角海老-ボクシングコラム

坂本博之「熱導・新世界」

坂本博之「熱導・新世界」続・見て見ぬふり

 前回は「見て見ぬふり」ということについて書きました。「見て見ぬふり」はいけないことだが、やはり今の時代だと、素行の悪い子供を注意して逆に反撃されたらどうするの? 坂本さんは元ボクサーで腕力もあるからいいけれど… … といった意見もあるかと思います。  確かにそうかもしれません。反撃されないとは言い切れないし、確かに僕は一般の人よりも腕力はある方でしょう。しかし反撃されるのが怖いからと言っ......続きを読む»

坂本博之「熱導・新世界」見て見ぬふり

 最近、社会全体が「見て見ぬふり」をすることに馴れてきてしまっているような気がします。自分のことを優先するあまり他者との関わり合いを拒否する、そんな世の中になり始めていることに僕は憂いを感じています。  教育の現場でも、先生が子供たちを叱ることは減ったと聞きます。親や教育委員会だったり、先生たちにも言い分はあるのかもしれませんが、成長過程の子供たちに善悪の判断を教えていくのも大人の役割だと......続きを読む»

坂本博之「熱導・新世界」子どもたちの自立支援の道

 家庭がなく、児童養護施設に預けられた子どもたちにとって大きな問題は、施設を出た後、いかに社会の中で自立して生きていくかということ。むしろ施設を出てからの方が人生は長いんです。だから児童支援を目的に僕が運営しいる「こころの青空基金」でも、子どもたちの自立支援が最近では大きなテーマになってきています。  2年前から始めた「Skyhigh RingS(SRS)」という活動を通じて、施設の子......続きを読む»

坂本博之「熱導・新世界」手応えを感じながら…

最近はSRSの活動や講演など、相変わらずあちこち動き回っています。全国の児童養護施設の子どもたちとボクシング交流を図る「Skyhigh RingS(SRS)」もちょうど丸2年が経ったところですが、ここでちょっとしたビッグニュースがあります。  「ショコタン」こと人気アイドルの中川翔子さんから、4月16日に福岡市民会館で行われるコンサートに、施設の子どもたちを是非招待したいとのオファーを......続きを読む»

坂本博之の「熱導・新世界」 2008年を振り返って

 ご無沙汰してます、坂本博之です。気づいたらあっという間に年の瀬ですが、今年は自分にとっても大事な年だったような気がします。  児童養護施設の子どもたちとボクシング交流を図るSRS(スカイハイリングス)を立ち上げたのが去年の8月。今年で1周年を迎え、活動も2年目に入ったところです。この1年間でたくさんの子どもたちとともに体を動かし、ボクシングのセッションを通して親交を深めてきました。その中で一......続きを読む»

坂本博之「熱導・新世界」SRSついに1年経ちました!

 全国の児童養護施設でボクシングセッションを通して子どもたちと交流するSRS(Skyhigh RingS)の活動も、8月でついに1周年を迎えました。SRSに協力してくれるボクサーやスタッフの方たちはみなボランティアで、何かの見返りを期待して参加しているわけじゃありません。僕が運営している『こころの青空基金』が活動の主体となっていますが、志と心意気だけでこの活動を支えてくれるボクサーやスタッフの方たち......続きを読む»

坂本博之「熱導・新世界」秋田で榎たちとセッション

 小堀(祐介)が参加してくれた埼玉に続いて、東洋フェザー級チャンピオンで世界戦を控えている榎(洋之)がSRS(Skyhigh RingS)に初参戦してくれました!  しかも場所が榎の地元・秋田とあって、年内にもビッグマッチを控えている榎ですが、2つ返事で快諾してくれ、さらに夫妻でスケジュールなどの段取りもケアしてくれました。このSRS秋田遠征は、榎夫妻の協力があったからこそ実現しました......続きを読む»

坂本博之「熱導・新世界」 小堀たちとのSRSセッション

 今回は世界ライト級チャンピオンの小堀(祐介)、斉藤(直人)、ツネ(佐藤常次郎)というメンバーで、7月20日に埼玉県熊谷市にある児童養護施設「雀幸園」でSRS(Skyhigh RingS)のセッションをして来ました。  実は小堀は去年の9月にもここを訪れていて、その時に日本チャンピオンのベルトを掲げて、「これを世界のベルトに変えてまた戻ってきます」て約束してたんです。そこで今回晴れて世......続きを読む»

●坂本博之「熱導・新世界」 小堀が世界チャンピオンに!

 小堀が世界チャンピオンになりました! まずは小堀に心からおめでとうと言わせてください。俺が4度挑戦しても取れなかったライト級の世界タイトル、やってくれました。しかも試合を決めたパンチは左フック、俺が得意にしていたパンチだったから、本当に自分のことのように嬉しいです。ガッツ石松さん、畑山(隆則)に続いて日本人3人目の快挙だそうで、俺の代わりに小堀が3人目になってくれました。   小......続きを読む»

●小堀佑介へ 坂本博之から心強いエール

 5月19日にWBA世界ライト級タイトルマッチに挑戦する小堀佑介に、同じくライト級で4度の世界挑戦を経験した元東洋太平洋チャンピオンの不動心・坂本博之から応援コメントが届いた。引退後は児童養護施設への支援活動に力を注ぐ一方、角海老宝石ジムでトレーナーも務める坂本は、昨年夏のアメリカ合宿に同行するなど小堀と親交も深く、小堀にとっては尊敬してやまない誰よりも心強い大先輩からのエールだ。 ......続きを読む»

坂本博之「熱導・新世界」 講演の日々

 最近はメディアの取材、講演の依頼も増えてきました。取材はまだしも、さすがに講演は初め少し抵抗がありましたね。人前で喋ることはリングでしかしたことがないし、やっぱり恥ずかしかった……(苦笑)。でもいまの子どもたちをめぐる状況をもっと多くの人たちにアピールするためには、講演みたいなことも必要なことだってようやく思えるようになりました。  一回の講演を終えるとボクシングの試合が終わった時の......続きを読む»

子どもたちの自立問題

  いま僕は全国の児童養護施設を回り、ボクシングセッションを通して子どもたちと交流を図る「Skyhigh RingS」という活動をやっています。さまざまな事情で親と離れた暮らしを強いられている子どもたちとともに汗をかき、ミットを打ち、少しでも子どもたちに笑顔を取り戻してもらいたい。寂しさを紛らわすだけでもいい、感情のはけ口の場であってもいい、そういう気持ちで活動してます。  しかし本当......続きを読む»

全国のボクシングジム、ボクサーの皆さまへ

 全国の児童養護施設を訪問してボクシングを通じた交流を図る「スカイハイリングス(SRS)」の活動も少しずつ軌道に乗ってきています。これもひとえに「こころの青空基金」に対する皆さまの協力のおかげであり、支援して下さる方たちへの感謝は尽きません。  角海老宝石ボクシングジムでトレーナーとして修行する中で、時間の合間を縫って自分自身のライフワークとして始めたこのSRSのセッションですが、最近......続きを読む»

今年の抱負

 少し遅れてしまいましたが、皆さま明けましておめでとうございます!  思えば去年の1月に現役を引退し、トレーナーとして第二のボクシング人生を歩むことを決め、そして僕はボクシングとは違う新しい道、まさに新世界に足を踏み入れました。それは児童養護施設を中心とした恵まれない子どもたちへの支援活動です。  現役時代から「こころの青空基金」を通じて僕が育った福岡県の和白青松園の子どもたちを支援......続きを読む»

ある男の子との出会い

先日埼玉の養護施設で行った「SRS(スカイハイリングス)」の活動で知り合ったある中学生の男の子とのことがなかなか頭から離れない。 その日のSRSもいつものように準備体操から始めシャドーをやって最後のミット打ちに。その時にやけに真剣な表情でこちらの様子を眺めている子がいてずっと気になっていたんだけど、いざミットを打ち始めると次第にテンションが上がってきて、その子が突然激しくはしゃぎ始めた......続きを読む»

坂本博之「熱導・新世界」 「SRS」の活動について

今回は「Skyhigh RingS」(SRS)と名付けた僕の新しい活動を少し紹介したいと思います。SRSは、孤児たちを中心とした恵まれない子どもたちを支援する「こころの青空基金」での活動をさらに広げていくためのもので、これまで行ってきた児童養護施設への訪問にボクシングセッションを取り入れて、子どもたちと一緒に体を動かし汗をかいて交流していこうというのがその主旨です。 今までは僕1人で施......続きを読む»

引退セレモニー

現役を引退した今なお熱く生きる坂本博之が、折にふれ見聞きしたことや感じたことなどを語る。 ちょっと時間が経ってしまったけど、7月末に福岡で行われた僕の引退セレモニーについて、ここであらためて感謝の気持ちも込めて少し振り返りたいと思う。 このセレモニーは長年僕を追いかけ、そして支えてくれた九州が拠点の西日本新聞社が主催してくれた。天神にある福岡国際ホールという場所で行わたんだけど、......続きを読む»

第2回 大人と子ども

現役を引退した今なお熱く生きる坂本博之が、折にふれ見聞きしたことや感じたことなどを語る。 ここ最近は講演や福岡や関東の施設を回ったりと忙しく動き回っています。講演は何度やっても慣れないんですが、少なくとも僕の言葉が少しでも何かの役に立つならば、という思いで依頼があれば積極的に出向くようにしています。でもやっぱり言葉で伝えるのは難しく、リングで戦っている方が楽だったような気もしますが、こ......続きを読む»

第1回・坂本博之からご挨拶

元東洋太平洋ライト級チャンピオンで今年1月に15年間の現役生活にピリオドを打った「不動心」こと坂本博之の新コラム「熱導・新世界」がスタート。現在坂本は角海老宝石ジムのトレーナーとして活動する一方、現代の子どもを取り巻く状況を憂い、ボクサー時代に培った「熱」を子どもたちにも伝えたい、とあちこちを飛び回わるなど忙しい日々を送っている。現役を引退した今なお熱く生きる坂本が折にふれ見聞きしたことや感じたこと......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:100
  • 累計のページビュー:3116143

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss