角海老-ボクシングコラム

月別アーカイブ :2014年03月

高山が乱打戦制してV3達成!!

 3月17日に行われた日本ウェルター級タイトルマッチで、王者・高山樹延が同級1位の鈴木哲也(六島)を判定で下して3度目の防衛に成功。試合は見応えのある乱打戦となり、経験豊富なミドル級の元日本・東洋王者の鈴木を相手に見事打ち勝った高山の成長ぶりが伺える試合内容となった。  判定はジャッジ3者とも96-94の2ポイント差で高山の防衛を支持したが、この試合を通じて高山はアグレッシブに、チャンピオ......続きを読む»

土屋、豪州でIBF9位とタイトルマッチへ!

 日本Sライト級12位の土屋修平が4月3日、オーストラリア・メルボルンでIBF同級9位のレニー・ザッパピグニャ(豪)と対戦することが決定した。試合はWBOインターナショナルと、IBFパンパシフィックの両タイトルを懸けた12回戦。デビューから12連続KOと快進撃を続けた土屋は昨年、初の連敗を喫して挫折を味わったが、年末の再起戦を見事TKO勝利。このままキャリア再浮上の年としたい2014年の最初の試......続きを読む»

下川原、初のタイトル挑戦で惜しくもドロー

 3月11日に東洋太平洋Sウェルター級王座決定戦に出場した同級4位・下川原雄大。30戦目にして自身初のタイトル挑戦となったが、結果は同級3位の沼田康司(トクホン真闘)と判定ドローで王座獲得はならなかった。  スピードとテクニックを活かしたボクシングを心がけたと言う下川原、序盤は上々の立ち上がり。ジャブを軸に沼田の出鼻をくじいた。4回終了時の判定では2人が2ポイント差で下川原を支持(1人はド......続きを読む»

3.17 角海老ボクシング 高山が元日本・東洋王者と3度目の防衛戦

 3月17日の『角海老ボクシング』がいよいよ迫ってきた。メインイベントには、日本ウェルター級王者・高山樹延が出場、日本・東洋太平洋のミドル級元王者で、同級1位の鈴木哲也(六島)を挑戦者に迎えて3度目の防衛戦を行う。昨年10月以来、5カ月ぶりのリングとなる高山だが、経験豊富な元チャンピオン、鈴木をどう攻略できるか注目だ。  20戦19勝1敗、28歳の高山に対して、鈴木は40戦28勝11敗と倍......続きを読む»

新星・岡田がプロ8戦目で日本チャンピオンに!

 角海老のニューホープ、日本Sライト級2位の岡田博喜が3月4日、プロ無敗のまま、8戦目にして同級王座決定戦で同級1位の小竹雅元(三迫)を判定で下し、見事新チャンピオンの座に輝いた。  24歳の新星のスピード出世劇が角海老ジムに4本目のベルトをもたらした。サウスポーの小竹を相手にスピーディーに動いた。立ち上がりはジャブを軸に右のボディーストレートを効果的に織り込みながらポイントを集め、3回に......続きを読む»

“角海老の松岡修造”下川原雄大、王座挑戦直前インタビューⅡ

 3月11日(火)に東京・後楽園ホールで開催される「トクホンダッシュエアロ第96弾」で沼田康司(トクホン真闘)と空位のOPBF東洋太平洋S・ウェルター級王座を争う下川原雄大(角海老宝石)のインタビュー第2弾。シリアスな話から、こんなことにスペースを割いているから無駄に長くなってしまうんだとお叱りを受けてしまいそうなチャラい話題まで、ついには歌姫の固有名詞まで飛び出す下川原のマシンガントークをとくと御......続きを読む»

“角海老の松岡修造”下川原雄大、王座挑戦直前インタビューI

 3月11日、後楽園ホール。デビューから11年半、下川原雄大(角海老宝石)が初のタイトルマッチ(OPBF東洋太平洋S・ウェルター級王座決定戦)に臨む日が近づいてきた。そのキャラクターとは裏腹に、人知れぬ苦悩にもがき、雌伏の時を耐え忍んで、王座挑戦の切符を掴んだ下川原のほとばしる熱情をお伝えするのに、たった1度で収まり切るはずがない。2回に分けて“角海老の松岡修造”の声を余すところなくお届けしたい。 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:145
  • 累計のページビュー:3115866

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss