いとう(バオー)の競馬大好き!

スプリンターズS~春秋制覇か否か~

このエントリーをはてなブックマークに追加

超久しぶりです。

合唱のほうも全国大会を残すのみになり、こちらもだいぶ落ち着いてきました。 馬券のほうはもちろん毎週参戦して、コテンパンにやられておりますがw

という今週は、スプリンターズSと凱旋門賞ですね。

国内のほうを重点に、凱旋門賞はさらっといきます。

中山(日)11R スプリンターズステークス 「ヒモ穴注」 ◎ 1 ビッグアーサー   春秋制覇期待 ○12 レッツゴードンキ  1200板につき ▲16 ネロ        末脚生かして △ 5 シュウジ      坂はどうかも △15 ミッキーアイル   逃げてこそで

 春の高松宮記念で重賞初制覇を飾り、そこから充電、前走セントウルSはまさかの逃げになったが、自らハイペースを作ると後続馬の脚をなし崩しに使わせ振り切った。このスプリンターズS、実は実力のある逃げ馬が滅法強い。しかしG1の1番人気である。G1現象が入り、安全策をとることが基本だろう、となると、逃げには行かないだろう。おそらく番手になるだろうけど、かからなければ…。高速決着は歓迎。  最近のスプリンターズS、不思議と差し馬が絡むことも多くなってきた。1200の競馬が板についてきたレッツゴードンキを穴で指名。桜花賞勝利以降は連対すらないが、ここ2戦で3着を続けた。雨で力がいる馬場になっても大丈夫。  3戦連続2着のネロだが、前走セントウルSは最後末脚をのばして2着。また、中山でも2勝していて、中山なら大丈夫。このスプリンターズS、不思議と7枠~8枠の勝率が高い。一発があるとしたらこのあたりか。  1200で能力開花のシュウジだが、坂のあるコースがどうか。試金石となろう。  問題は休み明けのミッキーアイルの取り扱い。外枠で2~3番人気。脚をためてもスパッとは切れないだけに、ビッグアーサーに勝つなら逃げの一手、差されたら仕方ないだろう。

(買い目) 馬連:1-12、1-16 馬単:15→1 3連単:15→1→(12、16、5、7)

さて、2日の深夜に行われる凱旋門賞。 ブックメーカーではホストボンドが1番人気、マカヒキが2番人気のようですね。 おそらく日本では、マカヒキが1番人気でしょうか…。

売り上げも気になるところですね。

その凱旋門賞、5歳以上の馬があまりさえず、 過去10年ではおらず、21世紀に入ってからはマリエンバードのみ。

しかも。ずっと遡ってもなかなか5歳の優勝は出てこず、 ようやく出てきたのは1988年のトニービン。

3歳が優勢、牝馬も優勢。勝つのは3歳か4歳。

では、なぜこんな記録になってしまうのでしょう。

まず、日本と欧州・北米では、賞金や実績馬に対する考え方が違うといったところでしょう。 もちろん、どちらの国も引退後の種馬、繁殖馬のことまで考えてますが…

日本では、賞金がクソ高く、稼げるときに稼ぎ、5歳で引退、がセオリー。 故障したら…引退か、治療技術が高いので復帰という手もあります。

ところが、欧米では、凱旋門賞やダービー、BC、香港国際以外のレースは賞金が安く、 特に欧州では、G2やG3となると、日本の未勝利戦程度の賞金しかなかったり、 G1でも日本のオープン以下だったり…あってもG3レベルだったり、と…。

まだ北米は高いですが、それでも日本より低い。

実績を積み重ねるような馬は、素晴らしい馬。それは日本と変わりませんが、 違いは、故障したり、実績を十分重ねたら、さっさと引退して種馬へ。

3歳でも実績を十分重ねたらさっさと引退したり、4歳のシーズン途中で電撃引退とか…。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第210回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~シリウスステークス G3【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

さあ10月! シリウスSの【ペケマル指数】と人気をチェックしてみました!!【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

馬券下手…&10月1日競馬予想【メイン以外の競馬予想タイム】

ブロガープロフィール

profile-iconk_i_keiba

  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:1771394

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ヴィクトリアマイル 全頭分析
  2. 宝塚記念 全頭分析
  3. 皐月賞、全馬の見解
  4. 天皇賞秋~差し有利とみる~
  5. 天皇賞春 全頭分析
  6. 日本ダービー 全頭分析
  7. 日本ダービー 予想~超絶ハイレベル決戦~
  8. 安田記念 全頭分析
  9. NHKマイルカップ ほぼ全頭分析
  10. 日本ダービー~大混戦に終止符か~ ☆最初に来週以降の降級も

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
10
09
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss