角海老-ボクシングコラム

月別アーカイブ :2007年06月

[秋葉慶介]日本タイトル挑戦

97年エディ・タウンゼント賞受賞の名伯楽、角海老宝石ジムの「先生」こと田中栄民チーフトレーナーが選手のことやジムでの出来事、試合の裏側などを毎月語ってくれます!! 日本フェザー級6位の秋葉(慶介)が7月7日、王者・粟生(隆寛)君が持つタイトルに挑戦する。秋葉は移籍組のひとりで、うちに来てから無敗の6連勝中と波に乗ってるし、初めて掴んだチャンスに意気込んで練習に励んでる。 粟生君は......続きを読む»

[続]審判員

長年ボクシングを見続け、自他共に認める大のボクシングファン、村木田一歩氏の独善コラム! 前回はレフェリーの事しか書けなかったので、今回はジャッジのこと。ジャッジというと、ジャッジをする人という意味と共に、採点する行為を含めたニュアンスがある。レフェリーもするが試合によってはジャッジもする審判員もいるが、年齢のせいなのか、ジャッジだけしかしない審判員もいる。止められるのが遅いの早いのと同......続きを読む»

[秋葉慶介]タイトルマッチ直前インタビュー

7月7日に日本フェザー級王者・粟生隆寛(帝拳)に挑戦する同級6位、秋葉慶介の試合直前インタビュー!! --タイトルマッチに向けて仕上がり具合はどうですか? 「あと1週間仕上げのスパーをして練習は上がります。やっぱり初めてのビッグチャンスなので今まで以上に練習にも力を入れてきたし、気合も入ってますよ。特に朝のロードは坂本(博之)さんが付いてくれてるので引き締まった気持ちになるし、充......続きを読む»

5/27新宿FACE「第1回ルーキーズマッチ」

「グリーンボーイに実戦機会を与え、行く行くは新人王に辿り着ける選手をB-tightから輩出したい」(瀬端幸男プロデューサー)という趣旨で始まった「第1回ルーキーズマッチ」。デビュー戦、あるいは1敗の選手のみに出場資格が与えられた同大会に、角海老宝石ジムからは4選手が参戦した。 5/27 東京・新宿フェイス 「第1回ルーキーズマッチ」 ☆L・フライ級4R ●塩澤 直紀(角海老宝石) [KO1......続きを読む»

イーグルの防衛戦

97年エディ・タウンゼント賞受賞の名伯楽、角海老宝石ジムの「先生」こと田中栄民チーフトレーナーが選手のことやジムでの出来事、試合の裏側などを毎月語ってくれます!! 先日行われたイーグル(京和)の防衛戦は完勝と言っていい内容だったな。挑戦者の八重樫(東=あきら)君はプロ7戦目で世界挑戦のチャンスを掴み、勝てば世界タイトル奪取の日本最短記録となるはずだった。そのことをメディアも大きく報じて......続きを読む»

審判員

長年ボクシングを見続け、自他共に認める大のボクシングファン、村木田一歩氏の独善コラム! レフェリーとジャッジは審判員として、くくられている。プロスポーツに携わっていながらそれだけでは生活が出来ない点は、プロボクサーと同じで、昼間は何らかの仕事に従事している。多くは元ボクサーの肩書きを持つが、全く別の世界から入ってきた人もいる。定年は明確ではないようだが、リング上での動き等に問題が出てく......続きを読む»

一久の再起戦について

97年エディ・タウンゼント賞受賞の名伯楽、角海老宝石ジムの「先生」こと田中栄民チーフトレーナーが選手のことやジムでの出来事、試合の裏側などを毎月語ってくれます!! 5月は忙しかったな。本望の世界戦、小堀の防衛戦と続き、最後に問題児の登場だ。さて(渡邉)一久の7カ月ぶりの再起戦を振り返ってみようか。 とにかくこの試合で一久が一番意識したのは「反則をしないこと」だろう。なにせ俺たちセ......続きを読む»

観客

長年ボクシングを見続け、自他共に認める大のボクシングファン、村木田一歩氏の独善コラム! 後楽園ホールは、満員で2000名前後。東西の席はリングサイドを除くと同じ構造の板席になっていて、まるで昔の神宮球場の内野席のようになっている。一方、南北では席が随分違っていて、北側は東西と同じ板席だが、南側は映画館のような肘掛付きのシート席になっている。料金はリングからの距離で決められているので、初......続きを読む»

5/20安住幸一郎、5/21阿部展大戦、観戦レポート

☆5/20 静岡・下田市民文化会館 S・フェザー級4回戦 △安住 幸一郎(角海老宝石) [判定4R1-0] 酒井 宏泰(本庄) △ 日本の鎖国政策を解いたことで知られる1853年のマシュー・ペリー来航を記念し、毎年5月に静岡県の下田で開催される恒例行事が「黒船祭」。68回目を数える今回は、イベントの一環としてプロボクシング興行が招聘され、角海老宝石ジムからは2月にプロ初勝利を挙げた安住幸......続きを読む»

小堀防衛戦の総括

97年エディ・タウンゼント賞受賞の名伯楽、角海老宝石ジムの「先生」こと田中栄民チーフトレーナーが選手のことやジムでの出来事、試合の裏側などを毎月語ってくれます!! 小堀(佑介・現スーパーフェザー級日本王者)の防衛戦は4回のダウンを奪い、レフリーストップのTKO勝利ということで聞こえは良いが、正直内容はかなりの苦戦だった。挑戦者の村上(潤二)君に関しては本望(信人・前同級東洋太平洋王者)......続きを読む»

2007年5月3日のことを僕は忘れない

長年ボクシングを見続け、自他共に認める大のボクシングファン、村木田一歩氏の独善コラム! 長い間ボクシングと関わっていると、それぞれが忘れがたい試合の記憶を持っているものだ。観客としてなら、古い年代の試合から最新のバトルまで、日本国内から海外の試合まで。タイトルマッチの場合もあれば、4回戦の場合だってありうる。ボクサーなら、自分の試合の場合が多いのかも知れない。 リングから降りて、......続きを読む»

日本フェザー級8回戦

元日本フェザー級王者・渡邉一久(角海老宝石)×涼野康太(五代) 昨年10月の日本タイトルマッチで2度目の防衛に失敗し、引退も囁かれた元日本フェザー級王者・渡邉一久の7カ月ぶりとなる復帰戦が5月24日、ノーランカーの涼野康太(五代)を相手に行われた。前回はほぼ「反則負け」とも言える内容だったため、ジム側は「反則したら即タオル投入」を公言、渡邉にとっては精神的成長を求められる大事な一戦となった。 ......続きを読む»

5/16 東日本新人王予選

☆東日本新人王フライ級予選4R ×金澤 隆志(角海老宝石) [TKO4R0:27] 平野 良(伴流) ●   左手を低く構えながら、ジャブを放つタイミングを探る平野は、試合開始後間もなく右クロスを浅くヒット。その後も力強いボディブローをヒットさせ、パワーに勝る平野が先手を奪う。すると終盤、金澤の肩越しに放った平野の右クロスが火を噴き、金澤は自陣の青コーナー前でダウンを喫した。再開後、金澤は距......続きを読む»

彼は、どうした?

長年ボクシングを見続け、自他共に認める大のボクシングファン、村木田一歩氏の独善コラム! とてもいい試合をするもんで、「将来は絶対ランカーだな」と密かに期待していたボクサーや、強くはないけど妙に印象に残った若者の姿が近頃見られないという事がある。名の知れたボクサー達の動向は、新聞や専門誌に掲載されるから「ああ、そうなんだ」と納得できるが、彼がまだ無名の場合には、事情が分からず心の収まりが......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:65
  • 累計のページビュー:3121203

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss