スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!

スポーツTwenty four seven 常にあらゆるスポーツを! 

kagesupo143

「スポーツ千一夜」のタイトルでスポーツナビに参加させて頂いて5年目。 ここ1年ほど、なかなか投稿できませんでしたが、そろそろペースを上げていこうと思っています。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 影無茶という名 もっと見る
  • 昨日のページビュー:4196
  • 累計のページビュー:13125747
  • (08月17日現在)

最新の記事

山中慎介13度目防衛ならず ネリはやっぱり強かった

具志堅氏に並ぶ13度目の防衛なるか。 山中慎介、最強の敵ルイス・ネリを迎えてのWBC世界バンタム級タイトルマッチ。 実は12度目の防衛後、相手はルイス・ネリしかいないと思った時から嫌な予感がありました。 神の左は健在ですが、明らかに被弾してしまう場面が多くなり、ネリのパンチを受けた時に果たして耐えられるのだろうか。 そんな不安が頭から離れませんでした。 実際に最近の山中チャンピオンの戦いぶりを見てそ......続きを読む»

先週のジャイアンツ(8月8日~13日)祝・阿部慎之助2000本安打達成!

先週は上位2球団相手に3勝3敗。 またしても借金を減らせませんでした。 まずは先週の結果。 ○スコア 8月8日  対タイガース 6対1○ 8月9日  対タイガース 4対5● 8月10日 対タイガース 5対2○ 8月11日 対カープ   9対2○ 8月12日 対カープ   0対1● 8月13日 対カープ   1対4● ○主な打者の成績 陽    21打数8安打.381 マギー  23打数10安......続きを読む»

第99回夏の甲子園 感想 その1

夏の甲子園も4日が過ぎました。 まず思うのはよく点が入るということ。 17本塁打はけっこうハイペースではないでしょうか。 これだけ暑いと投手は大変です。 とてもじゃないですがエース一人で勝ちぬくのは至難の業で健康的にも問題です。 かといって複数の投手を擁すると万全かというと、それはそれで継投が難しく、タラレバは禁物ですが中京大中京は投手を変えなければ結果は違っていたかもしれません。 それにしても今日......続きを読む»

先週のジャイアンツ(8月1日~6日)6試合連続二桁安打で3勝3敗は残念

おそらく先週はシーズンの中でも最も打線が好調だったと思われる1週間でしたが、借金を減らせませんでした。 岩瀬投手の鉄人記録誕生週に遭遇し、めぐりあわせも悪かったですね。 これだけ打線が好調の時なのでせめて4勝2敗でクリアして欲しかった。 それでは先週の結果 ○スコア 8月1日  対スワローズ  10対3○ 8月2日  対スワローズ  10対4○ 8月3日  対スワローズ   5対7● 8月4日......続きを読む»

夏の甲子園49代表校決まっての印象だけの勝手な予想(2017年)

今年もやってきましたこの季節。 毎年49代表校が決まった時点で印象だけの勝手な予想を書かせていただいてます。 2017年版印象だけの勝手な予想。 1世紀の歴史に迫る夏の全国高校野球選手権大会第99回大会。 初出場は6校で内5校は春夏通じて初出場。 聞きなれない校名がフレッシュに感じますがこれだけ回を重ねてくると全体的には常連校の名前が目立ちます。 ただ、常連校と言っても近年になって甲子園出場が増えて......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第11戦ハンガリーGP マクラーレンの判断やいかに

ホッとしました。 これが率直な感想です。 ハンガロリンクはマクラーレン・ホンダにとってポイント獲得最大のチャンスと言われていたのは皆さんご承知の通り。 アロンソも長谷川代表もエリック・ブーリエも口を揃えてチャンス、チャンスと言ってましたがこれで結果が出なかったら・・・。 それを考えると・・・いや考えたくはなかった・・・いやいや、考えないようにしました。 でもって、ハンガリーGPの結果は フェルナン......続きを読む»

先週のジャイアンツ(7月25日~30日)カープとの野球の違いにがく然としたが・・・

昨日は今季初の3点差からの逆転勝利、しかもサヨナラ。 由伸監督も動きましたね。 やっぱり動かないと勝てません! まずは先週の結果から ○スコア 7月25日  対カープ 2対1● 7月26日  対カープ 2対7● 7月27日  対カープ 4対3○ 7月29日  対ベイスターズ 5対1○ 7月30日  対ベイスターズ 5対4○ ○主な打者の成績 陽    18打数3安打.167 打点2 坂本   ......続きを読む»

ボンバーレフト三浦引退とジャイアントキリング木村王座奪取

何気にスポナビを見たら木村翔選手があのゾウ・シミンに勝って王座奪取の見出し。 一瞬我が目を疑いましたが(失礼)ビッグニュースに早速ユーチューブで検索したらアップされてました! 10Rと11Rを見る事が出来ましたが、木村選手のアグレッシブな戦いには驚きました。 ゾウ選手はグロッギー気味で木村選手は前に前に出て右、左とパンチを出し続けていました。 10Rなんか途中ゾウ選手がスリップでダウンしましたが、レ......続きを読む»

先週のジャイアンツ(7月17日~23日)勢いに水を差す山口投手の愚行

5月28日に借金生活に入ったジャイアンツ。 6月11日と7月2日の2度最大11まで増えた借金ですが、オールスター前の9連戦を7勝2敗でカバーして借金6まで減らしてきました。 勢いがしぼんでいないかが気になった球演明け、まずは先週の結果から。 ○スコア 7月17日 対ドラゴンズ  5対1○ 7月18日 対ドラゴンズ  1対6● 7月19日 対ドラゴンズ  6対5○ 7月21日 対ベイスターズ 3対3......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第10戦イギリスGP 噂に関する個人的見解

今年のF1は早くも折り返し。 第10戦イギリスGP。 マクラーレン・ホンダが僅か2ポイントという現実は正直思ってもみませんでした。 結果が求められる世界。 マクラーレンがホンダの努力を認めていても、現在の状況が続けばエンジンの供給を他社から受けるという選択肢はあって当然です。 ホンダの努力が結実するよう願うというか信じるしかありません。 スペック3を投入したイギリスGPの結果は ストフェル・バンド......続きを読む»

先週のジャイアンツ(7月10日~12日)9連戦7勝2敗

最下位スワローズ戦とは言え3タテは大きいです。 これでカープ、タイガース、スワローズの9連戦を7勝2敗。 良い形で後半戦に入れますが・・・。 では3戦だけですが先週の結果を。 ○スコア 7月10日 対スワローズ  3対2○ 7月11日 対スワローズ  2対0○ 7月12日 対スワローズ  8対3○ ○主な打者の成績 陽    3打数1安打.333 中井   6打数0安打.000 打点1 立岡  ......続きを読む»

これが稀勢の里関のマイウェイ

大相撲名古屋場所。 横綱稀勢の里が2勝3敗と窮地に追い込まれました。 昨日の取り組みでは左足首を負傷したとか。 休場は時間の問題だと思います。 私は過去の記事で書いたように稀勢関の長期休場を勧め、貴乃花関の繰返しは避けて欲しいと願っていました。 同じ思いを持っている角界ファンは多いと思います。 横綱に陥落がないのは万全な態勢で出場し盤石の強さを見せるためであり、中途半端な状態では出場せず問題があれば......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第9戦オーストリアGP 金曜日は興奮したけれど

興奮しました。 金曜日フリー走行の結果、記事を見て。 ホンダが投入したスペック3。 明らかな前進があり、マクラーレン・ホンダ陣営全ての関係者から今年一番のポジティブな意見が聞けました。 その時点で応援し続ける記事で喜びをアップしようと思いましたが、ちょっと待てよ・・・。 レース結果を見てからにしようと思ったのは、レースで今年最高の結果が出れば、より前向きな内容を書く事が出来るし、もし尻すぼみに終わっ......続きを読む»

先週のジャイアンツ(7月4日~9日)3タテはむずかしい・・・が、これを続けられれば

4連敗と相変わらず調子の上がらない状況で上位球団との6連戦。 アウェイということもあり、劣勢を予想しましたが・・・。 まずは結果。 ○スコア 7月4日 対カープ  3対0○ 7月5日 対カープ  5対0○ 7月6日 対カープ  5対6● 7月7日 対タイガース 5対1○ 7月8日 対タイガース 8対1○ 7月9日 対タイガース 6対7● ○主な打者の成績 陽   20打数6安打.300 打点1 ......続きを読む»

先週のジャイアンツ(6月27日~7月2日)現実は厳しかった

交流戦後ローテーションを変えてきたのも実らずドラゴンズに負け越した先々週。 先週も2強との対戦がない組合せでしたがまずはいつものように結果から。 ○スコア 6月27日 対スワローズ 4対3○ 6月28日 対スワローズ 2対4● 6月30日 対ベイスターズ 1対3● 7月1日  対ベイスターズ 4対6● 7月2日  対ベイスターズ 1対9● ○主な打者の成績 陽   17打数6安打.353 打点1......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第8戦アゼルバイジャンGP 2ポイント獲得!

アゼルバイジャンGPの結果をまず最初に。 フェルナンド・アロンソ 9位完走 2ポイント獲得! ストフェル・バンドーン12位完走 ついに、やっと、念願の、待ちに待った、ポイント獲得です。 予選段階から波乱続出。 決勝も何が起こるか分からないと言われていましたが、実際波乱の連続で7台がリタイア。 完走しても何かしらトラブルに巻き込まれた車が多かった今回のレース。 その中で2台共エンジンも車体も最後まで......続きを読む»

先週のジャイアンツ(6月23日~25日)失望一歩手前で踏ん張った

相手に先制を許した試合21連敗というのは尋常な数字ではありませんが何とかストップ。 まずは先週の数字(と言っても3日間ですが) ○スコア 6月23日 対ドラゴンズ 0対1● 6月24日 対ドラゴンズ 2対8● 6月25日 対ドラゴンズ 4対3○ ○主な打者の成績 陽   10打数3安打.300 打点2 坂本  10打数2安打.200 打点1 マギー 10打数2安打.200 打点2 長野  11打......続きを読む»

陸上日本選手権男子100メートル決勝

1か月半後に迫った世界陸上。 代表選考を兼ねた日本選手権が行われています。 昨日の男子100メートル決勝は見応えがありました。 レースその物はサニブラウンの底知れぬ力が垣間見えて一方的な勝利でしたが、これだけタレントが揃う事はなかなかないので雰囲気を味わうだけでも十分楽しめました。 優勝はサニブラウンですが、ここまで盛りあげたのは多田選手の存在が大きかったですね。 追い風参考ながら国内初の9秒台を出......続きを読む»

先週のジャイアンツ(6月13日~18日)夜空の向こうに明日が待っていた

始球式を務めた仲代達矢氏の言葉。 「20連勝すれば元に戻る、心配していない」 いいですねえ、ネガティブなことは考えず私もこの気持ちで応援しようと思いました。 仲代氏の思いが通じたのか、先週は希望が見えた1週間でした。 まずは先週の数字。 ○スコア 6月13日 対ホークス 5対1○ 6月14日 対ホークス 3対0○ 6月15日 対ホークス 3対7● 6月16日 対マリーンズ 8対0○ 6月17日 対......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第7戦カナダGP それ以降の記事を読んで個人的見解

まずはカナダGPの成績。 ストフェル・バンドーン 14位 フェルナンド・アロンソ リタイア アロンソは残り2周までポイント圏内10位を走行するもエンジン故障でリタイア。 アロンソの激走は、マクラーレンに何としてもアロンソに残って欲しい。 改めて、そう強く思わせたのではないでしょうか。 もしという言葉は禁物ですが、アロンソが1ポイント獲得出来ておれば、レース後の報道もここまでネガティブ記事一色にはなら......続きを読む»

センバツからのタイブレーク導入に賛成、やる方も見る方も慣れなければいけない

報道によると、来春センバツからタイブレーク制の導入が濃厚とのこと。 過去話題になっては消えを繰り返してきましたがついに健康面配慮の声を無視できなくなったということでしょう。 プレイする側も見る側も長年親しんできた延長再試合制を変えるのに抵抗が大きいのはやむを得ないと思います。 しかし選手(特に投手)に大きな負担がかかったままの現状はどう考えても問題です。 無理を重ねて関節や骨を痛めてしまったら誰が責......続きを読む»

先週のジャイアンツ(6月6日~11日)改革のチャンスと捉える

依然先の見えない状況です。 先週の数字。 ○スコア 6月6日 対ライオンズ 5対8● 6月7日 対ライオンズ 0対3●(球団記録12連敗) 6月8日 対ライオンズ 2対13● 6月9日  対ファイターズ 2対1○ 6月10日 対ファイターズ 2対3● 6月11日 対ファイターズ 1対5● ○主な打者の成績 陽  23打数6安打.261 打点2  坂本 16打数4安打.250 打点1 阿部 22打......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 ホンダ正念場ではあるが復活を信じる

予想されていた・・・というより確実視されていたカナダGPでのアップグレードエンジン投入先送り。 バーレーンでのトラブル解明が成されない限りアップグレードはありえません。 長谷川リーダーからザク・ブラウンに伝えられたのは、ついこの前と記事になありますがそんなはずはないでしょ。 もし本当なら全く情報共有が出来ていないということになります。 実際はマクラーレン側も織り込み済みだったと思います。 このまま先......続きを読む»

世界のどこより早く大舞台を経験した日本卓球陣ティーンエージャー

世界卓球2017が終わりました。 進境著しくかつての強さを取り戻しつつある日本卓球陣。 今回混合ダブルスで石川・吉村組が金メダル。 男子ダブルスで森薗・大島組が銀、丹羽・吉村組が銅。 女子ダブルスが伊藤・早田の16歳コンビが銅メダル。 女子シングルスでハリケーン平野が銅メダル。 その他にも男子シングルスで史上最年少13歳で張本少年が堂々のベスト8。 東京オリンピックに向けては正に視界良好と言って差し......続きを読む»

先週のジャイアンツ(5月30日~6月4日)どん底

まさか全敗するとは・・・ まずは先週の数字です。 ○スコア 5月30日 対イーグルス  5対13● 5月31日 対イーグルス  0対6● 6月1日  対イーグルス  2対3● 6月2日  対バファローズ 5対6● 6月3日  対バファローズ 4対5● 6月4日  対バファローズ 1対3● ○主な打者の成績 立岡  10打数0安打.000(6月2日抹消) 坂本  26打数8安打.308 打点3 阿......続きを読む»

ストーリーで考える馬券戦略:安田記念

ダービーが終わり、祭りの後の寂しさを感じる今日この頃。 休む暇もなく今週はマイル王を決める安田記念です。 歴史ある安田記念ですが、かつて今のGⅠが8大競争と言われた時代、GⅠを拡大するにあたり距離別体系を整備してマイルGⅠに昇格したのが1984年。 33年も前になるんですね。 安田記念のことを投稿する時に必ず書いているのが、GⅠ昇格の年。 ハッピープログレスが記念すべきGⅠ初年度の優勝馬に輝いた時、......続きを読む»

マクラーレン・ホンダを応援し続ける記事 第6戦モナコGP

全く科学的ではありませんが、マクラーレンホンダはお祓いをする必要があるのかもしれません。 元々モナコのコースはポイント獲得のチャンスと言われてましたが、事実、予選で初めて2台共にQ3に進出し、1戦のみ復活のジェイソン・バトンが9番手、ストフェル・バンドーンが10番手という好結果。 ハードルが下がっているのは何とも複雑ですが2台ともポイント圏内の好走だったことは間違いありません。 この1戦だけ復活のジ......続きを読む»

先週のジャイアンツ(5月23日~28日)カープに死んだふり・・・ってそんな訳ないか

先週は上位2球団タイガース、カープとの3連戦。 上位進出のためには絶対叩かなければならないチームです・・・が。 ○スコア 5月23日 対タイガース 1対0○ 5月24日 対タイガース 3対1○ 5月25日 対タイガース 1対6● 5月26日 対カープ   2対7● 5月27日 対カープ   0対9● 5月28日 対カープ   2対3● ○主な打者の成績(5月23日~28日) 中井  8打数0安打......続きを読む»

ストーリーで考える馬券戦略:日本ダービー

春競馬のクライマックス日本ダービーが近づいてきました。 競馬関係者なら誰もが一度は勝ちたいと夢見るダービー。 馬券を買う私たちにとっても的中すれば嬉しさは格別です。 今年はどんなドラマが見られるのでしょうか。 先週、3歳牝馬のクラシックは牡馬に比べて前哨戦との関連性が高いと書きました。 ところがダービーだけは混合ですが極端に前哨戦が限られていました。 以前は、マツクニローテという言葉もあったように......続きを読む»

稀勢の里には数場所休場しても出場より完治を優先して欲しい

ついにというか、ようやくというか稀勢の里が休場する決断を下しました。 ここまで横綱の責任感だけで土俵を勤め上げてきたと思います。 最初から相撲を取れる状態ではなかった訳ですから。 逆によく10日間土俵に上がり続けました。 稀勢の里関自ら親方に相撲が取れないと申し出たくらいですから余程状態が悪いのでしょう。 こうなれば完璧に直して欲しい。 時間がかかっても構わないじゃないですか。 長い夏巡業が始まり......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 34 35

このブログの記事ランキング

  1. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想
  2. 浅田は大丈夫か?(世界フィギュア)
  3. 夏の甲子園、49代表決まって印象だけの勝手な予想(2014年)
  4. ただ一人、次元の違う道を行く浅田真央
  5. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナと安藤選手のSPをプロトコルから見る
  6. 禁断の言葉を言わせてしまった国別対抗
  7. フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する
  8. 夏の甲子園・ベスト16決定!3回戦の対戦カードをある視点から見る
  9. 全日本フィギュアの衝撃:その1・聞いてないよ!状態だった突然の回転不足判定ラッシュ
  10. 夏の甲子園、智弁和歌山9年連続出場ならず・・・に思う事

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss