角海老-ボクシングコラム

小國以載 初防衛戦決定!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

小國以載

 IBF世界Sバンタム級王者・小國以戴(29=角海老宝石)の初防衛戦が9月13日、エディオン大阪で行われることが決定した。相手は小國のアマチュア時代からの戦友、同級3位の岩佐亮佑(27=セレス)。親交も深く、よく知る間柄だけに「苦手な相手。6ー4で僕が不利。ドローでいいなら五分」と早くも心理戦か、小國流「弱気」な自己分析。それでも、昨年大みそかには圧倒的不利とされた22戦全KO無敗の王者、ジョナタン・グスマン(ドミニカ)に対して、大いなるアップセットを起こした知略家。次に狙うはドロー防衛か? 底見えぬ男、小國のチャンピオンロードがいよいよ始まる。

 初防衛戦で因縁深き国内最強の挑戦者を迎え撃つ。小國によれば、神戸第一高時代に1学年下の名門・習志野高の岩佐に「スパーリングでボコボコにされた」という。その後、2人は一度対戦し、岩佐が18-8の大差で完勝。そして岩佐は高校3冠、小國は無冠と、アマチュア当時はエリートと雑草ほどの差があったこの2人、11年の歳月を経てその立場は逆転、世界戦の舞台で再び拳を交える。

 会見で小國が「王者としてドロドロのドロー狙う」と挑発すると、岩佐は「自信8割。1発ももらわず美しく勝つ」と勝利宣言で、見事に対照的。しかし、この試合に選手生命を懸けるという点で2人とも意思を共にする。つまり負ければ引退、どちらかにとっては最後の試合になる可能性があるということだ。

 2008年8月にプロデビューした岩佐は、11年3月に9戦目で当時日本バンタム級王者だった山中慎介(帝拳)に挑戦、歴史に残る名勝負を演じるも10回TKO負けで初黒星。一方、岩佐より約1年遅くプロ入りした小國だったが、破竹の勢いで無敗のまま7戦目でOPBF東洋太平洋Sバンタム級王座を獲得、その差を一気に縮めた。しかし岩佐もその2週間後に小國のジムメイトだったゼロフィット・ジェロッピ瑞山(千里馬神戸)との日本王座決定戦に挑み、判定勝利で日本チャンプになっている。

 その後、和氣慎吾(古口)に破れて東洋王座から陥落して苦渋を舐めた小國は、上京して角海老に移籍し心機一転。1階級の差はあれど、小國は日本王座、岩佐は東洋を制してそれぞれ2冠を達成。世界挑戦では、まずは岩佐が昨年6月にIBF世界暫定王座決定戦に挑むも、リー・ハスキンス(イギリス)にTKO負けで失敗。半年遅れて今度は小國が世界挑戦にこぎつけ、見事グズマンを破ってベルトを巻いた。

 どんぐりの背比べのごとくプロでのキャリアを進めてきた2人だが、戦績でも小國が21戦19勝(7KO)1敗1分に対して、岩佐が24戦22勝(14KO)2敗と、差はない。センスや距離感、スピードは同等。パンチでは岩佐だが、豪腕を誇るグスマンをも下した技術と卓越した戦術眼を持つ小國。拮抗した好勝負が展開されるだろう。

 「勝算4割、ドローなら五分」。一見弱気とも思える小國の自己分析だが、岩佐の力量を認めた上で勝負に徹した客観的、冷静な見方でもある。「ドローでも防衛、という条件が付くチャンピオンの方が有利ですからね。12回のうち6回取ればいい。それに、グスマン戦の拳の怪我のおかげで初防衛戦までに十分休養と練習の時間が取れたことはこちらの流れ」とほくそ笑む。

 一方の岩佐は当初は3月をめどに小國への挑戦を予定をしていたはずだが、半年待たされてスケジュールを狂わされた。さらに最初からドロー防衛も視野に入れて戦うと公言する小國と、明確な勝利を義務付けられる挑戦者・岩佐とでは、プレッシャーや精神面では小國の方が有利か。    さまざまなドラマを内包しながら、世界戦という最高の舞台で巡り合わさった因縁に、互いのボクシング人生を懸けて決着をつける。やる方はしんどくて仕方がないだろうが、観る方としてはただただ楽しみである。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシングトピックス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

観戦記1339 オリンピック銅メダリスト2戦目! 清水聡vsカルロ・デメシーリョ【人生マイペンライ】

これが稀勢の里関のマイウェイ【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

最下層だけど、最下層じゃない。2017年の序ノ口の知られざる世界。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3116143

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss