角海老-ボクシングコラム

村田が22日にWBA王者に再挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級1位の村田諒太(31=帝拳)が10月22日に、5月の世界初挑戦で初黒星となる判定負けを喫した同級王者、アッサン・エンダム(33=仏)とのダイレクトリマッチに挑む。前回の対戦では、村田が4回にダウンを奪うなど、試合を有利に進めていたという見方が大勢を占める中での疑惑の判定が取りざたされ、WBA会長も村田の勝利を支持し、再戦を求めていた。

 村田は「前回は通用するかどうか信じきれない部分もあったが、今回は信じきれる。それが精神的な支えで大きなところ」と、世界王座獲得に自信を見せる。再戦にあたり、同じ轍を踏まないために求めれられるのは明確な勝利。5月の試合ではダウンは奪ったものの、「相手の回復力が頭にあり、チャンスに詰めきれなかった」とし、エンダムのアウトボクシングを最後まで捉えきることができなかった。しかし今回、村田は減量をあえて試合直前に行ってパワーを保持する計画で、得意の右ストレートを軸にKO、ないしは圧倒的な勝利で完全決着を目指す構えだ。

 一方のエンダムも来日して村田とともに会見。「前回は予想以上に厳しい、ハードファイトになった。私は自分が見つけたミスを修正する。前回と同じ展開には絶対にならない」と話し、レベルアップしたファイトを明言。

 村田のパワーとエンダムのアウトボクシングという展開は変わりなさそうだが、接戦となった初戦を経て、双方がっぷり四つ、真のチャンピオンを決める一戦への闘志をみなぎらせた。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシングトピックス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

画像庫御開帳(その他イベント編8)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

知っていますか、JBCはドーピング検査を実施しないんですよ【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

稀勢の里は復活できるのか?過去の横綱のデータからは衝撃の結果が!【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3117619

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss