角海老-ボクシングコラム

月別アーカイブ :2013年01月

高山樹延の進化

 昨年12月の角海老陣営によるタイトルマッチ3連戦。日本ヘビー級1位の藤本京太郎と、日本フライ級5位の奈須勇樹はそれぞれ東洋太平洋タイトルに挑戦したが、残念ながら戴冠ならず。しかし、日本ウェルター級2位の高山樹延が、同3位の斉藤幸伸丸(輪島功一スポーツ)と日本王座決定戦を争い、3-0の判定勝利でベルトを持ち帰ることに成功。角海老ジムにとっては日本ライト級王者・加藤善孝以来2人目のチャンピオン誕生とな......続きを読む»

2013年はさらなる躍進の年に

 さあ新しい年が始まった。昨年末には、あらたに高山樹延が日本ウェルター級王者となり、日本ライト級王者の加藤善孝と合わせて2人のチャンピオンを筆頭に、今年はさらなる躍進を狙っていきたい。  次のチャンピオン候補の筆頭としても、やはり今年は日本ライト級6位の土屋修平に大きな勝負をさせてやりたいと思ってる。30年以上トレーナーをやってきたが、オレが見てきた選手の中でも土屋は間違いなく逸材だ。華があるし、......続きを読む»

大晦日ボクシングを恒例に さらなるビッグマッチに期待

 大晦日に東京・大阪で行われたボクシング5大世界戦。東ではWBA世界Sフェザー級王者の内山高志(ワタナベ)が、29戦全勝の暫定王者・ブライアン・バスケス(コスタリカ)を8回TKOで撃破して王座を統一。西では日本ボクシングの若きホープ、井岡一翔(井岡)はWBA世界Lフライ級王座に就いて2階級制覇に成功した。  また、3度目の世界挑戦となった河野公平(ワタナベ)が圧倒的不利の下馬評を覆して、WBA世界......続きを読む»

2012.12.21高山樹延タイトルマッチ

 昨年12月の角海老陣営によるタイトルマッチ3連戦。日本ヘビー級1位の藤本京太郎と、日本フライ級5位の奈須勇樹はそれぞれ東洋太平洋タイトルに挑戦したが、残念ながら戴冠ならず。しかし、日本ウェルター級2位の高山樹延が、同3位の斉藤幸伸丸(輪島功一スポーツ)と日本王座決定戦を争い、3-0の判定勝利でベルトを持ち帰ることに成功。角海老ジムにとっては日本ライト級王者・加藤善孝以来2人目のチャンピオン誕生とな......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:145
  • 累計のページビュー:3115866

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss