角海老-ボクシングコラム

月別アーカイブ :2013年08月

8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた

 ロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太(三迫)のプロ転向初戦が行われる25日(日)、神奈川・スカイアリーナ座間では、注目の日本L・フライ級タイトルマッチ、チャンピオン田口良一(ワタナベ)vs挑戦者同級1位・井上尚弥(大橋)の幕も切って落とされる。  プロ4戦目の井上が日本王座を奪取すれば、平仲明信(沖縄、元WBA世界J・ウェルター級チャンピオン)、辰吉丈一郎(大阪帝拳、元WBC世界バン......続きを読む»

ロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太、8・25究極のプロデビュー戦

 猛暑に襲われた日本列島を熱狂の渦に巻き込んだロンドン五輪から早1年。48年ぶりに日本のアマチュアボクシング界に金メダルをもたらし、一躍時の人となった村田諒太(三迫)が25日(日)、東京・有明コロシアムでプロ転向第一戦に臨む。  彗星の如く出現した和製ゴールデンボーイのプロデビュー戦の相手を務めるのは、現在OPBF東洋太平洋ミドル級王座を保持する柴田明雄(ワタナベ)。プロデビュー戦で現役......続きを読む»

山中慎介、左一発で初回KO

 8月12日に行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチで、王者・山中慎介(帝拳)が8位の挑戦者でプエルトリコ出身のホセ・ニエベスを、初回2分すぎに左ストレート一発でリングに沈めて10カウントを聞かせ、圧倒的な強さで4度目の防衛に成功した。  山中がこれまで3度の防衛戦で戦った挑戦者は全員元世界チャンピオンで、初防衛戦のビック・ダルチニアン(豪)を除けばこれで3連続KO勝利。今回のニエベスは過......続きを読む»

8・17敵地防衛戦、三浦隆司「カンクンの快哉再び」

 17日(日本時間18日)、WBC世界S・フェザー級チャンピオン三浦隆司(帝拳)が敵地・メキシコのリゾート地カンクンの闘牛場プラザ・デ・トロスで同級1位セルヒオ・トンプソン(メキシコ)の挑戦を受ける。  今年4月、両国国技館でガマリエル・ディアス(メキシコ)を轟沈させ、念願の世界王座奪取を果たした三浦だが、初防衛戦で迎えるトンプソンはまさに“最強の挑戦者”の名に相応しい強豪。29戦27勝(......続きを読む»

久永、判定負けでタイトル挑戦に失敗

 8月9日に行われた日本スーパーバンタム級タイトルマッチで、角海老宝石の同級9位・久永志則は、王者・大竹秀典(金子)と10回フルラウンドを戦った末に3-0の判定負けを喫し、日本タイトル初挑戦に失敗した。  試合内容は、角海老広報室ブログ(http://ameblo.jp/kadoebi/entry-11589366277.html)にある通りだが、両者ともにこれといった決定打があったわけで......続きを読む»

大竹秀典vs久永志則 「細かすぎて伝わりにくい職人芸の凄さ」

 9日(金)、東京・後楽園ホールで行われた日本S・バンタム級タイトルマッチは、チャンピオンの大竹秀典(金子)が同級9位・久永志則(角海老宝石)を3-0の判定で撃退し、3度目の防衛に成功。久永も最後まで必死に食い下がったものの、王者の牙城を崩すことはできなかった。  挑戦者の久永は、大竹のスロースターター傾向を踏まえ、序盤は縦横無尽に動き回って、要所で強烈な楔を打ち込み、大竹の前進を押し込め......続きを読む»

王座初挑戦、久永志則 熱帯夜にいざ出陣!

 本日9日(金)、東京・後楽園ホールで開催される「第16弾ザ・グレイテストボクシング」で久永志則(角海老宝石)が、大竹秀典(金子)の持つ日本S・バンタム級タイトルに挑戦する。  ベルト初挑戦となる日本9位・久永は、どことなく元日本フェザー級王者・渡邊一久(角海老宝石)を想起させるイレギュラーなリズムとムーブで相手を撹乱しながら、テンションとギアを変速していくトリッキーなスタイルが特徴。今......続きを読む»

土屋、まさかの連敗 西の新鋭・中谷にKO負け

 日本ライト級6位・土屋修平が無念の2連敗を喫した。7月25日に後楽園ホールで行われた『KAMIKAZE 2』で、5戦5勝4KOの関西の新鋭、東洋太平洋同級11位の中谷正義(井岡)に3回、ボディーを効かされてKO負け。再起が期待されただけに悔しい連敗となった。  中谷は、アマチュア65勝を誇る井岡ジム期待のホープ。身長180センチの体格とリーチを活かしたキレのある攻撃で、プロデビュー後はま......続きを読む»

久保賢司 「急がば回ろう」

 先月25日(木)の「KAMIKAZE2」(東京・後楽園ホール)でスポットライトが当たったのは、56年ぶりの日本ヘビー級タイトルマッチ(王座決定戦)であったが、第2試合に組まれたバンタム級8回戦も、ボクシングファン必見の隠れ好カードだった。  18歳3ヵ月でキックボクシングの世界王座を獲得するという日本人最年少記録を樹立した“格闘技界の神童”久保賢司(角海老宝石)の国際式転向4試合目。20......続きを読む»

タイトル初挑戦へ 久永志則 インタビュー

 8月9日に日本スーパーバンタム級王者・大竹秀典(金子)が持つタイトルに挑戦する同級6位・久永志則。デビュー10年目でつかんだ初めてのチャンス、久永自身も4連勝中と好調の波に乗っているだけに期待は大きい。ベルト奪取へ向けて練習中の久永に心境、意気込みなどを聞いた。 ――お疲れさまです。調子の方はいかがですか? 「仕上がってきてますよ。一つひとつの練習の強度が上がってきて達成感があるし、練......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:145
  • 累計のページビュー:3115866

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss