かぼすシュートの蹴球アラカルト

J2第8節 大分 対 金沢

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半0対0、後半1対0で、辛うじて勝利、久しぶりに勝ち点3を獲得した。
勝利はしたが、けっこうヒタヒヤした・・・と言うのが正直な感想だ。
どのチームも大分には、最前線からしっかりと圧力を、前半・後半ともかけてくる。ボールが奪えれば、そこは大分陣内、ゴールまで近く、しかもボールつなぎのポジションにいるので、相手から離れており、広いスペースがある。。
従って、得点になる確率が高い状況が生まれる。

見ていて感じるのが、大分の走りの質、量が落ちているように見える。
なぜ、自軍でボールを回しながら、追い詰められるのか?
ボールをパスした選手の後を追って見ると、動いていないのがわかる。昔から言っている「Pass and GO!」ができて、いないように見える。
相手は、大分をサイドに追いやり、パスコースをカットしながら、選択肢の少ないサイドで追い詰める。
大分の選手はサイドから中央に戻し、またポジションを下げる。もっと、前に出て相手を引きずって欲しい。そこから生まれたスペースに、また次の選手が入ってくるという、連動性が欠けているために、追い詰められるシーンが多いのである。

大分は引いているから、カウンター気味になって攻めても、大分の前線の選手が少なく、孤立しているシーンを見かけた。
多分、山形戦の3失点が効いているのだろう。上りのシーン、要するに、味方選手を追い越していくシーンが少なくなっている。

サッカーの「攻め」と「守り」は表裏一体、攻めれば守りが薄くなり、守れば攻めが薄くなる。
そこをリスクマネージメントしながら、攻めきるチーム、下がって守りながら、相手の隙と見るや、一気に襲うチーム、そこがサッカーの面白さの一部分でもある。
欧州の一流クラブを観ていると、そこのメリハリが実にいいし、魅せている。
次節から、湘南や松本、名古屋などの実力派のチームと対戦を控えている。是非、元気の良い試合内容を見せて、地元サポータを喜ばして欲しいものである。
そうすれば、必ずまた観客が戻ってくる。

サッカーの試合は、サッカーを魅了させて、観客を増やすのである。勝利のみでは限界があるのである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大分トリニータ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

J2第8節 大分 対 金沢

コメント、ありがとうございます。昨日は、J1のFC東京対浦和戦をジックリとTV観戦しました。
大分と同じように浦和もGKを含めたDFラインが下がってボールをキープするシーンが何度もあります。
そこで感じた大分との違い。
1、パススピードが2~3倍ぐらい違う。
2、パスを出した選手が、すぐに走り、次のポジションへ移動している。
3、パスを回す選手間の距離が15~20mと長い。
4、DFラインでボールを回しながら、次の狙いは大きなサイドチェンジ、そして縦へ、シュートのような弾丸縦パスですね。
TVで見ていて、あそこまで速さを感じますから、実際に観戦すると、そのスピード感は何倍にも感じると思います。ミスも少なく、見ていてやはり面白い。大分OBも西川、東、森重といましたので、興味深々での観戦でした(笑)。

金沢戦へのコメント

次の日の朝、かぼすシュートさんは、どんな論評をするのか楽しみにしています。さて、金沢戦、前回の愛媛戦からの反省からなのでしょうか「ボールを前に運ぶ勇気」を感じることができました。エンジンのかかりがいつも遅い前半も、結構チャンスがありました。でも「走りの質、量が落ちているとのこと」。ここまでは観てとれませんでした。「凍えながら試合をしていた」山形戦、短期間での長距離移動が影響したのでしょうか?次節からの湘南、京都、松本山雅の三戦、強敵故にきっといい試合をしてくれることを信じています。三戦で、勝ち点4は取って欲しいです。昨日の駐車場までの歩きは軽かったです。

こんな記事も読みたい

F•マリノス戦【全力サンフレ(仮)】

20と48【サッカー馬鹿蔵の戯言】

第22節&第23節 作戦勝ち&貫録勝ち VSアラブ首長国連邦 VSタイ【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

J2 第7節を終了してサッカー力を見渡し、そしてラグビーW杯を観る【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

贅沢な望み?【サッカー馬鹿蔵の戯言】

J2第6節 大分 対 愛媛【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

チーム力を観れる力【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

J2第4節 大分 対 徳島【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ブロガープロフィール

profile-iconkabosu

「水と緑と青い空」、大分の自然を愛し、大分トリニータを愛し、サッカーを愛してやまない「お爺さん」です。

一方ではサッカーの歴史にも興味を示し、スポーツ社会学やスポーツ産業学にも好奇心旺盛な一面があり、地方をスポーツで笑顔にしたいと思っております。スポーツ社会学研究会(サロン2002)の会員でもあります。

2014年3月末で定年退職、30数年間勤務した民間企業・17年間勤務した教職、合計47年間の仕事生活に別れを告げました。

今は毎日自由な空間に浸り、何とも言えない空気の匂いを嗅ぎ、土いじりをしたり、快速自転車に乗って近隣の街を訪れています。

でも、サッカーとは離れられずに,大分トリニータボランティアと高専サッカー部の指導(外部コーチ)は継続しています。

時折、地方でサッカーTV・ラジオ解説、そしてFMラジオに出てfootballを語っています。

  • 昨日のページビュー:256
  • 累計のページビュー:5776853

(12月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大分トリニータ J3降格の原因を考える(その2)
  2. アジアカップ 予選リーグに見るアジアの勢力図
  3. 大分トリニータJ3降格の原因を考える(その1)
  4. J2 大激戦 昇格・降格 予想
  5. 大分トリニータ J3降格の原因を考える(その3)
  6. 監督を交代する理由
  7. 大分トリニータ J3降格の原因を考える(その4)
  8. 大分トリニータ J3降格の原因を考える(最終回)
  9. 連敗が続く大分・・・何が起きているのか?
  10. 残念なクラブの対応

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss