが不思議ですよね。
ボクシングや格闘技の試合では軽量オーバーしても試合自体を行ってオーバーした方が勝ったら無効試合、負けたら試合成立といったことがあります。
計量時の体重オーバーは不公平、ドーピング反則と同等に罪が重いはず。なのに興行自体を成立させるために試合前に反則を犯しているような選手でも試合をする・・これがある限りモヤモヤ感はどうしようもないのかもしれません。
少し前では亀田大の試合で相手が大幅に体重オーバーした上で試合をし負けて「負けても防衛」と叩かれました。
が、アレも亀田選手には何の責任もなかったことなのに彼を叩く世論に凄く違和感を感じてました。
試合前にきちんとそのことを発表できなかった興行主に問題があっただけで選手である彼は一方的な被害者であったはずなのに。
今回ネリのドーピングが陽性になったら無効試合→タイトルは元通りにならないとおかしいと思います。ジムの会長がそれを拒否すると新聞にありましたが勘弁してほしい。例え本人の意向をそのまま会長がマスコミに言ってるんだとしても。会長や本人が拒否してもタイトルは戻すべき。
ドーピング陽性の相手ともう一度やる必要などない!!反則する相手にこだわる必要なんてこれっぽっちもない!!!とボクシングファンは声を大にしてほしいと思っています。

こんな記事も読みたい

こっから2週間、注目ファイトてんこ盛りです。【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

クーラーのない体育館で、夏巡業をすべきではない。【「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ】

観戦記1360 Krush.77 Krushvs中国 卜部弘嵩vsジェン・ジュンフェン【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:15459
  • 累計のページビュー:13368365

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss