角海老-ボクシングコラム

京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に

このエントリーをはてなブックマークに追加

 K-1元ヘビー級王者で現在角海老宝石ジムに所属する東洋太平洋ヘビー級7位の藤本京太郎(角海老宝石)が、このたび日本ヘビー級1位にランクされることになった。日本でヘビー級ランキングが復活するのは55年ぶりのことで、重量級を担う選手としてボクシング界も藤本に大きな期待を寄せている証拠とも言えるだろう。
 京太郎は、K-1で世界を獲った格闘センスをバックボーンにデビュー以来4連勝中(3KO)。ただこれまでの過去4戦は、試合を振り返ってみれば京太郎とは実力差のある相手が多かったのも確かだ。
 これまではボクサーに転向して間もないある種の研修のような期間として、試合内容よりもまずはリングに慣れることが優先されてきたが、これからは日本ヘビー級のトップランカーとして実力を発揮していくことが求められる。
 京太郎自身は豪州修行を敢行するなど着実に実力を付けているのは確かで、マッチメークの難しさはあるが、東洋・世界ランカーらとの対戦をそろそろ見てみたい頃でもある。実際、世界の重量級戦線の中で現在の京太郎がどの程度まで通用するのか興味があるところだ。
 かつてK-1で世界の並み居る強豪たちと対戦し、日本人初のヘビー級王者となった京太郎は「世界の実力」を肌で知る選手でもある。ヘビー級で世界と戦える日本人の登場は日本のボクシング界にとっても夢のある話で、過去にあまり前例がないだけに京太郎には思い切った挑戦を期待したい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシングトピックス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

マレラ、ナタリヤのサイン会開催が決定!【WWE Presents スマックダウン・ワールドツアー 公式ニュースブログ】

【ロウ #998】『マネー・イン・ザ・バンク2012』直前、どうなる三角関係!?【J SPORTS WWE NAVI】

MR.U【WEB 武藤塾 ~驚異の肉体はこうしてつくられた~】

ブロガープロフィール

profile-iconkadoebi1

角海老宝石ボクシングジム
広報室スタッフ
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3115722

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 8・25田口良一vs井上尚弥について、日本LF級3位・大内淳雅に聞いてみた
  2. ドネアがリゴンドーに敗北 世界Sバンタム級統一戦
  3. 井上尚弥の“怪物王子”たる所以
  4. 「怪物に金棒」 オマール・ナルバエスvs井上尚弥
  5. パッキャオがブラッドリーに判定負け
  6. 今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演
  7. 八重樫 VS ロマゴンがついに決定!
  8. 京太郎が55年ぶり日本ヘビー級1位に
  9. 村田が世界ランカーをKO撃破
  10. 奇跡の名勝負、井岡―八重樫の統一戦

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
06
05
03
02
01
2005
12
11
09

このブログを検索

https://twitter.com/kadoebigym

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss