スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

スポーツTwenty four seven 常にあらゆるスポーツを! 

kagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。 ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 影無茶という名 もっと見る
  • 昨日のページビュー:3365
  • 累計のページビュー:12890047
  • (06月26日現在)

最新の記事

先週のジャイアンツ(6月23日~25日)失望一歩手前で踏ん張った

相手に先制を許した試合21連敗というのは尋常な数字ではありませんが何とかストップ。 まずは先週の数字(と言っても3日間ですが) ○スコア 6月23日 対ドラゴンズ 0対1● 6月24日 対ドラゴンズ 2対8● 6月25日 対ドラゴンズ 4対3○ ○主な打者の成績 陽   10打数3安打.300 打点2 坂本  10打数2安打.200 打点1 マギー 10打数2安打.200 打点2 長野  11打......続きを読む»

陸上日本選手権男子100メートル決勝

1か月半後に迫った世界陸上。 代表選考を兼ねた日本選手権が行われています。 昨日の男子100メートル決勝は見応えがありました。 レースその物はサニブラウンの底知れぬ力が垣間見えて一方的な勝利でしたが、これだけタレントが揃う事はなかなかないので雰囲気を味わうだけでも十分楽しめました。 優勝はサニブラウンですが、ここまで盛りあげたのは多田選手の存在が大きかったですね。 追い風参考ながら国内初の9秒台を出......続きを読む»

先週のジャイアンツ(6月13日~18日)夜空の向こうに明日が待っていた

始球式を務めた仲代達矢氏の言葉。 「20連勝すれば元に戻る、心配していない」 いいですねえ、ネガティブなことは考えず私もこの気持ちで応援しようと思いました。 仲代氏の思いが通じたのか、先週は希望が見えた1週間でした。 まずは先週の数字。 ○スコア 6月13日 対ホークス 5対1○ 6月14日 対ホークス 3対0○ 6月15日 対ホークス 3対7● 6月16日 対マリーンズ 8対0○ 6月17日 対......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第7戦カナダGP それ以降の記事を読んで個人的見解

まずはカナダGPの成績。 ストフェル・バンドーン 14位 フェルナンド・アロンソ リタイア アロンソは残り2周までポイント圏内10位を走行するもエンジン故障でリタイア。 アロンソの激走は、マクラーレンに何としてもアロンソに残って欲しい。 改めて、そう強く思わせたのではないでしょうか。 もしという言葉は禁物ですが、アロンソが1ポイント獲得出来ておれば、レース後の報道もここまでネガティブ記事一色にはなら......続きを読む»

センバツからのタイブレーク導入に賛成、やる方も見る方も慣れなければいけない

報道によると、来春センバツからタイブレーク制の導入が濃厚とのこと。 過去話題になっては消えを繰り返してきましたがついに健康面配慮の声を無視できなくなったということでしょう。 プレイする側も見る側も長年親しんできた延長再試合制を変えるのに抵抗が大きいのはやむを得ないと思います。 しかし選手(特に投手)に大きな負担がかかったままの現状はどう考えても問題です。 無理を重ねて関節や骨を痛めてしまったら誰が責......続きを読む»

先週のジャイアンツ(6月6日~11日)改革のチャンスと捉える

依然先の見えない状況です。 先週の数字。 ○スコア 6月6日 対ライオンズ 5対8● 6月7日 対ライオンズ 0対3●(球団記録12連敗) 6月8日 対ライオンズ 2対13● 6月9日  対ファイターズ 2対1○ 6月10日 対ファイターズ 2対3● 6月11日 対ファイターズ 1対5● ○主な打者の成績 陽  23打数6安打.261 打点2  坂本 16打数4安打.250 打点1 阿部 22打......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 ホンダ正念場ではあるが復活を信じる

予想されていた・・・というより確実視されていたカナダGPでのアップグレードエンジン投入先送り。 バーレーンでのトラブル解明が成されない限りアップグレードはありえません。 長谷川リーダーからザク・ブラウンに伝えられたのは、ついこの前と記事になありますがそんなはずはないでしょ。 もし本当なら全く情報共有が出来ていないということになります。 実際はマクラーレン側も織り込み済みだったと思います。 このまま先......続きを読む»

世界のどこより早く大舞台を経験した日本卓球陣ティーンエージャー

世界卓球2017が終わりました。 進境著しくかつての強さを取り戻しつつある日本卓球陣。 今回混合ダブルスで石川・吉村組が金メダル。 男子ダブルスで森薗・大島組が銀、丹羽・吉村組が銅。 女子ダブルスが伊藤・早田の16歳コンビが銅メダル。 女子シングルスでハリケーン平野が銅メダル。 その他にも男子シングルスで史上最年少13歳で張本少年が堂々のベスト8。 東京オリンピックに向けては正に視界良好と言って差し......続きを読む»

先週のジャイアンツ(5月30日~6月4日)どん底

まさか全敗するとは・・・ まずは先週の数字です。 ○スコア 5月30日 対イーグルス  5対13● 5月31日 対イーグルス  0対6● 6月1日  対イーグルス  2対3● 6月2日  対バファローズ 5対6● 6月3日  対バファローズ 4対5● 6月4日  対バファローズ 1対3● ○主な打者の成績 立岡  10打数0安打.000(6月2日抹消) 坂本  26打数8安打.308 打点3 阿......続きを読む»

ストーリーで考える馬券戦略:安田記念

ダービーが終わり、祭りの後の寂しさを感じる今日この頃。 休む暇もなく今週はマイル王を決める安田記念です。 歴史ある安田記念ですが、かつて今のGⅠが8大競争と言われた時代、GⅠを拡大するにあたり距離別体系を整備してマイルGⅠに昇格したのが1984年。 33年も前になるんですね。 安田記念のことを投稿する時に必ず書いているのが、GⅠ昇格の年。 ハッピープログレスが記念すべきGⅠ初年度の優勝馬に輝いた時、......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第6戦モナコGP

全く科学的ではありませんが、マクラーレンホンダはお祓いをする必要があるのかもしれません。 元々モナコのコースはポイント獲得のチャンスと言われてましたが、事実、予選で初めて2台共にQ3に進出し、1戦のみ復活のジェイソン・バトンが9番手、ストフェル・バンドーンが10番手という好結果。 ハードルが下がっているのは何とも複雑ですが2台ともポイント圏内の好走だったことは間違いありません。 この1戦だけ復活のジ......続きを読む»

先週のジャイアンツ(5月23日~28日)カープに死んだふり・・・ってそんな訳ないか

先週は上位2球団タイガース、カープとの3連戦。 上位進出のためには絶対叩かなければならないチームです・・・が。 ○スコア 5月23日 対タイガース 1対0○ 5月24日 対タイガース 3対1○ 5月25日 対タイガース 1対6● 5月26日 対カープ   2対7● 5月27日 対カープ   0対9● 5月28日 対カープ   2対3● ○主な打者の成績(5月23日~28日) 中井  8打数0安打......続きを読む»

ストーリーで考える馬券戦略:日本ダービー

春競馬のクライマックス日本ダービーが近づいてきました。 競馬関係者なら誰もが一度は勝ちたいと夢見るダービー。 馬券を買う私たちにとっても的中すれば嬉しさは格別です。 今年はどんなドラマが見られるのでしょうか。 先週、3歳牝馬のクラシックは牡馬に比べて前哨戦との関連性が高いと書きました。 ところがダービーだけは混合ですが極端に前哨戦が限られていました。 以前は、マツクニローテという言葉もあったように......続きを読む»

稀勢の里には数場所休場しても出場より完治を優先して欲しい

ついにというか、ようやくというか稀勢の里が休場する決断を下しました。 ここまで横綱の責任感だけで土俵を勤め上げてきたと思います。 最初から相撲を取れる状態ではなかった訳ですから。 逆によく10日間土俵に上がり続けました。 稀勢の里関自ら親方に相撲が取れないと申し出たくらいですから余程状態が悪いのでしょう。 こうなれば完璧に直して欲しい。 時間がかかっても構わないじゃないですか。 長い夏巡業が始まり......続きを読む»

井上尚弥完璧な勝利・もはや負ける姿を想像できない

二日間に渡る世界戦ラッシュのトリを飾った井上尚弥。 理解不能の判定でベルトを盗まれた村田、まさかの1RTKO負けの八重樫。 普通なら波乱の連鎖で嫌なムードが醸し出されますが井上選手に限っては全く心配していませんでした。 実際予想通り、いや予想を上回る規格外の強さを見せてくれました。 相手は指名挑戦者。 それなりの実力者なのにまるでミスマッチと思ってしまう圧倒的な力の差。 井上のド迫力な攻撃には美しさ......続きを読む»

先週のジャイアンツ(5月16日~21日)若手選手の活躍を見たい

先週は眼下の敵スワローズとベイスターズ相手に3勝3敗という結果。 ○スコア 5月16日 対スワローズ  5対1○ 5月17日 対スワローズ  0対7● 5月18日 対スワローズ  0対1● 5月19日 対ベイスターズ 5対3○ 5月20日 対ベイスターズ 4対6● 5月21日 対ベイスターズ 4対0○ ○主な打者の成績(5月16日~21日) 中井  10打数2安打 週間打率.200 立岡  25......続きを読む»

日本ボクシングのプライドを保つ・比嘉ウェイトオーバー前チャンピオンに勝って新王者

年末を彷彿させる世界戦ラッシュ。 そんなに一度に見られないよと悲鳴を上げたくなりますがそれだけ世界王者が多いという証拠。 テレビで比嘉戦を見てちょっと他局を見て、村田の試合を見て(拳四朗ゴメン!)ユーチューブで田中恒成の試合を見ました。 明日は井上、八重樫。 やっぱりもう少し間隔をあけてください、お願いします(涙) さて日本人初の全勝全KOチャンピオン誕生なるかと期待の比嘉大吾。 世界フライ級タイ......続きを読む»

村田無念!蜂のようにささず蝶のように逃げただけのエンダムが勝ってしまった

日本ボクシング史上初のオリンピアン世界チャンピオン誕生が期待された村田諒太。 結果はご存知の通り不可解といってもよいレベルの判定負け。 試合終了後いろんなサイトのいろんなコメントを見ましたがやはりいましたエンダムが勝っているという記述。 まあ実際3人のジャッジの内2人がエンダムを勝ちにしている訳ですからそういう見方をする人もいるでしょうが、私は納得できませんでした。 何を素人がという人もおられるでし......続きを読む»

ストーリーで考える馬券戦略・優駿牝馬

春のGⅠもいよいよクライマックスを迎えます。 まずは優駿牝馬、オークス。 牝馬限定GⅠでは最も長い2400M。 過去の勝馬を見ると牡馬GⅠでも勝てるブエナビスタ、ジェンティルドンナのような超ド級は限られており、中には牝馬限定GⅠなら勝てる馬もいますが、このレースで燃え尽きたかのような馬も少なくありません。 3歳牝馬にとってそれほどまでに過酷なレース、それが優駿牝馬オークスです。 今年は牝馬のレベルが......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第5戦スペインGP

アロンソのインディプラクティスの話題が尽きない中、彼の地元スペインで開催された第5戦。 今週はマクラーレン・ホンダにとってジェットコースターのような展開でした。 まずは金曜日、いきなり飛び込んできたアロンソのエンジンに大きな穴があいて全く走れないという衝撃のニュース。 ホンダが何か悪いことした?って、神に問いたくなるほど試練の連続。 目の前が真っ暗になりましたが、今度は嬉しい方の信じられないニュース......続きを読む»

先週のジャイアンツ(5月9日~14日)パッションを感じない

先週は首位タイガースと2位カープとの4試合(1試合雨天中止)でしたが1勝3敗でした。 ○スコア 5月9日  対タイガース2対4● 5月10日 対タイガース9対7○ 5月12日 対カープ  雨天中止 5月13日 対カープ  2対11● 5月14日 対カープ  1対8● ○主な打者の成績(5月9日~14日) 中井  14打数2安打 週間打率.143 立岡   4打数0安打 週間打率.000 坂本  ......続きを読む»

ストーリーで考える馬券戦略・ヴィクトリアマイル

今週はヴィクトリアマイルです。 秋にはエリザベス女王杯がありますが、古馬の春の大目標として2006年に創設されたGⅠ。 マイルの重要性が高くなっている最近の傾向もあり、他に牝馬限定マイルGⅠは桜花賞しかないので、レース創設当初より意義は高くなっていると思われます。 (ジュベナイルフィリーズを忘れていました。) 過去の勝馬を見るといわゆる超ド級かこのレースで念願のGⅠ初制覇という両極端な傾向が見られま......続きを読む»

ラグビーWカップ組分け決まる・2回続けてこそ本当の実力

2019年ラグビーWカップの組み合わせが決まりました。 スポーツ新聞によっては(決勝トーナメント進出へ)良い組に入ったという論調がありました。 果してそうでしょうか。 2015年W杯で世界に称賛されたジャパンラグビ-は、エディージョーンズヘッドコーチの掲げるジャパンウェイが結実した物でした。 エディー・ジョーンズは2012年に代表ヘッドコーチに就任しましたが、当初から2015年トップ10、2019年......続きを読む»

先週のジャイアンツ(5月2日~7日)つまるところ役者が投げた時、打った時しか勝てないって感じ?

先週は6試合で4勝2敗貯金を2増やす事が出来ました。 ○スコア 5月2日  対ベイスターズ5対0○ 5月3日  対ベイスターズ4対1○ 5月4日  対ベイスターズ2対5● 5月5日  対ドラゴンズ3対2○ 5月6日  対ドラゴンズ6対1○ 5月7日  対ドラゴンズ1対8● ○主な打者の成績(2日~7日) 中井  25打数8安打  週間打率 .320 立岡  22打数2安打  週間打率 .091 ......続きを読む»

ストーリーで考える馬券戦略・NHKマイルカップ

その昔まだNHK杯がダービーのトライアルレースだった頃、勝った馬が関西の秘密兵器と呼ばれることが多く、結局秘密兵器のままだったと言われたのが懐かしいこのレース。 GⅠ昇格当初マル外ダービーと言われ、毎日杯からマイルカップ、ダービーへと続くマツクニローテなる言葉も生まれたのも今は昔。 最近は距離適正を見極めて、桜花賞、皐月賞は使った物のダービー、オークスに向かわずここ目標にする馬や、デビュー当初からマ......続きを読む»

稀勢の里関には角界の雰囲気にとらわれないで欲しい

年6場所は「ついこの前まで相撲していたのに、もう始まるんやね」って印象強いです。 アッという間に夏場所が迫ってきました。 春場所、劇的な優勝で人々を大きな感動の渦に巻き込んだ横綱稀勢の里。 その代償はやはり大きなものだったようです。 左大胸筋損傷、左上腕ニ頭筋損傷。 時の首相小泉純一郎が感動した!と叫んだ貴乃花関は膝だったので、それに比べれば・・・という声も聞きますが、左からの攻めを得意とする稀勢の......続きを読む»

先週のジャイアンツ(4月25日~30日)どれだけ1点差負けするねん

先週は6試合で2勝4敗。 ○スコア 4月25日 対カープ1対0 4月26日 対カープ6対7 4月27日 対カープ0対1 4月28日 対スワローズ7対0 4月29日 対スワローズ1対2 4月30日 対スワローズ2対3 ○主な打者の成績 中井 24打数4安打 週間打率 .167 立岡 23打数7安打 週間打率 .304 坂本 24打数6安打 週間打率 .250 阿部 19打数2安打 週間打率 .10......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第4戦ロシアGP

どこまで続くぬかるみぞ・・・。 ホンダに限らず、過去にここまで問題が噴出したチームはあったでしょうか。 予選でバンドーンのパワーユニットに問題が発生。 まさか4戦にして早くもペナルティーを受けることになるとはシーズン前には考えもしませんでした。 それでもバンドーンは初の完走。 多少の光が見えたと思いたいです。 バンドーンがようやく完走できたと思ったら、アロンソがパワーユニットに問題発生との事でスタ......続きを読む»

先週のジヤイアンツ(4月18日~23日)投手陣頑張ってチーム防御率セ界トップに

ジャイアンツは先週5試合を消化。 3勝2敗と一つ貯金を殖やしてタイガースと同率2位という現在位置。 その5試合を数字で見ると ○スコア 4月18日 対スワローズ 3対0 ○ 4月19日 対スワローズ 1対0 ○ 4月21日 対タイガーズ 1対4 ● 4月22日 対タイガーズ 4対1 ○ 4月23日 対タイガース 1対2 ● ○主な打者の成績 中井   20打数4安打  週間打率 .200 立岡 ......続きを読む»

ボクシングW世界戦・井岡やや消化不良気味の防衛、大森大きなチャンスをつかめず

WBA世界フライ級タイトルマッチ、具志堅氏の記録に並ぶ世界戦14勝目をかけた試合。 井岡が迎えたチャレンジャーは12年間負け知らず61連勝がクローズアップされたタイのノクノイ・シットプラサート。 だいたいにおいて、度が過ぎた記録というのは何かしら胡散臭い物です。 ご存知ない方が多いと思いますが私が中学生の時、日本プロレスワールドリーグ戦に来日したホセ・メンドーサというメキシカンプロレスラーは雑誌ゴン......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 33 34

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss