角海老-ボクシングコラム

4.30 初防衛戦へ 小國以載「舐めたら痛い目を見る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

小國以載  昨年12月6日に、前王者の大竹秀典(金子)が返上した日本Sバンタム級王座決定戦を同級2位の石本康隆(帝拳)と争い、3-0の判定で勝利して新王者となった小國以載。4月30日の角海老宝石主催興行「KAMIKAZE 5」で、同級1位の古橋岳也(川崎新田)を挑戦者に迎えて初防衛戦を行う。東洋太平洋王者以来、2度目のチャンピオンロードとなるが、小國の心境はいかに…。

 小國の初防衛戦の相手、古橋は本来昨年7月に王座返上前に大竹秀典(金子)のタイトルに挑戦する予定だった。しかし、大竹の怪我で延期となり、さらに指名期限の問題でタイトル戦自体が流れてしまい、結果的にそのベルトを手にしたのは小國だった。

「でも、古橋君はもしかしたら僕とやることになってラッキーだと思ってるんじゃないですかね。もし大竹さんに挑戦していたら、タイプが似てるだけに大竹さんの方が強いし、王座決定戦で僕が負けていても、彼には石本さんの手数を攻略することはできないでしょう。そう考えると、タイプ的には自分が一番やりやすいはず。僕からすればイヤな相手なので。だとすれば、この試合は彼がベルトを獲る流れなのかもしれないし、彼がチャンピオンになるために大竹さんが怪我をし、僕がベルトを獲ったという風に思えないこともない」

 小國は「流れ」を重視するし、「ある程度のレベルに達したボクサー同士だと、勝つにはどちらが運を持ってるかが影響する」と考えている。しかし、この小國の見立てが成立するのは、あくまで古橋が小國に勝った場合だ。

「モチベーション…。まあそういう意味では、ベルトを守るわけですから獲りに行くよりは低いのかもしれませんね…(笑)」と味気ないが、その後に「ただ、負けたくはない」と語気を強めて続けた。

「負けたくない。だから相手を舐めてないんですよ。こう言ってしまうと舐めてるように聞こえるかもしれませんが、言ったら自分より下の人間と戦うわけじゃないですか。そういう試合に対してモチベーションを高めるのは難しいし、舐めてしまったらやられる。自分は一度それで和氣さんに負けてるんで。あの時は舐めてましたから」

 小國は過去1度チャンピオンになっている。2011年11月に7戦目で同級の東洋王者だったロリ・ガスカ(フィリピン)に判定勝利し王座を獲得、その後3度の防衛に成功したが、13年3月に現東洋王者の和氣慎吾(古口)に破れて王座陥落。再起を目指して心機一転、地元・神戸から角海老に移籍。見事4戦目で2本目のベルトを腰に巻いたところだ。

古橋君がもし、大竹さんとのタイトル戦が流れて以降も途切れずに、しっかり準備をし続けてきたのであれば強敵だと思います。本当は、岡田(博喜・日本Sライト級王者)のように初防衛戦で圧勝できればいいんでしょうね。もし僕が世界に行くならこんなところで接戦してたらあかんとも思いますよ。でも、圧勝するのもなんか自分らしくないと思うんですよね(笑)。普通に行けば判定で勝つ、もし相手が出てくるのであればKO決着もあり得るでしょうね。どんな試合になるかはやってみなければ分かりませんが、舐めてかかったら痛い目を見るんで」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム-リングサイド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ダウンタウン 松本人志 プロレスラーに【邪害藻日記】

観戦記850 REBELS34 高橋幸光vs黒田アキヒロ【人生マイペンライ】

ボクシング世界戦ラッシュの問題点【ひとりボックスRound 3】

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:3619
  • 累計のページビュー:3096509

(09月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss