スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第11戦ハンガリーGP マクラーレンの判断やいかに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッとしました。 これが率直な感想です。 ハンガロリンクはマクラーレン・ホンダにとってポイント獲得最大のチャンスと言われていたのは皆さんご承知の通り。 アロンソも長谷川代表もエリック・ブーリエも口を揃えてチャンス、チャンスと言ってましたがこれで結果が出なかったら・・・。 それを考えると・・・いや考えたくはなかった・・・いやいや、考えないようにしました。

でもって、ハンガリーGPの結果は フェルナンド・アロンソ 6位入賞!8ポイント獲得 ファステストラップ獲得! ストフェル・バンドーン10位入賞!1ポイント獲得 あのザウバーを抜いてコンストラクターズ9位浮上!

やってくれました。 2台揃ってQ3進出でグリッドも上位3強につぐ7番手、8番手。 決勝レースでは何が起こるか分からず、ドライバーの腕だけでは回避出来ない不足の事態も起こりえるので、予選結果を見た時点でひとつの成果を出せたと思って喜んでいましたが、やはり決勝レースで2台入賞成ったのは今季これまでで最も嬉しい出来事です。 現時点で望みうる最高の部類に入る結果でしょう。 しかもアロンソはファステストラップまで叩きだしました。 これには驚きました。 いくらパワーユニットの差が出にくいコースでも、ファステストを獲得するアロンソのアグレッシブな走りはお見事というしかありません。 現F1最高のドライバーであることを証明する走りでしたね。

夏休み前最後のGP。 ホンダとしては現時点で出来る事は全てやりつくしたでしょう。 当然シャシーとの相性も有りますが、フリー走行、予選、決勝とトラブルらしいトラブルもなく走り切れたのは事実。 果たして来季の契約はどうなるのか。 ここまでの情報を細かく見ていくと、既にマクラーレン側は意志を固めていると思います。 ホンダもハンガリーでひとつの結果をマクラーレンに示す事は出来ました。 さらに長谷川氏はスペック4の存在を明らかにし、スペック5へと進化を続ける意思も示しています。 果たしてマクラーレンは来季もホンダとの契約を続けていくのか。

ホンダはもちろんのこと、マクラーレンもアロンソもそれが一番望ましいと思っていることは間違いないでしょう。 しかし勝ってなんぼの世界。 あまりにもここまでの結果はひどすぎました。 スペック3になってようやく、コース的に難しいとされていたイギリスGPでバンドーンがQ3に進出。 ハンガリーでは待望のダブルでQ3進出から決勝でダブル入賞。 スペック3は確実に成果を出しつつあります。 それでもコンストラクターズでようやく最下位脱出の11ポイント。 メルセデス357ポイント フェラーリ318ポイント レッドブル184ポイント 3強はまだ遥か前方を走っています。

ザウバーがホンダとの契約を白紙にしたのもあまり良いニュースではありません。 来年も応援し続ける記事が書けるのか。 その可能性は五分五分と思います。 ホンダはやるべきことはやりました。 出来ればシーズン当初にこのレベルには到達していて欲しかった。 マクラーレンの決断や如何に。 ベルギーGPは8月25日から。 来季もホンダとのパートナーシップが続くことが明らかになり、高速スパでもパフォーマンスを十分に発揮するホンダパワーユニット。 そういった状況になっていて欲しい、 そう願う今日この頃です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:
ベルギー・グランプリ
アロンソ、ファステスト・ラップ
ストフェル・バンドーン
フェルナンド・アロンソ
マクラーレン・ホンダ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第11戦ハンガリーGP マクラーレンの判断やいかに

灯り様 コメントいただきありがとうございます。
家のパソコンの調子が悪くまともに稼働しないためお返事遅れて申し訳ありません。

以前、マクラーレンがホンダに払う違約金は、新たなパートナーシップを目指す事で得る
スポンサー契約料で相殺出来るという内容の記事を読みました。
まあ、お金の件はどこまで信じて良いのかはわかりませんが、
エンジン交換をマクラーレンが探っている事は誰が見ても間違いない事実なのでしょうね。
コンコルドで言うと、こういった騒ぎでホンダがF1から撤退するのも問題なので、
その為のトロロッソということなのかもしれませんし、結局のところ、まとまるところでまとまれば、
(ホンダはトロロッソで継続、マクラーレンはルノー)他チームも同意せざるを得ないとは思います。
ただし、メルセデスやフェラーリではなくルノーとなると、ホンダのスペック3での改善度などを
考えると、マクラーレンにとっても悩ましいはずで、
このままマクラーレン・ホンダが来季も継続される・・・という結論に至る事を願っています。

「マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第11戦ハンガリーGP マクラーレンの判断やいかに」へのコメント

F-1界では何が起こるか分からないので全否定はしないが、契約が重要なのも確か。ホンダとマクラーレン間には複数年の契約がある。一方的に契約解除を望めば、多額の違約金が発生する筈だ。そして、何よりコンコルド協定もある。来季の登録申請を終えた今、搭載エンジンを変更するには全チームの同意が必要だ❗私には、マクラーレンの動きは現実的には思えない。

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第11戦ハンガリーGP マクラーレンの判断やいかに

ケケロ様 コメントいただきありがとうございます。

正直非常に複雑な思いです。
と言うのは、ホンダにとってはマクラーレンと契約を継続することが最も良いケースなのは間違いありません。
ところがマクラーレンにとって結果的にホンダとこれからも一緒にやっていくことになった場合、必ずしもそれがベストの選択ではないという状況なんですね。
人と人とのつながり的な部分ではマクラーレンもホンダと一緒にやることがハッピーと思っているに違いありませんが、お友達契約ではありませんので、勝利至上主義でいけばマクラーレンはもっと競争力のあるエンジンが欲しいと思うのは当然です。
しかし、果してメルセデスやルノーなどと契約を結ぶことが出来るのかは不透明だと思います。

ハンガリーでは好結果を残しましたが、エンジンでの差が出にくい状況であることは確かなので、皮肉なことにマクラーレンのシャシーの高性能が証明されたとも言える訳です。
もちろんスペック3も十分進化していますが、マクラーレンもシャシーに対して自信を持てた、イコール他の競争力のあるエンジンを載せたら表彰台を狙えると思ったはずです。
それはアロンソも同じでしょう。

この夏休みでマクラーレンが他のエンジンメーカーとの交渉が上手くいけば、ホンダと決別。
不調に終わればホンダのスペック4、5に期待して来季も継続。
現状はそういった所ではないでしょうか。
どういう結論になるのでしょうね。
個人的には何とかマクラーレン・ホンダで復活を遂げて欲しいんですけどね。

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第11戦ハンガリーGP マクラーレンの判断やいかに

小生も第二期からのホンダファンですが・・・
今の状態だと奇跡でも起きない限りマクラーレンと決別、
下手するとF1撤退に追い込まれる可能性があると思います。
ホンダはなぜここまで楽観的になれるのか?訳が分かりません。
いくら契約があっても、アロンソやブラウンにこれほどまでに嫌われているようでは・・・・
ホンダが自慢するスペック3も、アロンソやブラウンからすれば、
今年大幅に退化して、ハンガリーGPでやっと昨年のレベルに戻ったぐらいの認識でしょ?

スペック3ではベルギーGPやイタリヤGPでポイント獲得はかなり難しいのでは?
ここでポイントを獲得できず、ダメ押しをされる公算が高いと思います。

だから、最低でもイタリヤGPでスペック4投入し、
相性のいいシンガポールGPやマレーシアGPで表彰台を目指すぐらいのスピード感がないと、
マクラーレンやアロンソから三行半を突きつけられる可能性が高いと見るべきなんじゃないのでしょうか?

噂では、スペック4投入は、アメリカGPに間に合うかどうかとのことですが、
小生としても、それではちょっと遅すぎると思うんですよね!

ホンダはいい意味で保守的な会社と思ってますが、
逆に裏目に出て、スローな文化と見られても仕方がないのかもしれません!
スペック3にしても、もう少し早く投入していれば、
状況も変わっていたと思うんですよね!

まあ、マクラーレンとアロンソとは別れを告げて、
初心に戻って来年トロ・ロッソと契約し、一から出直すのもいいかもしれません。
うまくいけば、再来年か再々来年以降にレッドブルと契約できるかもしれませんしね!

しかし、仮にうまくいってレッドブルで優勝したとしても、
アロンソとマクラーレンを使い潰したという風に見られのもどうなんですかね?

まあ、小生としてはいちホンダファンとして、奇跡を祈ってます!

来年、アロンソとマクラーレンホンダで優勝争いをしてほしいです!

こんな記事も読みたい

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第10戦イギリスGP 噂に関する個人的見解【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第9戦オーストリアGP 金曜日は興奮したけれど【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第8戦アゼルバイジャンGP 2ポイント獲得!【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconkagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。
ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

影無茶という名前は
黒沢作品「影武者」から作りました。
あんまり無茶は言いませんが・・・。
と、いう訳で映画も大好きです。
  • 昨日のページビュー:5483
  • 累計のページビュー:13142512

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss