角海老-ボクシングコラム

月別アーカイブ :2007年04月

小雨のシモキタで高室洋臣、涙の初勝利!

'☆4月17日 東京・下北沢 北沢タウンホール 「Hopeful Fight Vol.1」(新田ジム主催)第4試合 バンタム級4R' ●高室 洋臣 [判定4R 3-0] 竹間 竜一(新田)× 約1万人のキャパシティを誇る有明コロシアムでのデビュー戦(1月3日)では極度の緊張に襲われ、本領を発揮できなかった高室のプロ2戦目の会場は、前回とは打って変わって定員294人の北沢タウンホール。区民......続きを読む»

小堀佑介さん

2006年1月に『小堀佑介さん』が『真鍋圭太さん』を衝撃のKOで下して、日本チャンピオンになった試合の入場曲は、ステッペンウルフのボーン・トゥ・ビ・ワイルドで、日本名ワイルドで行こうだった。70年代デニス・ホッパーが監督したヒッピーを題材にした映画の主題歌で、ロングホークのカスタムバイクがとても新鮮だったのを憶えている。「なかなか渋い曲を知ってるな」と思って確かめたら、全くの人任せの選曲で、本人はタ......続きを読む»

[本望信人]世界初挑戦の意気込み

東洋太平洋スーパーフェザー級王者の本望信人が5月3日、有明コロシアムでついに念願の大舞台に上がる。WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチの挑戦者として21戦全KO勝利の同級王者、エドウィン・バレロ選手(帝拳)に挑むことが正式決定。36戦目、30歳で迎える初の世界挑戦、リングに立つだけで満足する気は毛頭ない。チャンピオン圧倒的有利の予想を覆しベルトを持ち帰るために本望は、キャリアの集大成としてすべ......続きを読む»

4/14大北正人×石本康隆

'☆4月14日東京・後楽園ホール 「第410回ダイナミックグローブ」第3試合 バンタム級6R' ●石本 康隆(帝拳) [判定6R 2-0] 大北 正人× 昨年度の東日本バンタム級新人王・大北正人が、昨年12月の全日本新人王決定戦以来の試合に臨んだ。対する石本康隆(帝拳)は、一昨年度の東日本新人王戦(S・フライ級)でファイナリストとなった右のボクサータイプだ。 初回、互いにリードブロ......続きを読む»

[小堀佑介]米国修行から帰国!

惜しくも3月17日のタイトルマッチで破れたWBC世界スーパーフェザー級前王者のマルコ・アントニオ・バレラのスパーリングパートナーに選ばれ、米カリフォルニア州ビッグベアでの強化合宿に参加した日本スーパーフェザー級王者の小堀佑介。帰国した小堀に1カ月に及んだ米国修行の感想を聞いた。 --まずはおかえりなさい。アメリカ修行はどうでしたか? 「それが初日に有り金を全部やられちゃいまして……、お土......続きを読む»

4/3東日本新人王予選

☆東日本新人王予選フライ級4R ▲金澤 隆志 [判定4R 1-1] 渡邉 裕次郎(京浜)▲ 前夜(4/2)に続き、東日本新人王戦に角海老から出場したのは、フライ級の金澤隆志。直近2試合をL・フライ級で戦ったが、新人王戦は一階級上げての参戦だ。この日の東京は午前中からぐずついた天気。金澤には不順な空模様を吹き飛ばすようなファイトが期待された。 対戦相手がサウスポーであるという情報を金澤が......続きを読む»

本望いよいよ世界戦!

97年エディ・タウンゼント賞受賞の名伯楽、角海老宝石ジムの「先生」こと田中栄民チーフトレーナーが選手のことやジムでの出来事、試合の裏側などを毎月語ってくれます!! いよいよ5月3日、本望(信人)が世界タイトルに挑戦するぞ。相手はWBA世界スーパーフェザー級王者、帝拳所属のエドウィン・バレロだ。21戦全KO勝利、しかもそのほとんどが1ラウンドKOという怪物みたいなチャンピオンだ。 ......続きを読む»

[下田昭文君]タイトル奪取おめでとう!

97年エディ・タウンゼント賞受賞の名伯楽、角海老宝石ジムの「先生」こと田中栄民チーフトレーナーが選手のことやジムでの出来事、試合の裏側などを毎月語ってくれます!! 今回は他のジムの選手のことなんだが、うちの選手とも親交が深い帝拳の下田(昭文)君が4月9日にスーパーバンタム級の日本タイトルを獲得したんだよ。タイトル戦に向けては、角海老から(渡邉)一久、小林(秀徳)、秋葉(慶介)、宮田(芳......続きを読む»

[渡邊一久]再起への意気込み

ほぼ「反則負け」に近い不甲斐ない形で前回のタイトル防衛戦を棒に振った元日本フェザー級王者の渡邉一久だが、謹慎期間も解けようやく練習を再開し、5月24日にはメインイベントで試合をすることが決まった。再起の道を歩み始めた渡邉に今後の目標や意気込みなどを聞いた。 -前回の試合後にずいぶん進退について悩んだそうですが 「そうですね。俺自身は10月の防衛戦でああいう形で負けて……、続けるのかやめる......続きを読む»

4月2日 東日本新人王予選

チャンピオンへの登竜門「第64回東日本新人王予選」に全階級で計12選手がエントリーする角海老宝石ボクシングジム勢。その先陣を切ったのがS・フェザー級の半田海門と島田誠だ。半田はほぼ2年ぶり、島田は10ヵ月ぶりの試合にして、互いに2度目の新人王チャレンジ。会場へと向かう車内に漂う緊張感を察した佐藤直樹トレーナーが豆知識を披露し、ハンドルを握る先生こと田中栄民トレーナーの小噺で車内の空気が和んだ刹那、車......続きを読む»

[寺畠章太]タイトルマッチへ!

アフロヘアがトレードマークの日本バンタム級1位、寺畠章太が4月15日に同級王者・三谷将之(高砂)に挑戦する。しかし決戦の地はチャンピオンのお膝元、兵庫県高砂体育館。敵陣に乗り込んでのベルト獲りという厳しいミッションだが、デビューから6年、19戦目にして初めてのタイトルマッチに挑む寺畠は、特別気負うことなく意外なほど淡々としていた。 -タイトルマッチまで1カ月を切りました。まずは今の心境を聞かせ......続きを読む»

[渡邉一久]が練習再開!

97年エディ・タウンゼント賞受賞の名伯楽、角海老宝石ジムの「先生」こと田中栄民チーフトレーナーが選手のことやジムでの出来事、試合の裏側などを毎月語ってくれます!! そういえば(渡邉)一久が練習を再開したぞ。あいつは前回のタイトル戦でどうしようもない試合をしたことでジムから1年間出場停止処分を受けてたんだけど、ようやく処分が解かれたんだ。温情判断っていうことだな。 それで心入れ替え......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:293
  • 累計のページビュー:3115308

(11月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss